第96回(2020年)箱根駅伝 青山学院大学 区間配置予想 ~2年ぶり5度目の箱根制覇へ~

今日は青山学院大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根はダントツの優勝候補と言われましたが、4区、5区でまさかの走りとなってしまい、往路6位、復路は区間賞3つ、区間2位2つの走りで猛追するも総合2位で5連覇を逃すこととなりました。

今年度は、出雲では5,6区でやや離されてしまい、総合5位とここ数年で最も苦しい結果に…しかし、全日本では7区吉田の走りで総合トップに浮上、最終区で総合2位となったものの、十分に見せ場を作りました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

4年:鈴木 塁人、中村 友哉、吉田 祐也、谷野 航平

3年:吉田 圭太、岩見 秀哉、神林 勇太、市川 唯人、新号 健志

2年:湯原 慶吾、飯田 貴之、早田 祥也

1年:岸本 大紀、宮坂 大器、中倉 啓敦、近藤 幸太郎

前回の箱根以降、3大駅伝を走った選手では、箱根5区、出雲5区を走った竹石が外れてしまいました。故障で万全の状態では無かったということで、仕方のないことですが、山の経験者がいなくなるのは痛いですね。しかし、他の選手は11月に1万でベストを出したのが16人中12人、残る4人のうち3人も28分台を出しているという絶好調な選手が揃いました。そんな青山学院大学の区間配置予想は以下の通りです。

湯原②ー吉田圭③ー岸本①ー中村友④ー飯田②
谷野④ー神林③ー岩見③ー吉田祐④ー鈴木④

~往路~

1区は湯原、出雲、全日本ともに1区を任され、いずれも区間7位と安定した走りを見せていることを考えると、箱根でも1区となるのではないでしょうか?ただ、今回はハイペースにもなる可能性があり、その際にどこまで対応出来るかというのはやや未知数かもしれませんが。。。


2区は吉田圭、コンディションに問題無ければエースを2区に起用してきたのが青学ですし、今のエースは吉田圭であることを考えれば2区に相応しいでしょう。箱根では初の2区ですが、それでも結果を残してくれるであろう選手です。


3区は岸本、出雲の区間賞にはびっくりさせられ、全日本も2区5位の好走、1万で28分32秒のベストも叩き出し、次期エースとして期待される選手です。となると、往路の主要区間で見てみたいですが、いくら好走を見せているとはいえ、ルーキーであることを考えると走りやすい3区あたりが良さそうかなあと。


4区は中村友、前回はここで崩れてしまったのが連覇の途切れた原因でした。今回は主力級を起用してくる可能性が高いですし、全日本で6区2位、1万でも28分31秒を叩き出した中村友でどうかなあと。4年になって一気に台頭してきた選手、最初で最後の箱根で結果を残してくれれば。


5区は、唯一希望となっていた竹石が外れたことで予想し辛い区間ですが…前回8区で好走した飯田としました。全日本でも最長区間である8区を任されていますし、5区を託すとすれば主力が起用されそうな気がします。5区の走りは青学の命運を握りそうな気が…

~復路~

6区は谷野、6区希望として16人に入っていたのは谷野だけだったので、そのまま予想しました。4年連続で圧倒的な結果を残した小野田の後というのは相当大変でしょうが、高校ベストは15分台である叩き上げの選手が最初で最後の3大駅伝出場というのを見てみたいという思いも込めて。


7区は神林、これまでの傾向を見ても、7区に主力級を起用してくることが青学は多いです。となると、出雲では区間賞を獲得している神林でどうかなあと。箱根はまだ未経験ですが、今年度は出雲・全日本といずれも任されていますし、箱根でも好走が期待されます。


8区は岩見、前回の4区は苦しんだとはいえ、1万でも再び28分台をマークしていますし、ハーフの実績も豊富な選手。ただ、前回のことを考えると往路よりは復路かなあということで、比較的負担の少ない8区としています。正直、外れる可能性も結構ありそうですが…前回の悔しさを晴らす走りを期待。


9区は吉田祐、全日本は2度走っていずれも区間3位以内と安定した走りを見せている選手、往路への起用もあり得るとは思うのですが、復路であれば復路のエース区間である9区かなあと。最上級生として、全日本同様に安定した走りを見せてくれれば。


10区は鈴木、本来であればエース区間を走ってもおかしくない主将ではあるのですが…今年度はずっとらしくない走りとなっているんですよね。出雲は欠場、全日本も苦しい走りとなってしまいました。それなれば、思い切って前回と同じく10区というのもあり得るかなあと。

今年度の青学は本当に分からないですね。区間配置も総合順位も…学連記録会では面白いように自己ベストラッシュとなり、こんな走りを箱根でも見せられるのであれば、十分に優勝争いにも絡んできそうですよね。実績のある選手、勢いのある選手がズラッと揃っています。


その一方で、不安要素としてはやはり箱根5,6区という山が未知数であることが挙げられますね。他の優勝候補はどちらかの区間、または両方で好走経験のある実力者を有していますから、その差は気になるところ…また、箱根経験者がわずかに4人しかいないのも気になるかなあ。3大駅伝で実績を残している選手は揃っていますから、問題ないとは思いますが。


ここ数年と比べると、圧倒的な優勝候補として臨むわけではない箱根駅伝、それだけに箱根を見据えてずっと長い距離に取り組んできたという話ですし、出雲・全日本とはまた違った強さを箱根でも見せてくれるのではないでしょうか?過去5大会で4度優勝しているという圧倒的な経験は青学の大きな武器ですし、再び箱根制覇の栄冠に輝くのか?やはり、今年度の青学からも目は離せませんよね!!

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。
是非とも予想してみてください♪

※1人1票でお願いします~

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします