第97回(2021年)箱根予選 戦力分析 ~中央学院大学~

今日からは、箱根予選にエントリーされた大学の戦力分析を行っていきます。まずは、前回の箱根では11位とあと一歩でシードを逃してしまった中央学院について、見ていきます。エントリーされた14人の持ちタイムは以下のようになっています。

前回の箱根経験者は6人残っており、うち5人(栗原、戸口、畝、武川、吉田)がエントリーされています。経験豊富な石綿が外れてしまったのは痛いですが、前回の箱根を欠場してしまったエースの高橋もエントリーされていますし、主力どころは揃っていると言えるでしょう。


栗原は高速1区で5位と好走した選手、戸口はハーフ61分台のベストを持ち、畝、武川は5,6区とともに箱根の山で好走しています。吉田はチームで唯一、3大駅伝フル出場を果たしている経験豊富な選手です。高橋は主力区間で結果を残し続けている選手ですし、箱根経験者はいずれも稼ぐ役割を期待される選手です。


その脇を固めるのは、5人ずつエントリーされている2,3年生。3年生では、箱根にエントリーされた糸井やハーフでタイムを伸ばした松井がいますし、2年生では、1万で28分台を持ち、出雲でも好走している小島、個人的には5千で14分0秒を出している川田が気になります。ルーキーも14分7秒のベストを持つ伊藤は即戦力候補と言われていますし、楽しみな存在。

こうしてみてみると、やはり有力選手が揃っていることが分かりますよね。3大駅伝で好走経験があったり、持ちタイムが良かったり、伸び盛りの選手だったりと充実した選手層を誇ります。その一方で目立ったエントリー漏れも石綿くらいとなると、通過に向けて死角は無さそうです。強いてあげるとするならば、箱根でシードを連続でこれまで獲得している、すなわち箱根予選を走った経験のある選手が1人もいないんですよね。


今回は例年と違うコースなので、箱根予選に慣れている大学も普段と勝手が違うかもしれませんが、それでも集団走や箱根予選の戦い方においては、中央学院よりも経験があることでしょう。昔の中央学院は集団走をかなり使っていた印象ですが、これだけ力のある選手が揃うとなると、フリーで走らせる選手も多くなってきそうかなあ。それに応えられるだけの選手が揃っていると思います。

皆さんに投票していただいている順位予想、現時点では2番人気となっていますね。私も通過を争う大学という位置づけではなく、トップ通過を争うであろう大学の1校だと思っています。その最有力候補とも言えるのではないでしょうか?3大駅伝で何年にも渡って結果を残してきた実績も大きいですし、勝負レースで結果を残している選手が何人もいるというのは、中央学院の大きな強みだと思っています。


今回は前回の箱根出場校、1年で箱根復帰を狙う大学、そして初出場を狙う大学とわずか10校しか無い箱根出場枠を巡って、非常に熾烈な争いが予想されますが、シード返り咲きを狙う中央学院にとっては、まずはきっちりと上位通過、出来ればトップ通過を狙ってほしいところです。

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。1~10位になる大学を予想してみてください。
全日本の順位予想区間配置予想も受け付けております。

たくさんの投票をお待ちしております♪
※1人1票でお願いします~