第96回(2020年)箱根駅伝 國學院大學 区間配置予想 ~過去最高の戦力、最高順位へ~

今日は國學院大學について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根は5区浦野の活躍もあって往路3位と素晴らしい走りを披露、復路は全て二桁順位だったものの、大崩れすることなく総合7位と過去最高順位となっています。今年度は出雲で6区で圧巻の走りを見せた土方の活躍もあり3大駅伝初優勝、全日本はやや苦戦したものの、それでも総合7位で2年連続のシードを獲得しています。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

4年:浦野 雄平、青木 祐人、土方 英和、茂原 大悟

3年:藤村 遼河、臼井 健太、高嶌 凌也、河東 寛大、田川 良昌

2年:藤木 宏太、島崎 慎愛、木付 琳、殿地 琢朗

1年:中西 唯翔、中西 大翔、川崎 康生

出雲優勝メンバーとなった6人はもちろん、全日本、前回の箱根を走った選手はきっちりとメンバー入りを果たしています。さらに、ハーフでタイムを伸ばしてきた3年生、藤村、高嶌、河東らも入ってきており、順当なエントリー、まさに國學院史上最強のメンバーと言えそうです。そんな國學院大學の区間配置予想は以下の通りです。


藤木②ー土方④ー青木④ー中西大①ー浦野④
中西唯①ー島崎②ー殿地②ー茂原④ー藤村③

~往路~

1区は藤木、前回も区間10位で走っている選手、今年度の活躍を考えると、むしろ藤木が1区はもったいない気さえしてしまいますが、1区はどういう展開になるかわからないですからね…そろそろハイペースの可能性もありますし、どんな展開でも対応できる藤木が安心かなあ。


2区は土方、浦野はもう5区を走る覚悟を決めているという話でしたし、ならばもう2区は土方しかいないでしょう。前回67分台で区間7位、出雲6区で区間賞を獲得している土方を2区に起用しない理由がないほどです。前回を遥かに上回る走りを見せても全くおかしくありません。


3区は青木、2年連続で3区6位以内で走っている選手であり、全日本での区間賞の走りにもビックリしました。こちらも過去2大会を上回る走りが期待できる選手であり、2度も走っており、本人も希望している3区が相応しいのでは。


4区は中西大、本来であれば準エース区間である4区はルーキーが走るには難しい区間なのですが…出雲、全日本ともに区間4位以内で走っており、既に主力の貫禄がある中西大ならば別かなあ。ハーフも既に63分台で走っていますし、大事な区間も任せられるでしょう。


5区は浦野、2区同様にここも確実でしょう。前回は見事に区間賞を獲得、今年度は名実ともに大学長距離界を代表する選手となり、区間賞候補筆頭です。監督も別格の強さと絶対的な自信を持っていますし、國學院が最も稼げる&計算できる区間です。往路優勝のゴールテープを切ってもおかしくないほどに…

~復路~

6区は中西唯としました。2年前に走っている臼井がいるのですが、今年度は目立った走りを見せられていないので、外しています。かつては浦野、臼井と期待のルーキーを6区に起用するというケースが國學院には見受けられるため、これまたルーキーである中西唯の起用もありそう。


7区は島崎、28分台ランナーとなり、全日本では1区を任されました。ただ、まだ主要区間を任せるにはちょっと心もとないため、復路でも重要度の増している7区あたりでどうかなあ。


8区は殿地、唯一前回の箱根で復路を経験している選手です。区間中位で走っていますし、その経験を買って再度の起用も有りそうです。ただ、3年生がハーフで好走しているだけに、そちらが優先される可能性も…


9区は茂原、前回は4区を走っている選手ですが、現在のチーム状況を考えると往路は安心して任せられる選手が揃っていますし、ならば復路のエース区間である9区が良さそう。全日本は7区で苦しみましたが、出雲はきっちりとまとめていますし、実績豊富ですからね。


10区は藤村、ハーフで好タイムを連発した3年生が最低1人は起用されると予想しています。となると、ハーフで最も良いタイムをマークした藤村かなあという単純な予想なのですが…10区は、3年生の中で最も調子の良い選手が起用されそうかなあと。

往路は5区間全てで前回を上回ってきてもおかしくないですね。それだけ、各選手がさらなる力を身に付けているなあと。目標は往路優勝&総合3位という高いものでしたが、今となっては現実的に狙えるように思えてきますよね。特に2区、5区はどんな順位、タイムで走るのか楽しみでしょうがありません。


そして、前回は全て二桁順位で正直耐えるだけだった復路も今回は選手層が厚くなったことで、いい意味で悩めそうですね。実績のある選手を起用するのか、それとも1万やハーフでタイムを伸ばしてきた選手に任せるのか。不安要素があるとすれば、6区がどのくらい走れるかというくらいでしょうか。ただ、こちらも監督はずっと準備させていて自信はあるという話でした。


浦野、土方世代が最終学年となり、まさに勝負の年となる國學院大學、過去最高順位は7位ですが、本当にこれはもう最低目標ですよね。正直、過去最高となる6位だったとしても、良かったとは言えないほどにチーム力は増してきています。驚異の強さで優勝を果たした出雲のように、再び國學院旋風を巻き起こして欲しいです!!

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。
是非とも予想してみてください♪

※1人1票でお願いします~

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします