第60回中部実業団対抗駅伝結果 ~トヨタ自動車が7連覇を達成~

11月15日は中部、関西、中国でそれぞれ実業団対抗駅伝が行われ、ニューイヤー駅伝に進むチームが決まりました。今日は中部実業団駅伝の結果をチームごとに見ていきます。ニューイヤー駅伝への枠は6枠であり、実質7チームで争うことになりました。今回は中央発條までが出場を勝ち取り、NTNは残念ながら予選落ちとなってしまいました。レース結果はこのようになっています。

1位:トヨタ自動車A

別格の強さでした。1区で宮脇がトップに29秒差をつけられた時はあれっ?と思いましたが、2区のカロキが圧倒的な走りでトップへ浮上、外国人選手も万全になりましたね…3区は復活した窪田が区間賞、4区は大学からの後輩である西山が最長区間で区間賞、5区の大石、6区のルーキー青木も区間賞と2~6区は全て区間賞ですから、圧倒的です。7区の山藤が区間2位で占め、総合2位に3分23秒もの差をつけて7連覇を達成しました。


トヨタ自動車はオープン参加でBチームも出場していますが…田中、早川、畔上、太田、堀尾、近藤となっており、誰がAチームで走ってもおかしくないほどの驚異的な選手層を誇ります。ニューイヤー駅伝は旭化成が強いとは思いますが、倒すチームが現れるとすれば、中部のトヨタ、東日本の富士通かなあという印象です。

2位:トヨタ紡織

1区の羽生が先頭集団を引っ張る→抜け出して区間賞という圧倒的な走りを見せました。高1の都大路で忘れられない走りを見せ、高3の都大路も良い走りだったものの、大学4年間はなかなか結果を残せず苦しみました。そこから実業団に入って1年目で完全復活を遂げ、2位だった弾馬にも18秒差をつけました。実業団で再び驚異的な走りを見せてくれれば嬉しいです。


3区の大池が区間7位、最長区間の4区聞谷が区間5位ということでトヨタ自動車と離され、後続にも迫られましたが、7区小野田が区間3位で何とか9秒逃げ切り、総合2位の座は確保しました。5区西山が区間2位、6区小島も区間4位でまとめていますし、全体的にはまずまずのレースと言えるのでは。

3位:愛三工業

1区の山口が早い段階で遅れてしまい区間6位、トップと1分13秒差をつけられた時は大丈夫かなと不安になりましたが…2区のキプラガットが区間3位、3区の東は区間6位も4区の鈴木が区間2位タイで走ったのが大きかった。最長区間での走りはタイム差が大きくなりますからね。アンカーの中西が区間賞で2位のトヨタ紡織を追ったものの、あと一歩届かずに3位、それでもきっちりとニューイヤー出場を決めたのはお見事でした。

4位:トーエネック

1区の弾馬がトップと18秒差の区間2位、悪い走りではなかったですが羽生に離されてしまったのは悔しいところだったか。2区はニューイヤー出場を現実的に狙えるチームでは唯一日本人選手、竹内が任された区間8位も23分台で走ったのは上々と言えるのでは。2区終了時で5位をキープしましたからね。さらに、3区の西澤が区間3位、4区の河合が区間2位タイの走りでそれぞれ1つずつ順位を上げて3位まで浮上、5区の中西が区間5位、そして6区のルーキー河村が区間2位で走ったことで総合2位まで浮上することに。アンカーの小山が区間7位に留まり2つ順位を下げたのは残念ですが、4位での出場を決めました。

5位:愛知製鋼

1区の内藤が区間8位と出遅れたもの、2区のディラング、3区の住田がともに区間2位の走りで巻き返して総合3位に浮上したのが大きかったです。早い段階で上位に上がってきましたから。4区の松村も区間4位で粘ってくれました。そして、40歳になる松宮隆行が区間7位もこの年齢で出場することが凄いですよね…4位とは離されましたが総合5位での出場をきっちりと果たしています。

6位:中央発條

6枠目の最後に入ったのは中央発條、1区の坂田が区間5位とまずまずのスタート、3区の三輪が区間5位、4区の吉岡も区間6位で前と大きく離されず、逆に後続と差を広げたことが大きかったです。その後は最も良かったのも6区6位の矢嶋と区間4位以内は1区間もありませんでしたが、それでも大きく崩れる区間の無い走りでニューイヤー出場を確保しました。

その他

7位のNTNは1区の小森が区間7位とやや苦しい走り、その後も区間順位は苦しく、最長区間の4区で辻野が区間9位に沈んでしまった時点で3分半近い大差がついてしまい、もうどうしようもなくなりました…基本的に7チーム+オープン参加のトヨタBが抜けているだけに、区間9位というのは致命的な順位になってしまいます…5区の押川が区間4位で走ったりもしたのですが、最終的には6位と3分39秒差をつけられることとなりました。


トヨタ自動車Bはもっと上位も狙えると思ったのですが、1区田中こそ区間4位も4区の最長区間畔上が区間7位に留まったのが痛く…ルーキーの太田が5区3位で走ったりもしましたが、タイムとしては5位相当ということで、Bチームとしてはもちろん凄いのですが、ニューイヤーで出場を狙う面々が揃っていることを考えると、ちょっと物足りない走りになってしまったかなあ。

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします