創価大学 新年度(2021年度)戦力分析

続いては、創価大学について、新年度の戦力を見ていきます。公式HPではまだ新入生情報は載っていませんが、先日記載したとおり、情報が載っているので問題は無さそうかなあ。データベース登録されている人数は4年:5人、3年:8人、2年:5人、1年:0人となっております。戦力的には3年生>4年生>2年生>1年生という感じかなあ。上級生中心のチームなのは町がないですが、2年生も着実に育ってきているのが頼もしい限り。

4年生

この学年の中心は嶋津と三上、嶋津の安定感はチームでもトップクラス、箱根では10区区間新&区間賞→4区2位と特に抜群の強さを見せています。箱根で結果を残し続けているのが頼もしすぎますよね。今年度もエース区間を担い続けることでしょう。三上は、勝負レースの実績となると嶋津ほどではないですが、箱根5区で区間2位と往路優勝のゴールテープを切っており、上りの強さは抜群。平地でも主要区間を担っていって欲しいですね。


箱根に出場したのは、永井と小野寺の2人。永井は箱根でも8区8位でまとめていますし、2年の箱根予選もしっかりと走っているんですよね。3大駅伝でも欠かせない選手となってきました。復活が待たれるのは箱根10区を走った小野寺、あの悔しい結果となった箱根以降はまだレースに出場していませんが…最上級生となり、再び3大駅伝を走ってくれれば。3大駅伝経験者以外では、1万で29分26秒を持つ中武が最も出場に近いかなあ。

3年生

エースは留学生のムルワ、5千で13分37秒、1万で27分50秒のベストに箱根では2区6位の走り、それでも物足りないと思ってしまうほど力のある選手です。今後もエース区間を担うことは間違いないでしょうし、他大の留学生にも負けない走りを見せていってくれれば。


箱根で素晴らしい走りを見せたのが葛西、1年時は6区16位に沈んでいましたが、前回は3区3位の素晴らしい走りで往路で最も期待以上の走りを見せた選手と言えるのでは。今年も主要区間を任されるでしょうし、チームにとっても大きな存在となっています。さらに、濱野も箱根の山下りである6区で7位とこちらも期待以上の走りを披露、三上同様に山だけではなく平地でも活躍してくれれば。叩き上げが注目される創価ですが、葛西や濱野といった高校時代実績のある選手もしっかりと育ってきています。



一気に評価を高めているのが緒方、新潟ハーフで見事な走りを見せて長い距離での強さを証明、個人的に3大駅伝未経験者の中で最も箱根出場する可能性が高い選手だと思っています。まだ1万のベストは30分1秒ですが、タイムも伸ばせていきそう。他にも、5千で14分2秒のベストを持ち、2年連続箱根エントリーを果たしている横山も10人に入ってきそうな選手ですし、1万で29分15秒を持ち、1年時に箱根エントリーされている新家などエース級だけではなく、選手層でも創価で最も厚い学年と言えるのでは。

2年生

3大駅伝に出場経験のある選手はいませんが、1年時に持ちタイムを伸ばしてきた選手は非常に多いです。1万のタイムを見ても、29分16秒の桑田、29分17秒の吉田、29分21秒の山森と29分20秒前後のベストを持つ選手がすでに3人いますからね。3,4年生と比べても持ちタイムは負けていません。吉田、山森の2人は箱根でも16人のメンバー入りを果たしていますし、1万で29分58秒を持つ森下も含めて、3人が1年時からエントリーされているのは大きいですよね。


今年度は少なくとも1人は走ることになるのではないでしょうか。ただ、新潟ハーフでは3人ともに出場したものの、最も良かったのが66分21秒だった山森と3年の緒方に比べると存在感は示せず…1万のタイムは良いだけに、ロードや長い距離でも結果を残していってくれれば。上述の4人に負けじとタイムを伸ばしているのが石井、5千で14分12秒、1万は29分40秒まで縮めています。まずは1万で29分台のベストを持つ5人がメンバー争いだけではなく、勝負レースに出場していってくれれば。

1年生

持ちタイムでトップ10に入る選手はいませんが、14分15秒を持つ吉田は都大路でも4区10位と長距離区間で結果を残しています。1年目から活躍することも期待出来るのでは。14分21秒を持つ野田も2年時に3区36位と順位は苦しいものの、長距離区間経験者です。14分38秒を持つ若狭は1区を走って46位と非常に苦しい走りでしたが、エース区間を経験しています。


持ちタイム以上に都大路で1,3,4区を経験している選手が多いのは楽しみですよね。伸びてくることも多いですし。個人的に気になるのは西森遼、燎の双子コンビ。遼が14分42秒、燎が14分44秒と目立つタイムではありませんが、1,2年時はともに都大路に出場していますし、長距離では双子で活躍している選手も多いですからね。創価の育成力と相まって、1年目から一気に伸びてくる選手の台頭も楽しみです。

This content cannot be displayed in widgets.