2019年度 4年生特集 ~神奈川大学~

本日は神奈川大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で10人登録されています。そのうち、9人が3大駅伝・予選会のいずれかを経験しているんですよね。それだけ、チームにとって重要な学年だったとも言えますね。また、2年時には全日本優勝を果たしており、この学年の貢献も大きかったです。

荻野 太成

高校ベストは14分15秒、1年時に関東インカレ2部3000m障害で優勝、日本選手権でも同種目で5位入賞を果たしています。さらに、5千で14分9秒、1万で29分17秒と自己ベストをぐっと伸ばしてきましたが、3大駅伝・予選会はエントリーがありませんでした。2年時も関東インカレ2部3000m障害で優勝と2連覇を達成しています。全日本予選で1組4位と好走、5千で13分48秒を叩き出すと、出雲では2区5位、全日本でも3区5位でチームの優勝に貢献したまでは良かったのですが…箱根では5区の山登りを任されたものの、フラフラになってしまい、最下位に沈んでしまいました…


3年時は関東インカレ2部3000m障害で優勝と3連覇を達成、日本インカレでも同種目で2位に入っています。箱根予選ではチーム6番手の78位とまずまずの走り、ハーフベストである64分19秒もこの時にマークしています。全日本では5区8位、箱根では前回と逆の山下りである6区を任され、区間7位と前回の悔しさを晴らす走りを見せました。4年時は故障で関東インカレに出場できず、4連覇に挑めなかったのも残念…それでも、箱根予選に合わせ、チーム4番手の45位で走ると、1万で28分39秒の好タイムをマーク、最後の箱根では10区を任され区間11位という走りでした。

越川 堅太

高校ベストは14分14秒、1年の全日本予選から出場し、2組17位で走っています。箱根予選にも早速出場し、チーム5番手の63位とルーキーとしては上々の走り、箱根でも主要区間の3区を任されましたが、区間15位と苦しい走りとなりました。2年時は関東インカレ2部1500mで7位入賞、さらに全日本予選でも1組2位と好走しています。5千で13分57秒と大学ベストをマークすると、出雲では4区7位に留まりましたが、全日本では5区区間賞の快走でチームの優勝に貢献、箱根では2年連続の3区で区間11位で走っています。


3年時は1万で28分53秒をマークすると、箱根予選ではチームトップの15位と好走、ハーフベストである62分51秒はこの時にマークしています。全日本でも最長区間の8区を任されて区間6位と好走、箱根ではエース区間の2区を任されましたが、ここでは区間15位と苦しみました。4年時は全日本予選で最終組を任されるもまさかの区間36位に沈んでしまうことに…箱根予選でも積極的な走りを見せるものの、チーム7番手の71位、、、箱根では2年ぶり3度目の3区を任されて区間17位と4年間でもワーストの順位となってしまいました。

森 淳喜

高校ベストは14分47秒、2年時に5千で14分28秒の大学ベスト、1万で29分41秒をマークしていますが、下級生の時は3大駅伝エントリーはなく…3年の全日本で初エントリーを果たすと、6区7位と好走を見せています。ただ、箱根はエントリー止まりで出場とはならなかったんですよね。4年時は全日本予選で3組13位と好走、箱根予選ではチームトップとなる22位と大学ベストと言える走りを見せてくれました。ハーフベストである64分13秒はこの時にマークしています。1万で29分3秒をマークすると、最初で最後の箱根では山下りの6区を任されて区間11位という走りでした。

古和田 響

高校ベストはちょっと把握していないのですが…15分台であることは間違いないはず…1年時に14分34秒をマークし、このタイムが大学ベストとなっています。ただ、3年時までは3大駅伝・予選会へエントリーはなく、目立った走りは無かったのですが…4年時に箱根予選に出場しチーム6番手の70位と上々の走りを披露、1万で29分16秒のベストをマークすると、箱根では9区を任されることに。ただ、ここでは区間18位と最初で最後の箱根は苦いものとなりました。箱根後にハーフで64分55秒の大学ベストをマークしています。

宗 直輝

高校ベストは14分14秒、1年時に1万で29分16秒をマークしており、これが大学ベストとなっています。1年の箱根は出場ならずも16人のメンバー入りを果たしています。2年の全日本予選に出場すると、2組8位と好走、5千で14分3秒と大学ベストとなるタイムをマークすると、出雲で5区9位、3大駅伝デビューを果たしています。ただ、結果としてこれが最初で最後の3大駅伝出場となってしまうんですよねー。ハーフで64分8秒をマークし、全日本、箱根ともにエントリー止まりとなりました。3年時以降は自己ベストの更新はなく、3大駅伝・予選会へのエントリーもありませんでした。

藤村 共広

高校ベストは14分27秒、2年時までは目立った走りは無かったのですが…3年時に5千で14分18秒、1万で29分45秒と自己ベストをマーク、箱根も出場はならずもエントリーを果たしています。箱根後にハーフで64分8秒と大学ベストをマークしています。4年時は1万で29分18秒をマークし、全日本予選にもエントリーされましたが、ここでは出場ならず…持ちタイムは決して悪くは無かったのですが、3大駅伝・予選会への出場はあと一歩届きませんでした。

安田 共貴

高校ベストは14分18秒、2年時に全日本予選で2組13位とまずまずの走りを見せると、1万で29分26秒と大学ベストとなるタイムをマーク、全日本でも6区4位と好走を見せ、チームの優勝に貢献しました。箱根では山下りの6区を任され、区間9位という走りでした。3年時には関東インカレ2部ハーフで6位入賞、箱根予選ではチーム5番手の44位、全日本で2区9位で走っています。ハーフでも63分41秒のベストをマークしたのですが、箱根はエントリー止まりで出場ならず…


4年時は 5千で13分55秒と好タイムでの大学ベストをマーク、箱根予選ではチーム8番手の89位とまずまずの走りを見せましたが、最後の箱根もエントリー止まりで箱根出場は2年時のみだったのは残念でしたね。。。

安藤 駿

高校ベストは14分17秒、1年の箱根予選から出場を果たしましたが、ここではチーム9番手の140位という走りでした。箱根もメンバー入りを果たしましたが、出場には至らず…2年の出雲、全日本もエントリー止まりで出場は出来ず。。。3年時は5千で14分16秒の大学ベストをマークするも3大駅伝エントリーは無し。4年時は1万で29分26秒、ハーフで64分20秒と大学ベストをマークしており、箱根予選、箱根とエントリーを果たしたのですが…あと一歩出場までは至りませんでした。

日野 志朗

高校ベストは14分34秒、2年時に1万で29分53秒、3年時に5千で14分25秒、ハーフで64分58秒のベストをマークしています。4年時の全日本予選で初のエントリーを果たすと、箱根予選で初出場、チーム9番手の106位とまずまずの走りを見せています。最後の箱根で3大駅伝初エントリーを果たしましたが、出場とはなりませんでした。

長根 浩太

高校ベストは14分53秒、3年時に5千で14分35秒の大学ベストをマーク、4年時に箱根予選で初エントリー&初出場を果たすと、チーム11番手の125位という走りを見せました。この際にマークした66分3秒が大学ベストとなっています。1万でも30分11秒と大学ベストをマークしています。ただ、最後の箱根もエントリーには届かず、3大駅伝へのエントリーは4年間ありませんでした。

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします