帝京大学 新年度(2021年度)戦力分析

続いては、帝京大学について、新年度の戦力を見ていきます。公式HPにはまだ新入生は載っていないですね。帝京のHPはレース結果は比較的充実しているのですが、その一方で選手の持ちタイムが載っていないのは残念。。。データベース登録されている人数は4年:8人、3年:4人、2年:4人、1年:1人となっております。学年ごとの戦力は4年生>3年生≒2年生≒1年生という感じかなあ。もう、4年生が圧倒的に抜けていますね。ちょっと戦力が集中しすぎているほどに。そして、1~3年生はまだあまり差がないかなあという印象かなあ。

4年生

エースはと問われれば遠藤ということになるでしょう。爆発的な強さを見せた1年時に比べると2,3年時はやや物足りない気もするのですが…箱根3区となると、3年連続区間4位以内という好走、日本人歴代トップタイムを持っている選手です。大学で競技は引退ということですが、最終学年は箱根だけではなく3大駅伝・トラックの全てで活躍してくれれば。


続く選手もそれぞれに魅力がありますが…細谷は箱根5区区間賞という素晴らしい走りを見せてくれました。トラックの持ちタイムはそれほどではないですが、ロードでの強さ、そして最重要区間の1つである5区山登りで強いというのは、山で苦戦することが多い帝京において頼もしすぎる存在、平地でも全日本では最長区間の8区を9位で走っていますし、主要区間を担ってくれることでしょう。


橋本は全日本で2年連続で5区8位で走っている選手、そこまで目立ってはいなかったですが、箱根では9区3位と会心の走りを見せてくれました。1万で28分52秒のスピードもありますし、3大駅伝全てで主要区間を担っていってくれれば。中村は箱根で7区9位→4区9位と2年連続1桁でまとめている選手。往路を1桁で走れる選手というのは重要ですし、橋本と同様に1万で28分52秒のベストを持っています。持ちタイム・実績ではこの4人が抜けているかなあ。


続くのは寺嶌と三原でしょうか。寺嶌は1万で30分台のベストながら箱根では7区10位としっかりと中位でまとめました。ハーフの持ちタイムもチーム上位ですし、ロードで活躍してくれそう。三原は箱根6区を走りながら途中で骨折という悲劇に見舞われてしまいました。再度の6区は無いかなと個人的には思っていますが、箱根で悔しさを晴らす走りを見せて欲しいなあ。箱根経験者6人が全て集まる中心学年となっています。

3年生

3大駅伝に出場経験のある選手はいませんが、エントリー経験者は3人います。新井はハーフで63分30秒のベストを持ち、3大駅伝にも4度エントリーされています。上級生となり、3大駅伝デビューを果たして欲しい選手の筆頭かなあ。山田、北野の2人は2年時に全日本、箱根の両方でメンバー入りを果たしています。


山田は1万で29分台のベストを持っていますが、北野はまだ30分37秒、5千のベストも二人共14分30秒台ですし、まずはトラックからタイムを伸ばし、3大駅伝にもエントリーだけではなく、出場してくれれば。この3人が現状では抜けている感じかなあ。続く選手としては…ハーフで65分23秒を持つ元永が雑誌でも名前が挙がっていますし、1万のベストでは30分4秒を持つ吉岡もトップ10に入ってきています。1人でも多く層の厚い4年生に割って入っていって欲しいところ。

2年生

3年生以下で唯一3大駅伝を経験しているのが小野、1区を走ってトップとは27秒差も区間18位に沈みました。高校時代の実績も豊富ですし、本来であれば3大駅伝全てで主要区間を担って欲しい選手。1万も29分16秒のベストを高校時代にマークしていますし、2年目の飛躍に期待したいところ。タイムを伸ばしているのは針谷と西脇の二人。


針谷は1万で29分56秒をマークして持ちタイムでトップ10に入りましたし、西脇は5千で14分19秒をマークし、こちらもトップ10入りです。大学でベストを伸ばしている選手たちがまずは続いて欲しいところかなあ。雑誌では、5千で14分23秒を持つ近田や14分34秒を持つ末次らが注目選手として載っています。5千で14分15秒を持つ大吉もいますし、5千でタイムを持つ選手たちが1万やさらに長い距離で結果を残せるようになると大きいです。

1年生

5千で14分10秒を持ち、都大路でも5区区間賞を獲得している内藤がまずは力があるかなあ。持ちタイムも早速トップ10に入っていますし、早い段階で戦力となってきてくれるとありがたいところ。5千で14分24秒を持つ小林は都大路で1区35位、区間順位は苦しいですがエース区間の1区を走っているのは大きいです。同じく14分24秒を持つ福島は都大路で4区16位と上々の走り、長距離区間でしっかりと走れています。


さらに、5千で14分26秒を持つ福田、14分29秒を持つ山中と続き、14分30秒切りは5人いるんですよね。帝京のこれまでのスカウトを考えると、決して悪くは無いかなと。都大路経験者では、14分39秒を持つ林が4区35位で走っていますね。帝京にしては選手層が薄い今の状況を考えると、1年生もメンバー入りや3大駅伝出場のチャンスは例年よりも高いと思いますし、1年目からどんどん台頭する選手が出てきてくれれば、今後に向けても大きいです。

This content cannot be displayed in widgets.