日本大学 新年度(2021年度)戦力分析

続いては、日本大学について、新年度の戦力を見ていきます。公式HPにも新入生が16人載っています。日大のHPも持ちタイムなどが一覧で見れると良いんですけどね~選手の写真をクリックしないと見えないのは不便…データベース登録されている人数は4年:9人、3年:7人、2年:4人、1年:0人となっております。箱根で苦戦しながらも持ちタイムの良い新入生が入ってきていたのですが、今年度はやや厳し目…戦力としては、3年生>4年生>2年生>1年生という感じかなあ。3年生が最も力があり、続くのが4年生まではほぼ確実かと。

4年生

3本柱の一角を占めるのが小坂、箱根予選でチーム2番手の走り、箱根にも関東連合で7区に出場しています。1万も28分55秒のベストを持っていますし、前回の箱根予選81位からさらに貯金を稼ぐ走りが求められます。続く選手が悩ましいですね。箱根経験者では、1年時に箱根5区を走った鈴木、2年時に同じく9区を走っている橋口がいます。ただ、鈴木は2,3年時に持ちタイムも伸ばせていませんし、なかなか厳しそうな気が…


一方の橋口は5千で14分6秒を箱根予選後にマークするなど状態を戻している印象、今年度は戦力として活躍してくれれば。疋田は今年の箱根予選でチーム8番手で走っている選手、持ちタイムも着実に伸ばしていますし、こちらも橋口らとともに続いてほしいところ。大倉は2年時に箱根予選で144位で走っていますし、箱根予選後に1万でベストを更新しています。さらに3大駅伝に3度エントリーされ、主将も任されている山本も最終学年に3大駅伝・予選会出場が待たれるところです。

3年生

ドゥングにはエースとしての走りが期待されます。前回の箱根予選はまさかの48位に終わりましたが、1年時は4位で走っていますし、全日本でもエース区間の7区2位と好走、本来の力を発揮してくれれば。続くのが樋口、5千で13分57秒、1万は28分21秒までタイムを縮めています。箱根予選はまさかの118位となりましたが、3大駅伝を含めた勝負レースの実績では日本人選手の中でNo.1なのは間違いなく、トラックシーズンから他大のエースに負けない走りを続けて欲しい。


ドゥング、樋口、小坂の3本柱に続いてほしいのが松岡、5千で13分56秒、1万で28分ん38秒のベストを見れば当然エース格の1人、その一方で勝負レースではまだタイムに見合うような走りを見せられていないんですよね。松岡が主力に負けない走りを見せられるようになれば、大きな戦力アップにつながるのですが。


さらに続くのが若山、全日本、箱根ともに出場経験があり、1万で29分24秒のベストを持っています。若山も3大駅伝・予選会の実績は松岡と同様にまだまだ物足りないだけに、さらなる成長を見せてくれれば。復活が待たれるのは八木かなあ。5千の高校ベストは14分8秒とこの学年トップ、1万も29分41秒を持っていましたが、大学に入ってからは目立った活躍はできず…このまま埋もれてしまうには惜しい選手です。5千、1万ともに着実にタイムを伸ばしている濱田、小野らも上級生となって戦力となってきてくれれば。

2年生

唯一3大駅伝・予選会に出場したのが谷口、箱根予選は252位、全日本は4区15位といずれもほろ苦い走りとなりました。この経験は大きいですし、この学年を牽引していってくれれば。続く選手は…これまた悩ましいところ。5千のベストとなると、谷口と同様に14分12秒のベストを持つ高貝がいます。3大駅伝・予選会へのエントリーとなると、谷口以外で唯一経験があるのが三木、14分26秒のベストながら箱根予選、全日本と続けてエントリーされています。谷口に続いて出場がもっとも近い選手と言えるのでは。


ハーフのベストでは、高校時代に64分16秒をマークしている原田もいます。長い距離に高校時代から不安が無いのは心強いですよね。昨年度はほぼ姿を見せなかったですが、個人的には密かに期待している選手です。他にも5千で14分20秒、1万で30分11秒を持つ西村や5千で14分29秒を持つ寺元らもいますし、1人でも多くメンバー争いに絡んできて欲しい所です。

1年生

5千で14分15秒のベストを持ち、都大路でも1区16位で走っている長塩が持ちタイム・実績ともに抜けた存在です。倉敷のエースは日大に進むことが最近は多いですが、先輩たちは苦戦気味なだけに、何とか1年目から活躍を見せてくれれば。5千で14分30秒切りを持つ選手が長塩しかいないというのが、日大の苦戦を表しているかなあ。持ちタイムという点ではこの5年で最も厳しいです。


しかし、14分32秒を持つ大野は都大路で2区11位で走っていますし、14分38秒を持つ安藤は2年連続で都大路2区を担っている選手、14分39秒を持つ早見は都大路で7区22位と14分30秒台のベストを持つ選手も都大路の出場者は多いんですよね。なかなか1年目からメンバー争いに加わるのは難しいかもしれませんが、まずは自己ベストを着実に更新していって欲しいところ。

This content cannot be displayed in widgets.