2019年度 4年生特集 ~帝京大学~

本日は帝京大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で8人登録されています。8人中6人が3大駅伝経験者、そしてうち4人が箱根に3度以上出場しているということからも、この学年がチームの中心的役割を果たしてきたことが伺えます。また、8人全員がハーフ換算も含めて64分切りと長い距離での実績が豊富な選手がズラッと揃っています。高校ベストが14分30秒切りは1人しかいないのにこの活躍…さすがは育成力抜群の帝京です。

島貫 温太

高校ベストは14分31秒、1年の全日本予選から出場していますが、ここでは2組32位とほろ苦い結果に…しかし、2年の全日本予選では2組4位と前年度の借りをきっちりと返す好走を見せています。箱根予選ではチーム8番手の87位、全日本で6区7位と好走を見せると、1万で29分14秒のベストをマーク、さらに箱根も初出場を果たしましたが、ここでは10区15位とちょっと奮わずの走りでした…箱根後にはハーフで63分53秒をマークしています。


3年時、全日本予選では最終組を任されて組16位、出雲では最長区間の6区を任されて区間11位ともう一歩…全日本はエントリー止まりでしたが、1万で28分30秒を叩き出して挑んだ箱根では山下りの6区を任されて区間5位と快走を見せています。4年時には関東インカレ2部5000mで9位と入賞まであと一歩の走り、さらに5千で13分53秒と自己ベストを出したまでは良かったのですが…出雲はエントリー漏れ、全日本は故障で出場できず、箱根には合わせましたが、2年連続の6区は区間13位ということで、前年度のような走りを見せられなかったのが残念…

岩佐 壱誠

高校ベストは14分28秒、この8人で最も良いタイムだったのがこの岩佐です。1年の全日本予選から出場して1組11位と上々の走り、3大駅伝にも早速フル出場を果たし、出雲で2区8位、全日本で3区13位とやや苦戦も箱根では7区8位と一桁順位で走っています。ルーキーイヤーだったことを考えると、上出来と言って良いでしょう。箱根後にはハーフで63分19秒までタイムを縮めています。


2年時には箱根予選でチーム2番手の12位と会心の走り、全日本では主要区間の1区を任されて区間13位、箱根でも同じく1区を走って16位とともに下位に沈んでしまい、主要区間に抜擢されるまでになった一方で苦戦もしました。3年時は全日本予選で2組トップの好走、5千で14分2秒をマークすると、出雲では主要区間の3区で7位と上出来の走り、全日本では3区7位、箱根では7区を走って区間6位と3大駅伝全てで区間7位以内というのは良かったですね。箱根後にもハーフで62分39秒を叩き出しています。


4年時には5千で14分0秒と大学ベストをマークしたものの、出雲はエントリー止まり、全日本では4区13位と苦しい走りが続きました。しかし、1万で28分46秒を叩き出すと、箱根では主要区間の4区を任されて区間6位、最後の箱根で有終の美を飾りました。

田村 丈哉

高校ベストは14分33秒、2年時に関東インカレ2部3000m障害で2位、日本インカレでも同種目で5位入賞を果たしています。箱根予選で初出場を果たし、チーム5番手の46位と好走を見せました。箱根にも出場を果たし、8区11位という結果でした。箱根後にハーフで64分17秒と大学ベストとなるタイムをマークしています。


3年時は1万で29分41秒をマークしたものの、出雲・箱根ともにエントリー止まりで3大駅伝出場はありませんでした。しかし、4年時に関東インカレ2部3000m障害で2位と2年ぶりの表彰台にあがる走りを見せると、全日本に初出場、しかしここでは区間18位と大きく出遅れてしまうことに…その後、1万で28分48秒をマークしたものの、箱根はエントリー止まりで2年連続の出場はなりませんでした。

平田 幸四郎

高校ベストは14分31秒、1年時に5千で14分16秒と大学ベストとなるタイムをマーク、全日本ではいきなり最長区間の8区を任されて区間14位、箱根でもこれまた23km区間である9区を任されて8位と好走、長い距離で1年目から活躍を見せました。2年時には箱根予選に出場してチーム9番手の95位、箱根では山登りの5区である8位と好走を見せました。9区も5区も好走するのが凄いですね。


3年時は全日本で最長区間の8区を2年ぶりに任せられるも2年前と同じ区間14位…箱根と違って全日本は苦戦することが多かったですね…出雲、箱根はエントリー止まりということで、3大駅伝では苦しい1年間となりました。箱根後にハーフで63分47秒をマークしています。4年時には関東インカレ2部1万mで7位入賞と素晴らしい走りを披露、1万のベストも28分52秒まで伸ばしています。3大駅伝でもフル出場を果たすこととなりましたが…出雲こそ1区9位でまとめましたが、全日本では2区17位、箱根では5区18位といずれも下位に沈んでしまったのが残念でした…

田村 岳士

高校ベストは14分31秒、1年の全日本、箱根からエントリーを果たしています。2年の全日本予選、1組14位とまずまずの走り、2年時も全日本、箱根とエントリーされていいますが、出場には至っていないんですよね…箱根後にはハーフで62分55秒をマークしています。3年の全日本予選でも2年連続の1組で17位で走ったのですが、3年時は3大駅伝は全てエントリーされず…4年時には5千で14分17秒、1万で29分15秒と着実にタイムを縮めてきました。しかし、4年時も3大駅伝へのエントリーは無し…残念ながら3大駅伝出場はありませんでした。

吉野 貴大

高校ベストは14分36秒、1年の箱根から16人メンバー入りを果たしています。2年の箱根予選でチーム7番手の63位と上々の走り、1万でも29分17秒までタイムを縮めてきましたが、箱根は2年連続エントリー止まりで出場出来ず…3年時は全日本予選に出場し3組30位と苦しい走り…全日本、そして3年連続のエントリーとなった箱根でも出場は叶わず…箱根後にはハーフで63分11秒をマークしています。


4年時には5千で14分20秒、ハーフで63分10秒と大学ベストをマーク、全日本も2年連続エントリー止まり、そして4年連続のエントリーとなった箱根では、ついに10区で出場を果たすことに…ここで、区間新&区間2位という最高の走りを披露、正直タイムを伸ばしても3大駅伝出場は厳しいのかと思いましたが…最後に切り札として、チームの快進撃を締めくくりました。

小森 稜太

高校ベストは14分32秒、2年時に20kmで59分51秒をマークすると、全日本でも最長区間の8区を任されて区間10位と上々の走り、箱根でも23km区間である9区を走って10位で走っています。長い距離への強さを2年時から早くも見せることに。3年時は全日本で5区を任されて区間4位、ハーフでも62分34秒を叩き出すと、箱根では2年連続の9区で3位と会心の走り、ハーフの距離での強さに一段と磨きがかかることに。


4年時は5千で13分57秒、1万で29分18秒とトラックでも好タイムを連発すると、3大駅伝に初めてフル出場、出雲では3区10位、全日本では8区11位とチームが苦しむ中、いずれも二桁順位に留まりましたが…最後の箱根では3年連続の9区を任されて5位と2年連続の好走、9区に小森を残せておけたのが帝京の強さを支えてくれました。

岡 智洋

高校ベストは14分56秒、8人の中では最も持ちタイムは悪かったです。しかし、3年時に1万で29分46秒、ハーフで63分38秒の好タイムをマークすると、箱根でも3大駅伝初エントリーを果たしました。ただ、この時はエントリー止まり…結果としてこれが3大駅伝・予選会通じて最初で最後のエントリーになりました。4年時は5千で14分16秒と自己ベストを更新してきたものの、3大駅伝・予選会への出場はありませんでした。。。

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします