第96回(2020年)箱根駅伝 8区の振り返り&気になり ~区間賞:小松(東海)~

続いては、8区における各選手の走りを振り返っていきます。8区結果はこのようになっております。優勝争いが完全に決したと言えるのは9区かもしれませんが、個人的に勝負ありとなったのがこの8区だったかなあと。青学の岩見、東海の小松という争いとなったこの8区、前回区間新記録をマークした小松と4区15位だった岩見、差を詰めるならここしか無いと思ったのですが…


結果として小松は区間賞を獲得しましたが、岩見が1秒差の2位ということで、わずかに1秒しか差を詰めることは出来ず…9区以降を考えても勝負ありだったかなあという印象でした。小松もよく走ってくれましたが、岩見が前回の箱根とは違うということを存分に見せてくれましたよね。


区間3位以降は総合順位でも上位にきている大学が揃って上位にきました。区間3位に帝京の鳥飼、4位に早稲田の太田直という前回も8区を走っている二人が続きました。鳥飼は9位から、太田直は10位からということでともに6つも順位を上げ、この1年で成長した姿を見せてくれました。特に鳥飼は区間4位とも40秒もの大差をつけており、この区間で一気に躍進しましたね。


区間5位に入った東国大の芳賀も前回7区6位と好走している選手、2年連続で箱根で結果を残してくるのも素晴らしいですね。8区は各大学の選手層が問われる区間ですよね。区間6位に東洋の前田、7位に國學院の河東が入りました。前田は全日本6区9位から今回はきっちりと結果を残してくれましたし、河東も3大駅伝デビュー戦ながら落ち着いた走りを披露、ハーフの持ちタイムを伸ばした通りの強さをみせました。


区間8位に明治の櫛田、序盤はペースが遅かったのでどうなることかと思い米sたが、後半上げての上々の走り、加藤の爆走が目立った明治のルーキーでしたが、櫛田もきっちりと区間中位でまとめてくれました。粒ぞろいのルーキーの今後が楽しみです。この区間8位以内の大学は全て8区終了時で総合9位以内に入っている大学なんですよね。総合順位と区間順位がこれだけ連動するのも凄いですね。


そんな上位9位までの大学で、1校だけ一桁に入ってこれなかったのが駒澤の加藤、区間11位の走りで2つ順位を落とすこととなりました。前回の4区11位はともかく、8区でも区間11位になってしまうとは…このままだと、来年度はかなり厳しそうですね。持ちタイムのような走りをなかなか見せられず。。。


シードを争う大学では、中央学院の藤井が区間15位だった一方、創価の鈴木大は区間9位タイで粘りの走り、7秒差にまで迫ることとなりました。総合10位と11位の差は天地のものがありますし、この差が僅かに7秒というのは走る方や応援する方は大変ですが、盛り上がりますよね。


関東連合の吉井は区間9位相当という上々の走りを見せてくれました。大東大も箱根予選ではまさかすぎる結果に終わり、監督も変わりましたが、吉井には新しいチームを引っ張っていってほしいです。区間9位タイには順大のルーキー西澤が入っています。全日本では素晴らしい走りを見せましたが、箱根でも早速一桁順位とはさすがですね。今後は兄を上回るような活躍を見せてくれれば。


ルーキーは先述の前田、櫛田、西澤以外にも、4人が走っていますね。初めて箱根を走るルーキーには、やはり8区というのは負担も少なく走りやすい区間なのかなあ。国士館の清水悠が区間13位、拓殖の佐々木が区間14位、法政の中園が区間18位、日大の若山が区間19位となっています。


清水悠は箱根予選でチーム2番手に入ってびっくりしましたが、今回もまずまずの走りと言えるのではないでしょうか?この走りを見る限り…今後は本人の希望通り箱根5区を担っていくことになりそうかなあ。鼡田が3年連続で走ったように…佐々木は3大駅伝に1年目からフル出場ですね。拓殖では非常に珍しいのでは…ゆくゆくはチームのエースへとなってほしい選手です。


中園はちょっと苦しくなってしまいましたね。今年度は着実に自己ベストを更新していたのですが、3大駅伝デビュー戦はほろ苦いものに…河田が注目されている法政のルーキーですが、中園を始め選手が揃う学年ですし、中園もチームを引っ張る存在となってくれれば。若山は1万で好タイムをマークしたものの、初の箱根は厳しかったですね…松岡、若山と1年生が続けて区間19位となってしまいました。


区間12位に神奈川の安田響、区間16位に中央の矢野が入っています。ともに2年連続の8区であり、安田響は前回よりも区間順位を3つ上げていることを考えても、総合順位が厳しい位置だったことを考えてもまずまずだったかなあ。矢野は逆に前回区間8位で走っていただけに、そこから順位を8つ落としてしまったのは残念でした。中央は大崩れする区間はなかったのですが、逆に大きく稼げる区間も無かったのが痛かったですね。。。


区間17位に日体大の嶋野、区間最下位に筑波の伊藤となりました。箱根予選では3位通過だった日体大ですが、今回の箱根は本当に苦しく…嶋野も箱根予選でチーム10番手でしたが、そこから持ちタイムを伸ばしていたものの、箱根では奮わずでした…筑波はこれで3区間連続の区間最下位となってしまいました。悪い流れに完全にハマってしまったかなあ。単独最下位で走り続けるのはやはり難しいですよね。まして、26年ぶりの箱根となればなおさら。。。

全日本予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします