第100回関東インカレ(2021) エントリー感想(駒澤、上武、専修)

本日は、関東インカレ2部校である駒澤大学、上武大学、専修大学の3校について、エントリーの感想を見ていきます。

 

駒澤大学

1500m

前回の関東インカレで優勝を果たした蓮沼、前回は時期も規模も違いましたし、最後の関東インカレ、実力者が揃う中でも入賞を期待したい選手です。残る2人は篠原と庭瀬とルーキーコンビがエントリー。特に篠原は5千でベスト連発、高校時代の実績豊富な1500mでも3分46秒をマークしています。最も勢いのあるルーキーですし、まずは短い距離から結果を残して欲しいところ。


庭瀬は1度5000mでベストをマークした後はちょっと奮わない走りが続いていますが、せっかくの関東インカレ出場ですし、少しでも上位を目指してくれれば。

5000m

日本選手権1万mで3位だった鈴木芽吹は5000mにエントリー。連戦続きなので回避もありかなあと思っていましたが、出場する以上は日本人トップを狙って欲しい選手です。さらに、エースの1人として期待される唐澤もエントリー、13分40秒のベストをマークしていますし、勝負レースでの走りが楽しみです。ここで結果を残せば、まさに3本柱の誕生です。


もう1人は安原が抜擢されましたね。確かに安定した走りを見せており、5千も13分台をま―うした選手、個人的には2年生で最も期待している選手の1人ですし、少しでも他大のエースに喰らいついてほしいところ。青学は1年生トリオを起用しましたが、駒澤は2年生トリオを起用してきました。1年最強の青学と2年最強の駒澤は今後も長くライバルとなりそうで、楽しみです。

10000m

唐澤が5千と1万でダブルエントリーとなりました。田澤は故障明けで日本選手権を走ったことで無理せず回避かな?その一方で両方に起用される唐澤への期待度の高さですよね。1万でも28分2秒を叩き出していますし、他大のエースに負けない走りを見せてくれれば。残る2人は石川、赤津だったのは少し意外だったかなあ。


もちろん、石川は1万で28分45秒のベストに箱根10区区間賞の実力者、赤津も1万で28分30秒のベストを持っていますが、直近の記録会ではともにギリギリ28分台でしたからね。起用されるとしてもハーフかと思っていましたが、それでも1万に起用されるということはそれだけトラックで期待されているということでしょう。石川はトラックでも結果を期待したいですし、赤津もまた期待の2年生の1人、5000mの安原、1万の赤津の2人は新戦力として楽しみです。

ハーフ

2年前の関東インカレでもハーフに出場し、箱根8区4位で走っている佃、さらに1万で28分29秒の花尾、28分32秒の山野の3人がエントリーされました。箱根では花尾が7区4位、山野が9区6位ですし、7~9区と復路を担った3人がそのままハーフにもエントリーは頼もしいですね。5種目の中で最も得点が期待されるのはこのハーフかもしれません。


1万で先月好タイムをマークした花尾や山野は1万かと思っていましたが、ハーフで出場となれば佃も含めてダブル入賞以上も期待したいかなあ。箱根で結果を残しているのは大きいですし、楽しみです。

3000m障害

高校時代に3000m障害で結果を残しているルーキーの高橋がまずは楽しみです。直近の出場では失格となってしまいましたが、入賞も狙って欲しいところ。もう1人の大西は3000m障害では関東インカレでも結果を残していますし、最近の3000m障害はあまりタイムは出ていませんが、最後の関東インカレで再び好走を見せてくれれば。

上武大学

1500m

山林が唯一のエントリーとなりました。5千、1万で着実に持ちタイムを伸ばしており、1500mでも先月3分50秒をマークしています。タイムを伸ばしている勢いそのままに関東インカレでも好走を見せてくれれば。

5000m

渡辺が唯一のエントリー、5千で14分15秒、1万で29分16秒と持ちタイムは着実に伸ばしていますが、勝負レースでの実績はまだ乏しいですし、大量の留学生や駒澤・青学・國學院・明治ら有力校が揃う中ではさすがに厳しいかなあ。

10000m

1万で28分38秒を持つ村上、29分13秒を持つ額賀の2人がエントリーされました。極めて順当なエントリーと言えるのでは。村上は箱根を故障で回避して以来は姿を見せていないと思いますが、関東インカレで復活の走りを見せてくれれば良いですね。本来であればチームの絶対的エースとなる選手ですし。


額賀は今年になってからの走りはまさにエース級の走りを見せています。ダブルエースとなって欲しい選手ですし、今後を見据えてもエースたちがどれだけ戦えるかは楽しみかつ今後を占う上で大事になりそう。

ハーフ

湯本と青山の2人がエントリーされました。ともに前回の箱根予選に出場してはいますが200位オーバー、箱根予選に向けてはハーフでの走りというのが最も大事になってきますし、関東インカレに選ばれる期待に応える走り、見せてくれれば。

3000m障害

4年の正木、源川に3年の後閑と長距離5種目で唯一のフルエントリーが3000m障害というのも珍しいですね。後閑は先月3000m障害で9分0秒のベストをマークしており、3人の中では最も楽しみかなあ。源川は先月のタイムは9分15秒でしたが、箱根予選にもエントリーされている選手ですし、正木も先月9分10秒をマークしています。ベストを伸ばしている選手が勝負レースでどんな走りを見せてくれるか。

専修大学

1500m

ルーキーの千代島が唯一のエントリーとなりました。高校ベストは14分30秒、1万で30分14秒と持ちタイムはルーキーの中でも上位ですし、1年目から結果を残していきたいところ。

5000m

新留学生のキサイサが唯一のエントリーとなりました。大学に入ってからはまだ目立った走りは見せられていませんが、13分39秒のベストに都大路でも結果を残している実績は非常に強力、他大の留学生も強力ですがどれだけ割って入っていけるか。

10000m

成島が唯一のエントリーとなっています。今年に入って1万で29分32秒とチーム上位のタイムをマーク、箱根予選でも7区を走っています。ただ、27分台や28分台のベストを持つ選手がズラッと揃う中では厳しい戦いは否めないかなあ。

ハーフ

4年の横山、佐々木詩音に2年の山村と唯一のフルエントリーがハーフとなりました。ハーフはエントリー条件が緩いですし、箱根予選を見据えても経験しておくに越したことは無いですよね。横山は1万で29分32秒とチームトップですし、佐々木詩音も箱根予選を2度走っている経験がありますし、山村はちょっと意外なエントリーではありましたが、関東インカレに抜擢されるだけの走り、見せてくれれば。

3000m障害

ルーキーの長谷川が唯一のエントリーとなりました。5千のベストは14分31秒とこの学年では上位のタイム、1500mにエントリーされた千代島に負けないような走りを見せて欲しいですね。留学生のキサイサ以外にも個人的には楽しみな学年かなと期待しています。

This content cannot be displayed in widgets.