2020年度 4年生特集 ~神奈川大学~

本日は神奈川大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で7人登録されています。3大駅伝経験者は3人と少なめではありますが、特に井手と北崎は主要区間で結果を残すなどチームの中心として活躍してくれました。この4年間を見ると、1年時には全日本で優勝を果たしていますね~一方で箱根は4年連続13位以下…箱根予選をいずれも4位以内で通過する一方でなかなか本戦でシードを獲得するまでには至っていない状況です。

北崎 拓矢

高校ベストは14分35秒、1年の箱根からメンバー入りを果たしている選手です。2年時に5千で14分13秒の大学ベストをマークすると、箱根予選にも出場してチーム7番手の98位とまずまずの走りを見せています。全日本では4区16位と3大駅伝デビュー戦は苦しみましたが、箱根では9区4位の好走、一気に主力の仲間入りを果たしました。


3年時は1万で28分57秒の大学ベストをマーク、全日本予選で3組2位の好走、さらに箱根予選でもチーム3番手の37位と続けて結果を残してきました。そんな実績を踏まえ、箱根ではエース区間の2区を任されることとなりましたが、ここでは区間最下位に沈んでしまうことに…やはり箱根のエース区間で結果を残すのは大変ですよね。。。4年時は故障もあって箱根予選はエントリー漏れとなりましたが、箱根では山登りの5区を任されて区間11位ときっちりと中位でまとめ、往路8位でのゴールとなりました。

小笠原 峰士

高校ベストは14分53秒、2年時に5千で14分32秒の大学ベストをマーク、箱根予選にも出場してチーム10番手の112位とまずまずの走りを披露すると、箱根では山登りの5区に抜擢されましたが、ここでは区間22位と非常に苦しい走りとなってしまいました。3年の全日本予選では1組16位とまずまずの走り、箱根予選ではチーム5番手の57位と前年度を上回る走りを見せています。


1万のベストも28分59秒まで伸ばして迎えた箱根では、主要区間の4区を任されて区間15位で走っています。4年時には箱根予選でチーム6番手の76位と3年連続で箱根予選では結果を残してきましたが…最後の箱根は故障でエントリーされなかったのは残念でした。

井手 孝一

高校ベストは14分16秒、都大路で1区10位、都道府県対抗で1区15位と持ちタイム以上にロードでの実績が豊富な選手でした。高校ベストは意外にも4年間更新出来ていませんが…1年時に早速1万で29分55秒をマーク、全日本にもメンバー入りを果たしています。主力となったのは2年時、箱根予選でチーム4番手の43位と好結果を残すと、全日本ではエース区間の7区を任されて区間9位と上々の3大駅伝デビュー、箱根でも主要区間の3区を9位とどちらも一桁順位でまとめています。


3年時には1万で29分25秒と大学ベストをマークすると、全日本予選では最終組を任されて33位、3大駅伝・予選会通じて唯一の失敗レースとなったかなあ。箱根予選ではチーム2番手の30位、箱根では山登りの5区を任されて区間6位と好走しています。4年時には箱根予選でチーム2番手の26位、3年連続で好走すると、箱根ではエース区間の2区を任されて区間9位、3大駅伝に4度出場しその全てが主要区間にも関わらず、全て一桁順位でまとめる圧倒的な安定感でチームを支え続けました。

菊池 夏規

高校ベストは14分57秒、2年時に5千で14分30秒、1万では29分49秒といずれも大学ベストとなるタイムをマークしています。3年時にハーフで67分1秒の大学ベスト、4年時に1万で29分50秒のセカンドベストをマークすると、4年の箱根で初めてメンバー入りを果たすことに。出場することは出来ませんでしたが、最後にエントリーを勝ち取り成長した姿を見せてくれました。

原塚 友貴

高校ベストは14分36秒、2年時にハーフで65分21秒をマークすると、箱根でも16人のメンバー入りを果たしています。3年時には全日本予選にエントリー、箱根予選に初出場を果たしましたが、チーム最下位の250位と厳しい走りとなってしまいました。3年の箱根以降は3大駅伝・予選会ともにエントリーされることはありませんでしたが、4年時に5千で14分26秒、1万で29分53秒としっかりと自己ベストを更新してきました。

平塚 翔太

高校ベストは14分33秒、3年時に5千で14分31秒をマークし、このタイムが大学ベストとなっています。4年時には1万で30分27秒のベスト、30分40秒のセカンドベストをマークすると、ハーフは一度も走っていないにも関わらず、4年の箱根予選でメンバー入りを果たしています。ここでは出場には至らず、箱根でもエントリーはありませんでしたが、4年時に伸びてきたところを見せてくれました。

成瀬 隆一郎

高校ベストは14分15秒とこの学年トップのタイムを誇ります。都大路では2区6位ということで、どちらかといえばスピードランナーという印象でした。2年時には5千で14分10秒までタイムを伸ばし、持ちタイムでもトップ10に入ってきました。ただ、1万では2年時にマークした31分47秒が大学ベスト、ハーフには出場しておらず、やはり大学でも長い距離には苦戦…3大駅伝・予選会へのエントリーもありませんでした。

報知の箱根駅伝本も12月6日に発売されました。この時期は駅伝本の発売が多すぎて何を購入すればよいか悩ましいですよね。私は毎年確実に購入しているのは、陸マガの駅伝本だけかなあ・・・


箱根駅伝完全ガイド 2022年 01 月号 [雑誌]: 報知グラフ 増刊