2019年度 4年生特集 ~筑波大学~

4年生特集、最後は筑波大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部でわずかに2人・・・5年の川瀬を入れても3人なので、この3人を見ていきます。そもそも、筑波大学の選手をデータベースで管理し始めたのが箱根予選後・・・さらに、この学年は多くの選手が駅伝部を離れてトラック中心となっていますからね。残っている4年生は非常に少ないですよね。それだけに、今年度の予選通過はより衝撃的でした。

川瀬 宙夢

高校ベストは把握出来ていませんが・・・2年の箱根予選に出場し、チーム5番手の186位で走っています。3年時には5千で14分42秒と大学ベストをマーク、箱根予選ではチーム6番手の217位という走りでした。4年時は1万で29分54秒の大学ベストをマーク、全日本予選でも1組に出場し、27位で走っています。箱根予選ではチーム6番手の179位ですから、やはり4年時までは目立った走りは見せられていませんよね・・・


しかし5年時、箱根予選ではチーム5番手の53位と素晴らしい走りで箱根出場に貢献、箱根でも復路の9区を任され、区間14位という走りを見せてくれました。箱根後にはハーフで63分54秒という自己ベストを更新、4年時までとは別格の活躍を5年時に見せてくれました。

金丸 逸樹

高校ベストは14分44秒、このタイムは大学4年間で更新出来ていないんですよねえ。しかし、1年の箱根予選から出場し、チームトップの122位とさすがの走りを見せています。しかし、2年時の箱根予選はチーム8番手の228位と大きく順位を落としてしまうことに・・・3年時には全日本予選で1組28位という走り、箱根予選ではチーム2番手の89位と再びの好走を見せました。


そして迎えた4年時、箱根予選ではチームトップの13位という会心の走りを披露、ハーフベストである63分53秒もこの時にマークしたタイムです。すると、1万で29分20秒のベストをマーク、箱根ではエース区間の2区を任されて区間19位で走っています。1年時から活躍していた金丸ですが、やはり4年時の活躍は別格ですね。

藤田 黎士

高校ベストは把握出来ていませんが・・・2年の箱根予選に出場、この際はチーム最下位の334位と苦しい入りになりました。3年時には全日本予選にも出場しましたが、2組37位と苦しい走り…箱根予選ではチーム11番手の272位となかなか勝負レースで結果を残せず…箱根予選後には5千で14分5秒、1万で30分5秒、ハーフで66分17秒と全て大学ベストとなるタイムを叩き出しています。ただ、チームが大活躍を遂げた4年時は箱根予選、箱根ともに出場を果たせなかったのは残念でした。。。

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします