2019年度 4年生特集 ~国士舘大学~

本日は国士舘大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で8人登録されています。3大駅伝経験者は3人と多くは無かったですが、その3人はいずれも複数回箱根を経験、またこの4年間ではチームは箱根に連続出場を続けました。2年連続箱根予選落ちを喫したときにはもう復活は厳しいかと思いましたが、毎年箱根予選を突破するだけの戦力を整えてきました。

鼡田 章宏

高校ベストは14分52秒、2年の箱根予選でチーム8番手の78位と好走、さらに箱根でもチームが苦戦する中、山登りの5区で13位と上々の走りを見せました。3年時には5千で14分28秒、1万で20分28秒、ハーフで64分9秒と大学ベストとなるタイムを全てにおいてマーク、関東インカレ1部ハーフでも10位と入賞に迫る走りを見せました。


しかし、全日本予選は1組38位、箱根予選でもチーム6番手の133位と予選会は苦しむことに…それでも、箱根では2年連続の5区で12位でまとめています。4年時には箱根予選でチーム3番手の75位ときっちりと走ったのですが…万全の状態で挑めなかった箱根では3年連続の5区で区間最下位に沈むことに…総合順位が苦しい中でも粘ってきた箱根5区でしたが、最後の箱根は苦いものとなりました。

加藤 雄平

高校ベストは把握出来ていませんが、15分オーバーだったはず…3年時までは目立ったタイムも無かったですし、3大駅伝・予選会へのエントリーもなかったのですが…4年時に5千で14分30秒、1万で29分39秒、そしてハーフでは63分59秒と面白いように自己ベストを一気に更新すると、4年の箱根では16人のメンバー入りを果たしました。出場こそなりませんでしたが、4年時の急成長は素晴らしかったですね。

石川 智康

高校ベストは14分50秒、2年時に1万で29分50秒の大学ベストをマーク、箱根でも16人のメンバー入りを果たしています。3年時に箱根予選に出場してチーム8番手の176位で走ると、箱根では9区を任されて3大駅伝デビュー、区間17位という走りでした。その後、ハーフで65分27秒までタイムを縮めています。4年時は全日本予選で最終組を任されて34位、5千で14分28秒の大学ベストをマークすると、箱根予選でチーム9番手の134位と前年度を上回る走りを披露、箱根では往路の主要区間である4区を任されて区間16位で走っています。

杉本 恭吾

高校ベストは14分52秒、大学2年時に5千で14分43秒、1万で29分59秒をマークしています。すると、箱根でも16人のメンバー入りを果たすことに。4年時は1万で29分55秒とベストをさらに更新し、ハーフでも65分59秒のベストをマークしましたが…3大駅伝・予選会通じてのエントリーは2年の箱根のみとなりました。

佐藤 弥憂

高校ベストは15分9秒、1年時にハーフで大学ベストとなる67分20秒、2年時に5千で14分38秒、1万では30分9秒をマークしています。1万の持ちタイムは一時トップ10に入ってくることもあったのですが…4年時に1万で30分2秒とさらにタイムを更新したものの、ハーフの距離は1年のベストのまま伸ばせず…3大駅伝・予選会へのエントリーも果たすことは出来ませんでした。

大西 彰

高校ベストは14分40秒、2年時に1万で30分4秒と大学ベストとなるタイムをマークすると、箱根でも16人のメンバー入りを果たしています。3年時には箱根予選に出場してチーム9番手の188位の走り、この際にマークした65分45秒はハーフの大学ベストとなっています。4年時には全日本予選にエントリーを果たし、5千も14分32秒とタイムを縮めてはきましたが、3大駅伝へのえんとりーは2年の箱根のみで出場することはありませんでした。

福田 有馬

高校ベストは14分46秒、1年時に1万で30分6秒の大学ベストをマークすると、箱根予選でえんとりー、そして箱根では山下りの6区を任されましたが、ここでは区間最下位という非常に苦しい箱根デビューとなりました。2年時は箱根予選でチーム5番手の52位と素晴らしい走りを見せましたが、箱根はえんとりー止まりで出場ならず…


3年時も箱根予選に出場しましたが、ここではチーム11番手の212位と前年度から一転して厳しい結果に…3年連続のエントリーとなった箱根でも出場はありませんでした。しかし4年時、箱根予選でチーム4番手の78位と再び好走を見せると、ハーフも64分21秒と更にタイムを伸ばすことに。箱根では1年時以来3年ぶりの出場を9区で果たし、区間17位で走っています。2,3年時に箱根を走れなかった時は箱根出場は1年時のみかと思いましたが、4年時に持ちタイムを伸ばし、箱根予選で結果も残し、箱根出場を勝ち取りました。

濱田 錬

高校ベストは15分18秒、大学2年時に5千で14分5秒、3年時にハーフで66分9秒をマークしています。3年までは3大駅伝・予選会へのエントリーはありませんでしたが、4年の箱根予選で初めてメンバー入りを果たすことに。ここでは出場はなりませんでしたが、その後1万で30分16秒と大学ベストをマークしています。3大駅伝・予選会への出場は4年間ありませんでしたが、3年時までの状況を考えると、よくぞ4年目にメンバー入りを果たしてきましたよね~

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします