第100回関東インカレ(2021) 1部3000m障害 ~早稲田の菖蒲が1500m2位に続き優勝の大量得点~

関東インカレの振り返り、最後は3、4日目に行われた1部の3000m障害について振り返っていきます。公式結果はこのようになっております。入賞した8人は以下の通り、入賞した選手を中心に振り返ります。1部は5人×2組+2人がタイムで通過の決勝は12人で行われます。特に表彰台に上がった3人はそれぞれに見せ場を作ってくれたかなあ。

順位氏名所属記録
1位菖蒲 敦司 (2)早大8:45.95
2位服部 壮馬 (1)順大8:48.85
3位安達 京摩 (2)国士大8:51.26
4位中園慎太朗 (3)法大8:51.80
5位中込  空 (2)山梨学大8:52.13
6位杉本 将太 (3)東海大8:52.51
7位諸冨  湧 (1)早大8:53.91
8位北村  光 (2)早大8:56.02
1組

日体大の九嶋が8分52秒で組トップ、5千や1万の持ちタイムを着実に伸ばしている選手ですが、それでもトップ通過を果たすとは…さらに同じく日体大で期待のルーキー分須が8分53秒で3位とルーキーも見事な走り、高校時代から3000m障害の実績は世代トップクラスの選手ですが、揃って3位以内での通過は素晴らしいです。


早稲田勢は1500mで2位に入った菖蒲が8分53秒の自己ベストで2位通過とこれまた安定の走り、ラストの切れ味にますます磨きがかかっていますね。優勝候補の1人と思っていた諸冨はラストで失速してしまい、8分54秒の6位で順位での通過は果たせませんでした。結果的には、タイムで拾われることになりましたが、ちょっとらしくない走りだったかなあ。


東海の杉本が8分53秒で4位通過を果たすことに。この種目は東海は厳しいかなあと思っていましたが、しっかりと自己ベストで決勝進出を果たしたのはさすがでした。5位通過を果たしたのが順大の服部、3000m障害でも都大路でも結果を残している期待のルーキーが、しっかりと順位での通過を果たすこととなりました。

2組

トップ通過を果たしたのは法政の中園、箱根にも2度出場している選手ではありますが、そこまで3000m障害に強い印象は無かったので、この走りはびっくり。8分58秒とタイムはそれほどではないですが、組トップというのが良いですよね。2位に城西の山本嵐が8分58秒で続きました。高校時代に3000m障害や駅伝で活躍し、1年の出雲に出場して以降はずっと目立った走りは出来ませんでしたが、4年になってまた良い走りを見せているのは嬉しいです。


山梨学院の中込が8分59秒で3位通過、この通過もちょっと意外でした。8分台の自己ベストを出しての決勝進出はお見事でした。4位に8分59秒で国士舘の安達、直近の記録会で好タイムをマークして期待が高まっている選手ですが、早速結果を残してくるのもさすがです。5位に早稲田の北村が8分59秒で入り、これで早稲田は3人とも決勝進出を果たすこととなりました。全員が結果を残してくるのがさすがです。


6位に入った筑波の松村が8分59秒でここまでが通過となりました。筑波も1500m,3000m障害としっかりと決勝進出者を出してくるのはさすがです。松村も3000m障害以外でも結果を残していくことが期待されます。

決勝

順大の服部が一人抜け出す積極的な走りを見せる中、ラストで抜け出して優勝を果たしたのが早稲田の菖蒲、1500mでも2位に入り、3000m障害で優勝と大量15点を稼いだこともすごいですが、4日連続で出場して、全てで結果を残し続けるタフさも素晴らしい。8分45秒の自己ベストをここまでマークする勝負強さもありますし、3大駅伝でも活躍してくれそうな期待感があります。


服部もラストで抜かれたものの、あの積極的な走りで2位に入るのは末恐ろしい1年生ですね。8分48秒と自己ベストをマークしての2位でした。即戦力ルーキーとして期待される選手は複数いる順大ですが、服部が最も近いかもしれません。


3位に国士舘の安達が入ってきたのも素晴らしいですね。持ちタイムを伸ばしていると言っても、勝負レースでの実績はまだなかったわけで…それが関東インカレでいきなりの表彰台ですから。3000m障害以外でも存在感を示して欲しいところ。


4位に法政の中園が8分51秒で入ってきたのにもびっくりしました。予選も素晴らしかったですが、決勝でも自己ベストを更新して上位入賞を果たすとは…3000m障害で結果を残すことが多い法政もさすがに今年度は厳しいかなと思ったのですが、中園がしっかりと伝統を守ってくれました。今後に繋げていってくれれば。


5位に山梨学院の中込が8分52秒で入ってきました。予選でも自己ベストを更新し、決勝でもさらにベストを更新して得点をもたらしました。1部残留争いを見据えても、こうやって留学生以外が長距離でポイントを得るのは大事ですからね。


6位に東海の杉本が8分52秒の自己ベストでこちらも入賞を果たすことに。3大駅伝・予選会に出場していない選手も安達、中込、そしてこの杉本と入ってきましたね。3000m障害で結果を残した選手が駅伝で結果を残すようになることも多いですし、楽しみです。


7位に早稲田の諸冨、8位に同じく早稲田の北村ということでトリプル入賞を果たしました。ともに日本インカレで表彰台に上がっている実績を考えると、下位入賞だったのはちょっと物足りないかなあ。揃って入賞を果たすのも、十分素晴らしいんですけどね。

This content cannot be displayed in widgets.