第96回(2020年)箱根駅伝 早稲田大学 区間配置予想 ~予選9位通過からの上位進出へ~

今日は早稲田大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根は、10区間中ワーストの2区間が2,5区という2大重要区間だったこともあり、往路15位、復路で盛り返したものの総合12位でシード落ちとなってしまいました。今年度は、箱根予選はヒヤヒヤの9位通過も全日本ではらしい走りで6位とシードを獲得しています。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

4年:新迫 志希、太田 智樹、遠藤 宏夢、三上 多聞、尼子 風斗

3年:宍倉 健浩、吉田 匠、渕田 拓臣、住吉 宙樹

2年:太田 直希、中谷 雄飛、千明 龍之佑、半澤 黎斗、山口 賢助

1年:鈴木 創士、井川 龍人

箱根予選を走った12人からは、チーム11番手だった向井が唯一外れてしまいましたね。下位であることを考えるとやむなしか…全日本出場者は全員メンバー入りを果たしましたが、前回の箱根経験者では5区の大木、7区の真柄という4年生コンビも外れることに。叩き上げの伊澤も含め、4年生のエントリー漏れが目立ちました。そんな早稲田大学の区間配置予想は以下の通りです。
 
井川①ー太田智④ー中谷②ー千明②ー吉田③
渕田③ー鈴木①ー太田直②ー新迫④ー遠藤④

~往路~

1区は井川、連戦となった全日本の1区は苦しみましたが、箱根予選ではチーム2番手で走っていますし、高校時代から世代トップの活躍で1区の経験も豊富、前回の中谷のような走りを見せてくれることを期待しての1区としています。


2区は太田智、なんとか間に合わせた前回の2区は区間21位の悪夢でしたが、今年度はエースにふさわしい走りを続けています。2年前は2区6位で走っているわけですし、3年連続の2区で2年前を上回るような走りも見せてくれるのでは。


3区は中谷、箱根予選は回避しましたが、全日本でも3区でまとめていますし、前回の箱根でも好走している選手。2年連続の1区もあり得るますが、現状の戦力を考えると中谷を1区に置く余裕は無いかなあということで、1区井川、3区中谷としています。


4区は千明、今年度はエース級の活躍を見せ、太田智、中谷ともに3本柱といって良い結果を残しています。全日本でも4区3位で走っていますし、準エース区間である4区が相応しいかなあと。こちらも前回走った3区があり得ますが、スピードのある中谷の方が3区に相応しいかなあということで、4区に千明としています。


5区は吉田、前回の経験者である大木が外れたことを考えても、前回5区予定だった吉田しかいないかなあと。全日本でも8区9位で走っていますし、交通事故で出場出来なかった前回の悔しさを晴らして欲しいです。

~復路~

6区は渕田、今年度はほとんど姿を見せていないことを考えると、起用されないことも十分あり得るのですが…そもそも過去2年もあまり姿を見せていないんですよね。それでいて、2年連続で区間11位では走っていますからね。他に6区で期待出来る選手がいればあり得ますが、6区希望の選手が他にいなかったこともあり、3年連続で出場と予想しました。


7区は鈴木、ルーキーながら28分台のベスト、箱根予選チーム3番手、全日本6区6位とこれだけの走りを見れば往路に起用されてもおかしくないほどの選手。ただ、早稲田も実力者が揃っていますし、往路に起用しなければならないほどでは無いため、重要度が上がりながらも走りやすい7区が良いかなあと。


8区は太田直、前回も8区を走っている選手、箱根予選はチーム8番手、全日本でも5区5位と上々の結果。さらに28分台をマークしているとなると、こちらも主要区間を走っても良い選手ですよね。ただ、先程の鈴木と同様の理由で復路で良さそうですし、経験している8区かなあと。


9区は新迫、こちらも前回9区9位で入っている選手であり、28分台を叩き出し、さらに全日本もエース区間の7区で9位でまとめています。当然、箱根でも10人には入ってくるでしょうし、前回結果を残している区間から変更する必要も無いのでは…6,8,9区は前回と同じ区間としています。


10区は遠藤、箱根予選ではチーム5番手で走っていることを考えると、箱根でも当然見てみたい選手、最上級生ということを考えても23km区間である10区でどうかなあと。3年の全日本はいきなりエース区間の7区に大抜擢されて苦しみましたが、10区ならばまとめてくれるのでは。

多少入れ替わることはあるかもしれませんが、かなり区間配置は予想しやすいように思えます。特に往路は1,3,4区の入れ替わりはあったとしても、予想した5人が往路を走る可能性が高いのでは?復路も全日本予選を走った8人のうち3人が走る可能性は高いですし、残る2人が誰になるかの争いかなあと。


逆に言えば、主力に故障者や不調者が出た場合に選手層という点では不安があるとも言えますね。ここまで名前を挙げた10人の選手以外で3大駅伝・予選会で好走経験のある選手は正直いませんし…ハーフで63分台を持つ三上や1万で29分7秒をマークした宍倉あたりが10人争いに絡んでくるのかなあ。そして、6区を誰に任せるのかですよねえ。6区は早稲田は比較的苦戦している印象もあるので…


箱根に向けてはシードを争う1校という位置づけとなりそうかなあ。箱根予選9位通過とはいえ、そんな戦力では無いことを全日本では示してくれましたし、その一方で目情としている3位を狙えるかというとさすがに厳しいでしょう。まずは箱根にベストメンバーで臨み、シード獲得、そして1つでも上の順位を目指して欲しいです。

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。
是非とも予想してみてください♪

※1人1票でお願いします~

This content cannot be displayed in widgets.