筑波大学 新年度(2021年度)戦力分析

新年度の戦力分析、最後は筑波大学について見ていきます。公式HPはありますが、まだ1年生は載っていませんね。筑波のHPは比較的充実しているのですが、選手情報の更新はちょっと遅いんですね。1年生の情報が14分台のベストを持つ選手がいないということ以外はほとんど無かったのですが、雑誌でようやく全貌が判明しました。データベース登録されている人数は4年:5人、3年:6人、2年:4人、1年:0人となっております。学年ごとの戦力は3年>4年>2年>1年という感じかなあ。上級生中心なのは間違いないですね。

4年生

エース格の1人は杉山、箱根予選には3年連続で出場し、320位→194位→66位と着実に順位を上げてきました。1万でも29分26秒とチーム2番手の持ちタイムを持っており、2年の箱根では7区20位で走っています。最上級生となった今年度は、前回の箱根予選を上回るようなさらに大きく貯金を作るような走りを見せてくれれば。


続くのが伊藤、箱根予選には2,3年時に出場して159位、212位という走り、2年の箱根では8区20位で走っています。ただ、箱根予選の成績は2年時はともかく3年時はちょっと物足りないですよね。1万でも29分台のベストを持ち、3人しかいない箱根経験者の1人ですし、最上級生となった今年度は主力の1人となってほしいところ。


もう1人箱根予選を走っているのが山本、2年時に184位とまずまずの走りを見せ、箱根でもメンバー入りを果たしています。3年の箱根予選はエントリーされなかったため、山本がしっかりと走ってくれればチームにとっても大きいですよね。杉山はだいぶ計算出来るようになっただけに、伊藤や山本が中間層としてしっかりと結果を残してくれれば。さらに、1万ベストは30分43秒ながら2年の箱根にエントリーされている河合もいます。最上級生となって活躍する選手が筑波は多いですし、期待したいところ。

3年生

チームのエースは岩佐、5千で14分0秒、1万で28分41秒、ハーフで62分57秒と持ちタイムは3部門全てでトップ、箱根予選では2年連続出場して121位→57位と続けて結果を残しています。1年の箱根では6区20位と苦しい走りでしたが、2年時の成長ぶりはピカイチでした。大活躍を見せた猿橋や西のようなエースになってくれれば。


続くのは福谷と小林の2人。福谷は1万で29分33秒のベストをマークし、前回の箱根予選では168位で走っています。持ちタイムを伸ばし、勝負レースでも結果を残せているのは心強いです。主力となってくれそうな期待があります。小林は1年の箱根予選で119位で走り、箱根にもエントリーを果たしています。小林は2年の箱根予選はエントリーされていませんが、4月には5千で14分18秒と自己ベストを更新していますし、山本や小林といった前回の箱根予選に出場していない選手の走りというのは非常に大事になってきます。


もう1人箱根予選を走っているのが五十嵐、結果は256位と苦しい走りになってしまいました。5千で14分42秒、1万で30分42秒とまだ持ちタイムは目立たないだけに、スピードも磨いていきたいところです。他にも1万で30分13秒を持つ國井もいますし、エース級だけではなく選手層も最も厚い学年となっています。

2年生

唯一箱根予選に出場したのが皆川、高校ベストは14分56秒ながら、1万で30分0秒のベストに箱根予選でも145位と上々の走りを見せています。1年目から勝負レースで結果を残しているのは大きいですし、主力の1人となっていってほしい選手ですね。1万mで30分18秒のベストを持つ平山、30分53秒を持つ金田も箱根予選でメンバー入りを果たしています。


いずれも出場には至りませんでしたが、皆川に続いてほしい2人です。5千のベストは平山は5千で14分47秒、1万で30分18秒のベストはいずれも高校時代のベストですし、金田の5千ベストである14分46秒はまだ更新できていませんからね。記録会にあまり出場していないというのもありますが、トラックシーズンから結果を残していってほしいところ。


5千のベストでは大塚が高校ベストで14分23秒と抜けたタイムを持っています。しかし、大学に入ってからはまだ記録会にさえ出ていないはず…どちらかといえば短い距離に強いという印象ですが、今のチーム状況を考えると、箱根予選に向けて戦力となっていってくれれば。5千では小林が14分48秒を大学でマークしていますし、2年生も徐々に上級生に割って入って戦力となっていってくれれば。

1年生

高校ベストで14分台を持つ選手はおらず、15分0秒を持つ宮代が持ちタイムではトップとなっています。15分1秒を持つ古川、15分3秒を持つ金子、15分10秒を持つ吉田と続きますね。確かに14分台のベストを持つ選手はいませんが、15分10秒までに4人となるとそれほど悪くはないのかなあと。国立大としては、推薦でのスカウトというのも難しいですから、即戦力選手が入ってくるのは難しいですよね。


それでも、新入生は14人も加わることとなりますし、3年生の主力である岩佐、福谷、小林、2年の皆川はいずれも高校ベストが14分50秒台の選手たちばかりです。1年目から戦力となってくれる選手が出てくるに越したことは無いですが、まずは徐々に自己ベストを更新し、先輩たちのように勝負レースでも結果を残せるようになってくれれば!

報知の箱根駅伝本も12月6日に発売されました。この時期は駅伝本の発売が多すぎて何を購入すればよいか悩ましいですよね。私は毎年確実に購入しているのは、陸マガの駅伝本だけかなあ・・・


箱根駅伝完全ガイド 2022年 01 月号 [雑誌]: 報知グラフ 増刊