上武大学 来年度の箱根駅伝(2022)へ向けて

経験値

続いては箱根予選では14位、来年度は3年ぶりの箱根出場を目指す上武大学について見ていきます。箱根経験者は岩崎、坂本の2人いますが、来年度は0人となってしまいます。2018年度以降に3大駅伝に出場した25大学のうち、3大駅伝経験者がいないのは上武だけです。まあ、2年連続で箱根出場を逃していると、3年生が1年時に出場する以外で経験者はいないので仕方ありませんが・・・


3大駅伝・予選会の経験者となると、11人となります。その中で好走経験があるのがエースの村上、チームトップの14位と素晴らしい走りを見せており、今年度一気にエースへと成長を遂げました。しかし、上武の最大の問題は続く選手が…ということでしょうか。100位以内で走ったことのある選手は他におらず、150位以内まで広げても西村が140位で走っているだけで2人しかいませんからね。


続いたのが164位だった吉田でチーム6番手以降はいずれも200位前後に留まっていることを考えると、今年度の箱根予選経験者が9人残っていると言っても、箱根予選通過が容易では無いことが分かります。2年連続好走していた岩崎も抜けますし、村上以外に稼ぐ選手、さらに100位以内で走れる選手、150位以内で走れる選手のいずれも現状では不足していることに…

新戦力

なかなか即戦力が入らない上武大学ですが、来年度もその状況は変わらなそうで…14分36秒を持つ海村や14分47秒を持つ中尾、14分51秒を持つ帰山らが判明していますが、14分40秒台、50秒台の選手がまた中心となるのかなあ。帰山は都大路で7区を走っている選手ですね。判明している選手はまだ多くは無いですが、例年とそれほど変わらなそうかなあ。それでも、毎年箱根予選に1年目から出場する選手は出てきますし、楽しみです。


3大駅伝・予選会のエントリー経験者を見ると…3年の源川が2年時に全日本予選・箱根予選にエントリーされており、4年時に箱根予選出場が期待される選手の1人。加藤は3年の箱根予選でメンバー入を果たしており、ハーフも65分前半を持っています。来年度も最上級生、つまり現3年生が中心となるとは思いますが、エントリー経験のある2人も戦力アップに貢献してくれれば。


1万で29分46秒をマークした阿部も今年度の箱根予選でメンバー入りとなっています。個人的に新戦力として最も期待しているのは鉄川、1万で29分28秒まで伸ばすなど自己ベスト連発、コンディションの悪い記録会で結果を残しているのも頼もしく、来年度は一気に主力になってくれるのでは。同じように自己ベスト連発している石田や、高校ベストがチームトップの額賀も1万でグッとタイムを伸ばしてきました。1年生はチームの中心となるだけの選手は揃っています。

展望

ここ2年間の箱根での成績を見る限りは、来年度の箱根予選通過は現状は厳しいですよね。この2年は出場争いに絡めておらず、稼ぐ選手も中間層もチーム10番手を争う選手の全てで人数不足は否めないわけですから…村上にはエースとして今年度と同様に稼いでもらうのは必須として、続く選手がどうなるか…新戦力で述べたとおり、個人的には箱根予選経験者よりも鉄川や額賀といったエントリー経験さえ無い選手に主力への期待をしてしまいます。


3年生は経験者も豊富ですし、箱根予選にも最も出場する学年になるとは思いますが、全体的なレベルアップはまず必須かなあ。箱根予選を走っている渡辺、西村、吉田、小澤らは1万でもタイムを伸ばしてきていますし、高速化している箱根予選でさらに上位で走れる力をつけていって欲しいところ。2年は村上が抜け出た存在ですが、鉄川以外にも阿部や石田らトラックでタイムを伸ばしている選手がロードでも闘えるようになってくれれば。


ルーキーは先述の額賀や箱根予選を走った青山に1万でタイムを伸ばしている芝やタイムを一気に伸ばしている山林らがいます。こうしてみてみると、ある程度戦力は整っているように思えるのですが…いざ箱根予選で力を発揮出来るかとなると、また話は別ですよね。今年度の箱根予選前にも上武は自己ベストラッシュで1万でどんどんタイムを伸ばしており、ひょっとすると箱根予選通過もあるかもと期待していたのですが、最初から通過争いに絡むような状況で無いまま14位に留まりました。


ただ、通過ラインとのタイム差となると、前年度で3分半、今年度も2分45秒とタイムとしてはそれほど離れていないんですよね。タイムとしては、まだまだ箱根予選通過は現実的な目標と言えるのではないかと…そんな状況で3年連続で箱根出場を逃すと、相当箱根は遠ざかってしまうことでしょう。まさに正念場となるであろう来年度の箱根予選、何とか通過を果たして箱根に戻ってきて欲しいところです。

This content cannot be displayed in widgets.