2020年度 4年生特集 ~拓殖大学~

本日は拓殖大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で9人登録されています。1,2年時はチーム初の連続シードを獲得したものの、上級生となった3,4年時は3大駅伝でいずれも苦戦することが多かったかなあ。14分40秒切りの高校ベストが9人中誰もいない中、4人が3大駅伝出場を果たしています。3大駅伝で好走する選手もおり、さすがは拓殖という育成力を見せております。

吉原 遼太郎

高校ベストは15分4秒、にも関わらず、1年の箱根から16人のメンバー入りを果たしています。5千のベストは大学1年時にマークした14分56秒ではありますが、2年の全日本予選に出場し1組25位という走り、出雲にも出場して5区8位、箱根にも初出場を果たし7区17位で走っています。1万でも29分15秒をマークしており、充実の2年時となりました。


3年時は全日本に初出場して5区15位と苦しい走り、箱根では準エース区間の4区で14位という走りでした。4年時には箱根予選でチーム3番手の42位と好走、1万で28分56秒までタイムを伸ばし、箱根でも主要区間の起用が期待されましたが…故障により最後の箱根に出場することは叶わず…チームにとっても本人にとっても辛い結果となってしまいました。

石川 佳樹

高校ベストは14分53秒、1年時に1万で29分22秒までタイムを伸ばすと、箱根では7区を任されて区間9位、ルーキーながら早速1桁順位と好結果を残しました。2年時には全日本予選にも出場し2組28位という走り、1万のベストは29分16秒、ハーフも63分30秒まで伸ばし、いずれも大学ベストとなっています。箱根では4区を任されて区間13位、こちらもまずまずの走りと言えるでしょう。


3年時には5千で14分24秒と大学ベストとなるタイムをマーク、箱根では山登りの5区を任されて区間11位でまとめています。4年時には故障の影響もあって箱根予選にはエントリーされず、記録会にも出場してきませんでしたが、最後の箱根にはしっかりと合わせて2年連続の5区を任されると、区間5位と4年間でベストをの走りを最後に披露、往路10位フィニッシュとなりました。4年連続箱根を走って一度も崩れること無く、チームを支え続けてくれました。

前田 晃伸

高校ベストは14分53秒、このタイムは大学4年間では更新出来ていませんが…1年時にハーフで67分12秒で走っています。3年時には1万で29分29秒までタイムを伸ばし、持ちタイムでもトップ10に入ってきています。しかしながら、3大駅伝・予選会にはエントリーされることはありませんでした。

青柳 拓郎

高校ベストは14分52秒、青柳もこのタイムは4年間更新出来ていません。しかし、2年時にハーフで65分34秒のベストをマークすると、箱根にもエントリーを果たしています。3年時にはハーフで65分23秒と大学ベストをマークし、全日本、箱根ともにメンバー入りを果たしたもののいずれも出場には至らず…4年時には1万で29分30秒の大学ベストをマークし、3年連続で箱根エントリーを果たすこととなりましたが、最後の箱根も出場にはあと一歩届きませんでした。。。

清水 崚汰

高校ベストは14分53秒、1年の全日本予選から出場、しかもいきなりの3組に抜擢され、36位で走っています。箱根予選にも出場し、チーム11番手の184位という走り、1万で29分44秒と大学ベストとなるタイムを早速マークすると、箱根にもエントリーされましたが、今回は出場までは至らず…2年時にはハーフで64分9秒と大学ベストをマーク、箱根にも復路のエース区間である9区を任されて区間14位とまずまずの3大駅伝デビューを飾っています。


3年時には5千で14分33秒と大学ベスト大学ベストをマーク、全日本ではエース区間の7区を任されるも区間19位と苦しい走り…箱根ではアンカーの10区を任されて区間最下位と3年時の3大駅伝はいずれも厳しい結果となりました。4年時には箱根予選に出場したものの、アクシデントもあって途中棄権の憂き目に合うことに…最後の箱根にも間に合わず、エントリーされることはありませんでした。

清松 拓真

高校ベストは14分49秒、1年時に5千で14分34秒までタイムを伸ばすと、2年時に1万で29分47秒、ハーフでも65分25秒までタイムを伸ばしています。3年時には5千で14分25秒までタイムを伸ばし、持ちタイムでは3部門全てでチーム内でも中堅どころのタイムを有するようになり、トップ10に入ってくることもあったのですが…3大駅伝・予選会にエントリーされることはありませんでした。

加藤 優陽

高校ベストは15分11秒と9人の中では最も悪いタイムとなっています。2年時にハーフで65分51秒、3年時に1万で30分9秒、4年時に5千で14分41秒と着実にタイムを伸ばしていくことに。すると、4年時の箱根予選で初めてエントリーを果たしました。この際は出場には至らず、最後の箱根でもエントリーはありませんでしたが、4年間で箱根予選メンバーに入るまでに力をつけてきました。

松岡 涼真

高校ベストは14分42秒、このタイムは4年間では更新出来ていません。1万のタイムも2年時にマークした30分25秒と目立ったものでは無いんですよね。しかし、2年時にハーフで63分47秒をマークすると、箱根では10区5位と素晴らしい走りを見せ、チーム史上初の2年連続シードに大きく貢献しました。今後はエースの1人として活躍が期待されたのですが…その後は故障続きで3大駅伝どころか記録会にも出場することはほとんどなく…3年の箱根が唯一エントリーでこの際も出場はなく、他は全てエントリーさえされなかったのは無念だったか。2年の箱根が素晴らしかっただけに余計に…

吉田 皓紀

高校ベストは14分56秒、1年時にハーフで66分53秒をマーク、2年時に5千で14分48秒、1万で30分27秒といずれも大学ベストとなるタイムをマークしています。すると、全日本予選でもメンバー入りを果たすこととなりました。このときは出場までには至らず…3年時以降は自己ベストの更新も3大駅伝・予選会へのエントリーも無かったのはちょっと残念でしたかねえ。

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします