2019年度 4年生特集 ~順天堂大学~

本日は順天堂大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で7人登録されています。4度箱根駅伝に出場した橋本を筆頭に7人全員が箱根を経験しています。下級生から活躍した選手も4年生になって伸びてきた選手もいますが、チームへの貢献は大きかったですね。チームは箱根にて1,3年時にシードを獲得しています。

藤曲 寛人

高校ベストは14分25秒、2年時に全日本予選、そして3大駅伝全てでエントリーを果たしていますが、そのいずれもに出場はならず…しかし3年時、全日本予選で3組8位と好走、箱根予選でもチーム5番手の56位と上々の走りを見せています。全日本予選では主要区間である2区を任されて区間11位、箱根では7区を任されて9位と安定した走りを披露。箱根後にはハーフベストを63分13秒まで縮めています。


さらに、4年時には5千で13分56秒、1万で28分47秒と好タイムをマーク、エース格の1人として名を連ねるまでになりました。出雲では2区8位と本人もチームももの足りない結果に終わりましたが…全日本では5区2位、1秒差で区間賞を逃したものの、大学ベストと言える走りを見せました。箱根では満を持してエース区間の2区を任されることに。しかし、1区で出遅れたことも影響してか区間16位と力を発揮しきれなかったのは残念でした。

橋本 龍一

高校ベストは14分21秒、1年の全日本予選から出場し、2組21位とまずまずのデビューを飾っています。箱根では山下りの6区を任されて区間10位、こちらも上出来の走りと言って良いでしょう。2年時には全日本予選に出場し3組29位とやや苦戦しましたが、5千で14分ジャストと大学ベストをマークして臨んだ出雲では最長区間の6区で4位と快走、一気に主力の仲間入りを果たすことに。しかし、全日本では主要区間の1区を任されて区間23位と大きく出遅れてしまうことに…それでも、箱根ではこれまた主要区間の3区で区間7位としっかりと立て直し、好走を見せています。その後、ハーフで63分46秒と大学ベストとなるタイムをマークしています。


3年時は関東インカレ1部1万mで6位入賞、素晴らしい走りを見せました。箱根予選ではチーム8番手の74位ともう一歩…全日本も3区15位に留まっています。1万で28分52秒をマークして迎えた箱根では2年連続の3区で12位、前年度よりも区間順位は落としましたが、区間中位ではまとめました。4年時、出雲では3区9位ともう一歩でしたが、全日本では道を間違えてしまいましたが2区5位と好走、1万で28分49秒と大学ベストを更新して迎えた箱根では3年連続の3区で区間10位、主要区間である3区で3年連続崩れない走りを見せてくれました。

野田 一輝

高校ベストは14分19秒、1年時から関東インカレ1部3000m障害に出場し、8位入賞を果たしています。全日本予選にも出場して1組17位とまずまずの走り、1万で29分0秒をマークして臨んだ箱根では主要区間の3区を任されるも区間16位と苦しみました。2年時は全日本予選で2組22位、日本インカレ3000m障害では7位入賞を果たしています。5千で14分9秒と大学ベストをマークして迎えた3大駅伝では全てに出場を果たし、出雲では5区3位と好走、全日本では5区15位と苦しみましたが、箱根では8区5位と再びの好走を見せています。その後、ハーフでも大学ベストとなる63分43秒をマークしています。


3年時は1万で28分52秒をマークし、全日本予選でも2組6位と好走して順調にきていたのですが…万全ではなかった状態で箱根予選に出場し、チーム最下位の363位に沈んでから故障に悩まされることに…全日本、箱根はいずれもエントリー止まりで出場出来ず…4年時も出雲はエントリー漏れ、全日本もエントリー止まり、記録会でも結果を残せずに箱根出場は厳しいかと思いましたが、最後には間に合わせ10区を走ることに。結果は区間17位に終わりましたが、よくぞ箱根を走るまでに復活を遂げてきましたよね。

小畠 隆太郎

高校ベストは14分29秒、2年の全日本予選に出場を果たしましたがこの時は1組32位と厳しい結果に…全日本にもエントリーされましたが、出場はありませんでした。3年時も全日本予選、箱根予選はエントリー止まり、全日本、箱根はエントリーされずと苦しみましたが…4年時には5千で14分20秒、1万は28分54秒、ハーフは63分28秒と3部門全てで自己ベストを更新、出雲は未エントリーでしたが、全日本では4区8位とまずまずの走りで3大駅伝デビュー、箱根でも7区で出場を果たし、区間13位という走りでした。3年時は3大駅伝出場は厳しいかもと思いましたが、4年時で大きく伸ばしてきましたよね。

難波 皓平

高校ベストは13分59秒、この学年ではダントツトップを誇りました。ただ、このタイムは大学4年間で更新出来ていません。1年の全日本予選から3組を任されて28位という結果に。1万で29分22秒と大学ベストとなるタイムをマークすると、箱根では7区を任され区間16位で走っています。2年時にハーフ換算で62分52秒をマークすると、全日本でも最長区間の8区を任されて区間8位と上々の走り、箱根でも主要区間の4区を任されましたが、ここでは区間17位…箱根ではなかなか結果を残すことが出来なかったですね…


3年時には関東インカレ1部ハーフで8位入賞、全日本予選では4組36位と苦戦しましたが、箱根予選ではチーム4番手の45位で走っています。ハーフで63分41秒をマークし、全日本では2年連続で8区を任されたものの区間17位に沈んでしまうことに…箱根もエントリー止まりで出場はありませんでした。4年時は関東インカレ1部ハーフで7位と2年連続入賞を果たしたのは素晴らしかったですが…出雲、箱根はエントリー漏れ、全日本はエントリー止まりで4年目にして初めて3大駅伝全てで不出場となってしまったのが残念です。。。

高林 遼哉

高校ベストは14分43秒、2年時までは目立った走りはありませんでしたが、3年時にハーフで64分9秒、1万で29分26秒と立て続けに好タイムの自己ベストをマークすると、箱根では初めてメンバー入りを果たすこととなりました。4年時には5千で14分28秒と大学ベストをマーク、出雲・全日本はエントリーされませんでしたが、箱根では9区を任され区間15位で走っています。4年時にタイムを伸ばせなかった時は3大駅伝出場は難しいかと思いましたが、最初で最後の箱根出場を見事に勝ち取りました。

鈴木 雄人

高校ベストは14分46秒と7人の中では最もタイムは悪かったです。しかし、2年の全日本、箱根といずれもメンバー入りを果たしているんですよね。その後、ハーフで64分21秒をマークしています。3年の箱根予選に出場を果たすと、チーム10番手の105位とまずまずの走り、箱根ではアンカー区間である10区を任され区間14位という走りでした。4年時には5千で14分29秒、1万で29分40秒、ハーフで63分57秒と3部門の大学ベストをわずか1ヶ月の間に立て続けにマーク、全日本では最長区間の8区を任され、区間13位という結果でした。最後の箱根も出場が期待されましたが、エントリー止まりだったのが惜しかったかなあ…それでも、長い距離を中心に伸びてきた選手でした。

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします