第100回関東インカレ(2021) エントリー感想(東洋,日大,日体)

本日は、関東インカレ1部校である東洋大学、日本大学、日本体育大学の3校について、エントリーの感想を見ていきます。東洋大学は最近あまり姿を見せていなかった選手が複数起用されており、新戦力の台頭と同様に復活も楽しみ。日大も持ちタイムの良いエースたちの走りに期待です。日体大はエースの藤本が抜け出る状況になっているため、藤本以外の選手の活躍も待たれるところ。

 

東洋大学

1500m

全日本に出場した腰塚にルーキーの甲木、増田の3人がエントリー。腰塚は全日本に出場して以降はあまり姿を見せていなかったですが…先月は1500mで3分50秒をマークしていますし、まずは関東インカレで元気な姿を見せてくれれば。最注目は甲木、高校ベストが3分44秒というのは非常にハイレベル、大学に入ってからのタイムは3分51秒でしたが、どれだけ関東インカレに合わせられるか。増田も大学に入ってから3分50秒を早速マークしており、楽しみです。

5000m

新エースとして期待される松山がエントリー、箱根の爆走の後は記録会にも出場していないかと思いますが、その走力はやはり抜けていますし、5千も13分48秒を持っています。入賞争いに絡んできて欲しい選手です。着時にタイムを伸ばしているのは及川、1年の箱根では非常に苦しみましたが、13分58秒のベストを先月マークしています。まだ勝負レースでの実績はあまりないですが、ここで結果を残すようならば一気に楽しみになりそう。


もう1人は全日本、箱根で1区を担った児玉がエントリー、ロードやスターターの印象が強いですが5千でも13分55秒のベストを持っていますし、トラックの走りにも期待したいところ。高校記録保持者の石田は結局関東インカレにエントリーされずですね。なかなか大学デビューを飾れていないのがもどかしいなあ…

10000m

4年の宮下、3年の柏、2年の九嶋というエントリーになりました。宮下はハーフかなと思っていましたが、1万mでしたね。箱根の故障から万全の状態まで回復しているならば面白いのですが。柏は1万で29分44秒のベストを先月マークしていますし、九嶋も29分5秒のベストは持っているものの、箱根6区で苦戦し、その後も目立った走りは見せられていない気が…ちょっと5千に比べると不安なエントリーかな。それだけ、好調ということならば良いのですが…

ハーフ

4年の蝦夷森、3年の前田、2年の佐藤という3人がエントリー。蝦夷森は2年前の関東インカレハーフで4位入賞、箱根も走っていますが3年時は姿を見せずですからね…また、関東インカレの好走→3大駅伝好走に繋げてくれると良いなあ。復活したのであればチームにとっても大きいです。


前田は2年連続箱根で1桁順位で走るなど長い距離でも安定した結果を残していますし、関東インカレハーフでも入賞を期待出来る選手です。佐藤は全日本3区を任されて以降は記録会にも出ていない気が…本来であれば松山とともに2年生を牽引してほしい選手ですし、まだ長い距離は未知数ではありますが、ここで好走できればチームにとっても大きいですね。蝦夷森や佐藤の復活は東洋の選手層をグッと厚くしてくれそう。

3000m障害

今回はエントリー無しでした。東洋も大学から3000m障害を始めるというイメージは無いですし、高校時代に走っている選手がいないと、なかなか出場することは難しい種目です。

日本大学

1500m

4年の山本が唯一のエントリーとなりました。3大駅伝は3度エントリーを果たしながらまだ出場は無し、1500mも今年は3分54秒で走ったくらいで厳しいレースになるとは思いますが、今後につながる走りを見せてくれれば。

5000m

日本人エースとして期待される樋口、松岡に橋口の3人がエントリー。樋口は5千で13分57秒のベストに勝負レースでの実績も豊富ですし、今後を見据えても他大のエースに負けない走りを期待。そして松岡ですね。持ちタイムは樋口を上回る13分56秒ですが、まだ勝負レースでの実績はなく…持ちタイムは申し分ないだけに、松岡が大舞台でも結果を残せるようだと、頼もしすぎる戦力となります。


橋口も5千で14分6秒まで伸ばしていますし、2年時には箱根も経験していますからね。3年時は箱根予選、全日本ともにエントリーはありませんでしたが、4年時はまたチームの戦力となってくれれば。

10000m

樋口、松岡の2人は5千とともにダブルエントリーですね。それだけ、今のチームの中心選手であることが分かります。樋口は28分9秒、松岡は28分21秒と5千よりもさらにハイレベルな持ちタイムで他大のエースにも負けていませんし、1万mの方が期待は出来そうかなあ。ドゥングとともにトリプルエースと呼べるような活躍を見せて欲しいです。


もう1人は若山がエントリー、樋口・松岡とともに1年の箱根に出場した3年生ですね。箱根予選や全日本にも出場していますが、まだ結果を残すには至らず…若山も主力となってほしい選手の1人です。

ハーフ

ドゥングはハーフに起用されました。箱根予選は不本意な走りでしたが、その後は全日本も含めてしっかりと結果を残していますし、最低でも3位以内には入って欲しいところかなあ。他の留学生もいますし、容易ではないでしょうが…さらに、疋田は前年度の箱根予選を走っている選手、全日本・箱根にもエントリー経験がありますし、長い距離の方が強い印象です。


1番びっくりしたのは武田がエントリーされたことですね。どのような経緯で部に残ったのかはちょっと分かりませんが、また3大駅伝出場を狙うのかな?そうであれば、その経験はチームにとって大きな武器となりそう。

3000m障害

大倉が唯一のエントリーとなりました。2年時に箱根予選も走っている選手です。先月の3000m障害では9分33秒と苦しい走りでしたが、どれだけ合わせてこれるでしょうか。

日本体育大学

1500m

長距離は全種目フルエントリーとなった日体大、佐藤、水金、廣澤がエントリーされています。佐藤は5千でも14分1桁を複数回マークしており、1500mでも今年に入ってから3分49秒で走っていますね水金も1万で29分49秒を今月マークするなど着実にタイムは伸ばしていますが、今年に入ってからの1500mは3分53秒でこれがベストかな?タイム的には厳しそうですが果たして?


廣澤は中距離ブロックの選手ですが、5000mでもチームトップ10に入るようなタイムをマークしています。本職の1500mでも結果を残して欲しいところですが、今年の1500mは3分56秒とまだ奮わずかなあ。

5000m

13分36秒を持つエースの藤本が順当にエントリー、エースとして入賞争いに加わるような走りを見せてほしいですね。さらに、佐藤が1500mとの2種目エントリーとなりました。前年度は箱根予選、全日本、箱根と全てにエントリーされながらも出場には至りませんでしたが、関東インカレでは少しでの上の順位を狙いたいところ。


もう1人は2年の漆畑、今年に入って5千で14分10秒のベスト、持ちタイムとしては正直厳しいでしょうが、2年生世代は1年時に3大駅伝・予選会はいずれも出場出来なかっただけに、漆畑にはトラックシーズンから活躍を見せて欲しいです。

10000m

1万で28分8秒を持つ藤本が5千とのダブルエントリー、もはやチームの絶対的なエースですし、2種目エントリーも当然ですよね。他大のエースとも渡り合える選手だと思いますし、両種目で入賞を争うような走りを見せてくれれば。残る2人は大畑と村越の2人、大畑は28分54秒を先月マークして今勢いのある選手ですし、4年目での飛躍に期待。村越も箱根5区を走っている主力の1人ですし、トラックでも良い走りを見せてくれれば。

ハーフ

4年の岡嶋、加藤に3年の盛本がエントリー。岡嶋は前回の箱根予選にも出場していますし、3大駅伝にも3度エントリーされています。加藤と盛本はともに復活を期す選手かな。加藤は2年時に全日本予選、全日本に出場しながら3年時はいずれもエントリー無し、盛本は1年時に箱根予選で好走しながら2年時はチーム最下位、ともに苦しんだ前年度から復活の走りを見せてくれれば。

3000m障害

3年の九嶋にルーキーの分須、富永がエントリー。九嶋は8分58秒を先月マークしており、1500mや1万のスピードもあります。1万は29分15秒を同じく先月出していますからね。分須は8分51秒とルーキーの中では最もタイムがよく、勝負レースでも結果を残しています。入賞以上の成績を狙ってほしいところ。富永は先月9分5秒をマークしているものの、タイム的にはまだまだ厳しそうかなあ。高校ベストも14分50秒台ですし。

This content cannot be displayed in widgets.