順天堂大学 新年度(2021年度)戦力分析

続いては、順天堂大学について、新年度の戦力を見ていきます。公式HPはありますが、あまり更新されていない印象…1年生もまだ載っていませんからね。ただ、順大陸上部だけではなく、長距離としてのHPもあるのはありがたいです。データベース登録されている人数は4年:7人、3年:7人、2年:4人、1年:2人となっております。学年ごとの戦力は3年>2年>4年>1年という感じかなあ。3年生の充実ぶりが目立ちますが、各学年に楽しみな選手が揃います。

4年生

3大駅伝経験者は5人いますが、ずば抜けた選手というよりは総合力が高い学年という印象かなあ。吉岡は全日本でエース区間の7区10位、1万でも28分36秒を先月マークしており、箱根こそ走っていませんが安定感のある選手です。28分45秒のベストを持つ牧瀬も全日本では6区7位の走り、先月5千で14分4秒のベストを更新と結果を残しています。


箱根では5区13位だった津田、7区15位だった小島、9区11位だった鈴木と3人が経験しておりますが、いずれも二桁順位とやや苦しい走り。ただ、津田は5区ならばもっと走れる選手だと思いますし、前回の経験を活かしてさらに好走してくれれば。小島はこの学年唯一13分台、28分台のベストを持つ&3大駅伝全てに出場している選手なのですが、勝負レースでまだ結果を残せていないのがもどかしいところ。


鈴木はどちらというと長い距離に強い選手という印象ですが、1万で28分46秒のスピードもありますからね。当然のように28分台の選手を復路に残せる順大の選手層ですよね。この学年だけで28分台が4人いますし。さらに、29分13秒を持つ近藤は箱根予選で32位と好走、全日本・箱根でもエントリーを果たしています。4年目にしての3大駅伝初出場も十分可能性はありそう。1万で29分6秒を持ち、箱根に2年連続エントリーされている人見もいます。選手がズラッと揃う4年生がチームに厚みを持たせてくれます。

3年生

チームのエースは野村、5千で13分41秒、1万で28分22秒のベストを先月連続でマーク、箱根予選で12位、全日本4区2位、箱根でもエース区間の2区を10位で走っています。野村の2年時以降の活躍ぶりは凄まじく、まさにエースと呼ぶにふさわしいです。今後も3大駅伝全てでエース区間を担ってくれるでしょうし、他大のエースに負けない選手になってくれれば。


野村、三浦とともに並ぶエースに名乗りを上げようとしているのが伊豫田、5千で13分43秒、1万で28分6秒と非常にハイレベルなタイムを先月マーク、特に1万のタイムはチームトップタイムとなっています。転倒のあった全日本こそ2区14位ですが、箱根では3区5位と好走を見せています。3年生になってさらに成長した姿を見せていますし、チームがさらに浮上するために欠かせない選手となっています。


1年時に最も活躍を見せていたのが西澤、全日本で6区3位、箱根では8区9位と好走を見せました。その一方で2年時は全日本で8区12位、箱根でも8区10位ともう一歩…2年時に野村、伊豫田が飛躍した一方で西澤はちょっと遅れを取っている印象なんですよね。元々エース候補と最初に言われたのは西澤ですし、二人に負けない活躍を見せてほしいところ。


上述の3人がこの学年では抜けていますが、箱根予選で75位で走っている四釜、1万でともに28分48秒のベストを持つ平、荒木は5千で先月ともにベストを更新していますし、ともに3大駅伝に出場してもおかしくない選手たちです。エース級が揃い、続く選手も充実しているまさにチームの中心学年となっています。さらに学年内でのハイレベルな争いも期待したいところ。

2年生

チームのエースは三浦、箱根予選でチームトップの5位、全日本1区区間賞、故障明けながらも箱根1区10位でまとめ、日本クロカンで優勝、さらに3000m障害では日本歴代2位を叩き出すなど、その実績は改めて語るまでも無いほどにずば抜けています。先日の織田記念でもラストの切れ味は凄まじかったですし、3000m障害ではオリンピックも十分狙える逸材ですし、トラックシーズンでも駅伝シーズンでもその走りが楽しみすぎます。


三浦同様に1年目から大活躍を見せているのが石井、箱根予選ではチーム3番手の21位、全日本で5区5位、箱根でも4区5位といずれも崩れることのない安定感があります。ただ、その一方で持ちタイムはなかなか伸ばせず…5千の13分56秒、1万の28分58秒というベストはいずれも高校時代にマークしたものですからね。すでにチームに欠かせない主力の1人ですが、ここからさらにエース級へと飛躍を遂げてくれればなお頼もしい限り。


もう1人箱根予選を走ったのが内田、箱根予選では30位と好走していますし、先月は1万で29分12秒までタイムを伸ばしています。1年目からハーフの距離にしっかりと対応していますし、3大駅伝出場にも近いであろう選手の1人です。さらに、5千で14分20秒台、1万で29分台のベストをともにマークしている柘植、出口らが着実にタイムを伸ばしていますし、持ちタイムの良い選手が多いですよね。そこから、メンバー争いに絡む選手が出てきてくれれば、ただでさえ厚い選手層がさらに凄まじいことになりそう。

1年生

早速持ちタイムを伸ばしているのが浅井、5千で14分9秒、1万で29分7秒のベストを先月マーク、3月にも1万で29分11秒で先輩たちを上回る走りを見せていますし、都大路では3区22位とそれほど目立った走りでは無いですが、入学して早々にこれだけタイムを伸ばしているとなると、1年目から期待せずにはいられません。


5千で14分8秒とこの学年トップタイムを持つのが神谷、1万で29分48秒を先月マークしています。こちらも都大路は4区28位ともう一歩ではありますが、入学してすぐにベストを出す選手は直ぐに結果を残す印象があります。都大路での実績が抜けているのは服部、5千で14分18秒のベストながら4区4位と長距離区間で素晴らしい走りを見せています。ロードでの強さは抜群ですし、まずはこの3人が中心となってきそうかなあ。


海老澤や油谷、和田といった都大路で1区を経験している選手もいますし、入学後5千で14分20秒台のベストをマークしている選手が、20秒の油谷、22秒の堀越、27秒の中田と揃っています。エース級が揃う2,3年生に選手層の厚い4年生に比べればまだまだこれからではありますが、そんな先輩たちに負けない学年となる可能性を秘めた選手たちが揃っています。

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします