順天堂大学 新年度(2020年度)戦力分析

続いては、順天堂大学について、新年度の戦力を見ていきます。登録している選手一覧はこのようになっております。データベース登録されている人数は4年:9人、3年:6人、2年:5人、1年:3人となっております。経験豊富な4年生を中心に各学年に経験豊富な選手が揃い、新入生も早速3人がメンバー入りを果たしていますね。選手層も厚くなってきていますし、またずば抜けたエースとなるような選手が出てきてほしいですね~

4年生

3年生以下に箱根経験者は1人しかいませんが、4年生には5人もの経験者が揃っています。清水は唯一箱根で3度の出場経験を持ち、1万で28分39秒、ハーフで62分39秒とチームトップクラスの持ちタイムを有しています。3大駅伝でもエース級の活躍が期待されます。野口は5千で13分48秒のスピードに、全日本で1区4位、箱根で4区9位と主要区間で最も経験を残している選手の一人です。1500m~ハーフまで対応出来ているのも大きいです。


原田は1万で28分56秒のベストを持ち、箱根でも1区に抜擢されました。ただ、ここでは区間18位と苦しいスタートに…着実にタイムを伸ばすなど力をつけていますし、3大駅伝でも結果を残していってくれれば。澤藤も5千で14分9秒、1万で29分15秒のベストを持ち、2年時は箱根1区、3年時は全日本7区と主要区間を任されたものの、いずれも区間19位以下と苦しい結果に…原田同様に期待に応える結果を残していって欲しいです。


真砂は箱根で山登りの5区を任されて区間14位で走っていますし、矢野は1万で29分36秒のタイムを有し、3年時は3大駅伝全てにエントリーされています。3大駅伝の経験者や持ちタイムを見てもやはり最も選手が揃っているのが4年生ですし、頼りになる学年となりそうです。

3年生

箱根経験者はいませんが…小島は出雲・全日本を経験しています。5千で13分57秒、1万で29分1秒のベストを有しています。持ちタイム・実績ともに一歩抜け出した存在となりつつありますが、まだ勝負レースでの実績となると乏しいだけに、今後結果を残していってくれれば。吉岡智は1万で28分59秒、ハーフで63分54秒のベストを持ち、箱根でも16人のメンバーに入っています。


人見は1万で29分12秒、ハーフで63分31秒という好タイムを持ち、こちらも箱根16人のメンバー入りですね。近藤も1万で29分13秒、ハーフで64分7秒のベストを持っています。1万であれば、29分20秒のベストを持つ鈴木、29分26秒を持つ牧瀬らもいますし、こうしてみてみると、確かに3大駅伝の経験は乏しいですが、1万mやハーフで持ちタイムの良い選手が揃っていますよね。1人でも多く、3大駅伝経験者が出てきて欲しいところ。

2年生

1万mのベストでは、28分39秒を持つ伊豫田、28分43秒を持つ野村、28分48秒を持つ平と28分台のベストを持つ選手が3人もいるんですよね。伊豫田は出雲でメンバー入り、野村は出雲に出場し、5区13位で走っています。平はまだ3大駅伝エントリーはありませんが、2年生にして28分台トリオというのは、今後に向けて期待は高まるばかりですよね。


そして、実績でこの3人を上回るのが西澤、1万ベストこそ29分11秒ですが、ハーフで62分47秒のタイムを有し、全日本では6区3位、箱根では8区9位といずれも1桁順位で走っています。特に、全日本でいきなり快走を見せたのにはびっくりしました。個人的には次のエース候補筆頭かなあと。5千で14分6秒、1万で29分34秒のベストを持つ長山もいますし、粒揃いな選手が揃う学年と言えそう。

1年生

三浦、石井という高校時代からトップクラスの選手が2人加わることとなりました。三浦は13分51秒という持ちタイム、インターハイ3000m障害で2位に入るなどトラックの実績、都大路や都道府県対抗でもエース区間で結果を残してきているのは、本当に頼もしすぎます。トラック、ロードの実績に1500m~1万mの距離で結果を残し、3000m障害では高校記録を叩き出すなどずば抜けていますからね。これだけ広範囲で結果を残している選手というのも貴重ですよね。


石井は高校時代からその積極的な走りに定評があり、実際に結果も残してきました。特にトラックでの実績はトップクラスです。持ちタイムも5千で13分56秒、1万も3月に早速28分58秒のベストをマークしていますし、今後が楽しみな限りです。全国の舞台での実績もありますし、三浦と石井はともに即戦力としての期待はもちろん、揃って将来のエース候補となりそうです。


さらに、5千で14分8秒、1万で30分2秒のベストを持つ馬場園、14分17秒を持つ藤原、14分20秒を持つ内田らエース候補以外にも楽しみな選手が揃っていますね。藤原は都大路でも1区15位と上々の結果を残している選手ですし、内田も4区19位で走っています。馬場園も最長区間の1区を走っています。持ちタイムだけではなく、高校時代に全国の舞台で結果を残している選手が揃う学年となっていますし、ゆくゆくはチームの中心となってくれれば。