第100回関東インカレ(2021) エントリー感想(創価、拓殖、大東、中学)

本日は、関東インカレ2部校である創価大学、拓殖大学、大東文化大学、中央学院大学の4校について、エントリーの感想を見ていきます。箱根で躍進を遂げた創価はトラックでも強さを見せられるでしょうか。拓殖はロードや長い距離に強い選手が多いですが、最近は記録会にも積極的に出場してきていますね。大東大、中央学院は箱根復帰に向けての大事な経験の場となりそう。

 

創価大学

1500m

2年の望月、1年の関口、濱口という下級生3人のエントリーとなりました。望月は800mにも出場する中距離の選手、1500mで3分47秒をマークしていますし、期待できそう。関口は5千で14分34秒とこの学年では上位のタイムとなっていますし、濱口は1500mで3分53秒をマークしています。まずは経験を積む感じかなあ。

5000m

箱根4区で快走した嶋津、5区で快走した三上の2人がまずは順当にエントリー。嶋津はロードの強さも抜群ですが、1万も28分34秒まで伸ばしていますし、勝負レースで結果を残しているのが心強いです。三上も山登りだけではなく、5千も14分1秒のベストを持っていますからね。ともに14分1桁のベストですが、タイム以上の強さがあるのが心強い。


もう1人は吉田がエントリーされましたね。飛躍が期待される2年生ですが、5千で14分8秒、1万で29分17秒を持つ吉田はやはり楽しみです。再び創価旋風を巻き起こすには2年生の活躍が欠かせないしょうし。

10000m

嶋津、三上の二人は1万mもダブルエントリーとなりましたね。まさに、チームの中心選手です。主力の1人である葛西がエントリーされていないのも影響しているでしょうが、ロードに強い二人がトラックでも他大のエースと渡り合えるのかも楽しみです。


もう1人はムルワがエントリーとなりました。27分50秒のベスト、日本インカレでも好走していますし、表彰台に上って欲しい選手です。最も得点が期待されるのはやはりこの種目ですね。

ハーフ

箱根8区を走った永井、新潟ハーフで好走した緒方、5千、1万で着実にタイムを伸ばしている石井の3人が起用されました。永井はすでに勝負レースでも結果を残しているのが頼もしいですし、緒方は3大駅伝未経験者では最も期待される選手です。もう、復路ならば安心して任せそうな期待感があります。石井も5千で14分12秒、1万で29分40秒のベストを持ちますが、ハーフでどんな走りを見せるかにも注目です。

3000m障害

3年の新家、2年の森下、山下の3人がフルエントリーとなりました。新家は日本インカレでも入賞を果たしている実力者で今回も入賞を期待したいところ。今年も早速8分台のベストをマークしている新家に対して、まだ森下と山下はトラックでも3000m障害でもあまりタイムは持っていませんし、決勝進出となると厳しそうかなあ。

拓殖大学

1500m

吉村とルーキーの入沢の2人がエントリー。吉村は箱根でも7区を走っている一方、5千も14分9秒、1万も29分11秒のスピードがありますし楽しみな選手ですね。1500mも3分49秒で走っていますし。入沢は5千のベストは14分48秒、今年の1500mも3分55秒ということでタイム的にはちょっと厳しそうかな。

5000m

吉村は1500mとのダブルエントリー、日本人選手の中ではトップクラスの持ちタイムですし、しっかりと結果を残したいところ。竹蓋は14分3秒と日本人トップタイムとなっています。勝負レースでは苦戦することも多かったですが、ここにきて一気にタイムを伸ばしているのは心強く、主力となってくれれば。


もう1人は順当にエースのラジニがメンバー入りを果たしました。2年前は8位入賞でしたが、さらに走力はアップしていますし、さらに上位入賞を見せてくれれば。

10000m

ラジニが5千とのダブルエントリーとなりました。距離が長くなるほどに強くなる印象がありますし、27分51秒のベストを持っています。こちらも上位入賞を狙って欲しいところ。残る2人は合田、新井とフルエントリーとなりました。合田は28分台のベストに箱根1区でも粘り強い走りを見せてくれた実績があります。新井も29分3秒とチームトップクラスのタイムに箱根では3区を任されていますからね。日本人エースたちの走りにも注目です。

ハーフ

山崎、山下という4年生コンビに3年の山田の3人がエントリー、「山」トリオとなっています。山崎は箱根予選を走っていますし、山下は1万で29分台のベスト、山田は29分35秒までタイムを伸ばしています。拓殖らしい叩き上げの上級生が揃ってエントリーされたハーフ、条件を厳しくなることが多いこの種目で結果を残してくれれば。

3000m障害

3年の江口、佐々木に2年の吉田とフルエントリーしてきました。積極的に3000m障害にも挑戦していましたからね。江口は箱根で8区を走り、佐々木は6区を任された選手たち。ともに主力となって欲しい選手たちですし、3000m障害で少しでも上を目指してほしいです。特に佐々木は直近でも9分2秒とまずまずのタイムをマークしていますし。吉田はまだタイムは9分10秒台ということで実績を見てもタイムを見ても厳しいかなあ。

大東文化大学

1500m

4年の藤崎、3年の倉田、1年の小田の3人がエントリーされました。藤崎は箱根予選もチーム4番手で走り、1万でも29分47秒を先月マークしている主力となって欲しい選手の1人、倉田は13分台、28分台のベストを持ち、日本人エースとなることを期待されていますからね。主力どころが揃って1500mというのも珍しいですが、出場する以上は結果も求められるところ。小田も早速大学で3分53秒のベストを出しており、楽しみです。

5000m

倉田が1500mとのダブルエントリーを果たしました。日本人選手唯一の13分台ランナーですし、勝負レースでもそろそろ結果を残していって欲しいところ。もう1人は14分11秒を持つ大野がエントリーされました。箱根予選も走っていますし、1万でも29分11秒とチーム上位のタイムを持っています。1万で持ちタイムの良い選手が主力として走ってくれないと、チームとしても厳しいですよね。留学生のムワンギはどの種目にもエントリー無しでした。

10000m

3年の金田、2年の菊地、久保田とフルエントリー、金田は箱根予選でもチーム5番手で走っていますし、菊地は関東連合にも選ばれ、1万も29分15秒までタイムを縮めています。久保田は28分43秒と日本人トップのタイムを先月マークしていますし、それぞれに楽しみな3人が起用されました。箱根予選を見据えても、主力が1万で戦えるかは大事になってきますし、菊地、久保田と主力として期待される2年生コンビの走りが特に楽しみです。

ハーフ

3年の井田、蟹江、木山がエントリー、井田は1年時に箱根予選に出場、蟹江は2年連続で箱根予選を経験している選手です。ただ、いずれも好走と呼べるような結果は残せていないだけに、まずは関東インカレから実績を積み重ねていってくれれば。木山は箱根予選の経験はエントリーもありませんが、5千で14分13秒、1万で29分32秒と面白いように自己ベストを更新しています。長い距離はまだ未知数ですが、密かに期待している選手です。

3000m障害

3年の谷口、2年の佐竹、1年の西川とこちらもフルエントリーですね。特に谷口は1万で29分34秒のベストに3000m障害でも8分50秒の好タイムをマーク、これは入賞争いやさらに上位争いも期待されるほどです。佐竹も先月8分58秒のベストをマークしており、菊地や久保田ら主力の2年生にやや離されていましたが、喰らいついていって欲しいところ。西川は大学に入ってからのタイムは9分16秒ということでまだちょっと難しそうかなあ。

中央学院大学

1500m

4年の松井にルーキーの工藤、前川とフルエントリー。松井は3分48秒のベストをマークしており、5000mも14分4秒のスピード、この種目でも期待したい選手の1人です。工藤も大学に入って早速3分51秒のベスト、前川も3分54秒ではまとめています。堀田晟、吉田礼に注目が集まる中央学院のルーキーですが、二人もまずは関東インカレから存在感を見せていってくれれば。

5000m

3年の川田に1年の吉田礼、堀田晟がエントリー、1500mに続いて5000mもルーキーが2人ですね。14分1秒のベストを持つ堀田晟に14分5秒を持つ吉田礼の二人ですが、すでに1万では28分台のベストをマークしている実力者たち。特に吉田礼の28分台はコンディションが悪かった中でのタイムなので、個人的にはかなり期待しています。


揃って1万mへのエントリーもあるかと思っていましたが、5000mのみの出場となれば、しっかりと合わせて大舞台でも強いところを見せてくれれば。川田も14分0秒のベストを持っている選手、箱根予選は8番手とやや苦しい走りとなりましたが、ルーキーコンビニ負けない走りを期待したいです。

10000m

28分3秒を叩き出した栗原に28分40秒をマークした武川、28分54秒の伊藤と先月28分台を叩き出した3人が順当にエントリーを果たしました。栗原はチームのエースとなってほしい選手ですし、箱根での実績や持ちタイムを見ても上位争いに食い込んでくれれば。


武川は持ちタイムを着実に伸ばしているものの、1年の箱根6区以外はまだ勝負レースで目立った走りが出来ていませんからね…エース格の1人であるような走りを期待。伊藤は苦戦が続く2年生では抜け出た存在となってきましたが、箱根予選も全日本も結果を残せたとは言えないですし、やはり持ちタイム以上に勝負レースでの結果が求められますよね。

ハーフ

ハーフは誰もエントリーされずでした。ハーフはエントリー条件が緩いですし、箱根予選を見据えてもハーフを経験しておくのは良いと思うのですが…チーム内の事情も当然あるでしょうが、ちょっと残念です。

3000m障害

4年の吉田、3年の上野、1年の西垣内の3人がエントリーされました。吉田は1年時に優勝、2年時は2位とこの種目での実績は抜群、先月も8分56秒でしっかりと走れていますし、3度目の表彰台を狙って欲しい選手です。上野も先月8分58秒の自己ベストをマークしており、短い距離のスピードもあるだけに楽しみです。西垣内はまだ9分11秒のベストということで、まずは経験を積むところからかなあ。

出雲駅伝の区間配置予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします