2019年度 4年生特集 ~日本大学~

本日は日本大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で8人登録されています。箱根経験者は5人いますが、3大駅伝を最も経験した選手でもわずかに3回、多くの選手が苦しんだ印象がありますね。2年時にはチームも箱根出場を逃し、最も良かったのが箱根14位とチームとしてもなかなかに厳しかった4年間だったかなあ。

廣田 全規

高校ベストは15分0秒、にも関わらず、1年時に1万で30分16秒、ハーフで65分42秒をマークし、箱根でもメンバー入りを果たしています。ここで出場はならず、その後も2,3年時は3大駅伝・予選会のいずれもエントリーされることは無かったのですが、4年時になると、全日本予選で2組10位と好走、さらに箱根予選でチーム6番手の104位、タイムもハーフベストとなる65分42秒でした。さらに、5千で14分11秒、1万で28分58秒を立て続けにマークすると、最後の箱根では山登りの5区を任され、区間17位という走りを見せました。

松木 之衣

高校ベストは14分24秒、8人の中で最も良いタイムを有していましたが、このタイムは4年間更新できてはいないです。しかし、1年の全日本で3大駅伝デビュー、7区14位とほろ苦い3大駅伝デビューとなりました。箱根予選、箱根にもエントリーを果たしています。と2年時に1万で29分37秒、ハーフで64分43秒と大学ベストをマークしており、箱根予選でもチーム4番手の110位と上々の走りを見せましたが、チームは箱根予選を突破出来ず…


3年時は全日本予選で3組19位と上々の走りを見せるも、全日本では5区18位と苦戦、箱根では8区11位と区間中位でまとめています。4年時は全日本予選はエントリー止まり、箱根予選に2年連続出場するもチーム9番手の198位に留まり、箱根もエントリー止まりで出場出来なかったのは残念だったかなあ…

阿部 涼

高校ベストは14分44秒、1年の全日本予選に出場し、1組28位で走っています。2年時は5千で14分23秒、1万で29分38秒といずれも大学ベストとなるタイムをマーク、全日本予選こそ1組35位と苦戦しましたが、箱根予選はチーム3番手の93位、箱根には関東連合として出場し、10区で6位相当と素晴らしい走りを見せています。


3年時は3年連続の1組で12位とまずまずの走りを見せ、全日本では最長区間の8区を任されて区間8位とこちらも好走を見せました。それだけに、箱根で9区を走って区間18位に沈んでしまったのは残念でした…その後、ハーフでは63分54秒までタイムを伸ばしています。4年時は関東インカレ1部ハーフで8位入賞を果たす素晴らしい結果を残しましたが…全日本予選はエントリー止まり、箱根予選、箱根とエントリーさえされずで終わってしまったのは悔しいですよね。。。

金子 智哉

高校ベストは14分30秒、チームが出場した全日本予選、箱根予選は全て出場を果たしているんですよね。全日本予選は2組28位→2組31位→2組29位→1組13位となっており、2組30位前後が3回ともう一歩だったか…箱根予選は関東インカレ枠で出場を果たした3年時を除き、チーム10番手の220位、11番手の195位、そして7番手の129位と年々順位を上げてきています。


持ちタイムを伸ばしてきたのは2年時、5千で14分24秒、1万で29分42秒、ハーフで65分23秒という大学ベストは全てこの学年でマークしています。3年時には箱根初出場を果たし10区17位、2年連続で10区を任された4年時は区間15位という走りを見せてくれました。

伊藤 直輝

高校ベストは14分38秒、2年時に5千で14分34秒、1万で29分50秒をマークし、一時は持ちタイムでトップ10にも入ってきました。3年時にはハーフで65分42秒と着実に持ちタイムは更新してきたのですが…残念ながら、3大駅伝・予選会にエントリーされることはありませんでした。

小坂 太我

高校ベストは14分44秒、1年時に1万で30分3秒と大学ベストとなるタイムをマークすると、箱根でも8区で初出場を果たすことに。しかし、まだ力不足は否めず、区間20位と最下位に終わっています。その後、ハーフ大学ベストとなる65分21秒をマークしています。2年時は全日本予選にエントリー、箱根予選にも初出場を果たしましたが、チーム最下位の215位と苦しい走りに…その後は持ちタイムも伸ばせず、3年の全日本予選エントリーが最後のエントリーとなりました。

山田 拓斗

高校ベストは14分54秒、大学1年時に5千で14分40秒、1万で30分28秒のベストをマークしていますが、結果としてこのタイムが両方とも大学ベストとなっています。ハーフベストである65分31秒も1年時のものですね~このタイムで持ちタイムトップ10に入ってくることもあったのですが…2年目以降は持ちタイムを伸ばすことは出来ず、3大駅伝・予選会へのエントリーもありませんでした。

成田 悠汰

高校ベストは14分28秒、高2でマークしたこのタイムを大学4年間では更新できていません。1年時に大学ベストとなる65分55秒をハーフでマークすると、箱根でも16人のメンバー入りを果たしています。この時は出場には至らず…そして、これが最初で最後の3大駅伝エントリーとなってしまうことに…1万の自己ベストも3年時にマークした30分31秒に留まり、なかなかタイムを伸ばせなかったのも痛かったですかねえ。。。

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします