第96回(2020年)箱根駅伝 中央学院大学 区間配置予想 ~大学史上最長の6年連続シードに向けて~

今日は中央学院大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根は。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。前回の箱根では3区終了時で15位とやや出遅れてしまいましたが、その後は巻き返して往路10位、総合でも10位で5年連続となるシード権を確保しました。今年度は全日本予選をギリギリ5位通過も、出雲11位、全日本10位とやや苦しい展開が続いています。

4年:川村 悠登、城田 航、有馬 圭哉、藤井 雄大、長山 瑞季、大津 吉信

3年:高橋 翔也、石綿 宏人、戸口 豪琉、畝 歩夢

2年:栗原 啓吾、小野 一貴、吉田 光汰、糸井 春輝

1年:小島 慎也、武川 流以名

出雲、全日本を走った選手は全員エントリーを果たしています。その一方で前回の箱根8区5位の大濱は外れてしまいました。特に1万mでは持ちタイムの良い選手がズラッと揃っていますし、調子の良い選手が順当にエントリーされたようにも思えます。2019年になってから、自己ベストを出したことの無い選手は16人中1人もいませんからね。5千、1万、ハーフのいずれかでベストを叩き出しています。そんな中央学院大学の区間配置予想は以下の通りです。
 
城田④ー川村④ー栗原②ー高橋③ー畝③
糸井②ー小島ー長山④ー有馬④ー石綿③

~往路~

前回の1区川村、2区高橋という組み合わせももちろん有力なのですが、いずれも好走とは呼べない結果でしたし…ならば、全日本で1区を任された城田に再度任せるのも面白そうかなあと。1万のタイムも29分ジャストまで伸ばしてきましたし、思い切っての起用もありそう。


2区は川村、1区で無ければ2区が有力ですし、全日本の2区は15位と苦しみましたが、これまで3連続1区の後、1度2区を走っているというのも箱根2区に向けて意味合いもあるかもということで…どちらにしろ往路の主要区間を任されることは間違いないですね。


3区は栗原、出雲はまさかの5区20位でしたが、その後はハーフで63分20秒、1万で28分35秒と好タイム連発で完全復活をアピール、となると、前回も走っている3区を再度任せられるのでは?出雲の悔しさを晴らす走りを見せてくれれば。4区は高橋、2年前はルーキーながら区間10位でまとめる見事な走りを見せました。監督も4区が合っているという話ですし、主要区間で2年前を上回る走りを見せてくれれば。


5区が悩ましいのですが…畝としました。どうも今回は凌ぐ区間となりそうという雰囲気で、3大駅伝初出場の選手が出るのではというのと、5区希望の選手という点では、大津と畝が当てはまり、中央の畝との双子対決というのを見てみたいという思いもあって、畝としています。

~復路~

6区も4年連続で走った樋口が卒業したことで、経験者のいない区間、下級生で候補がいるという話と6区希望の選手となると、当てはまるのが糸井かなあと。これまでの実績からすると、大津と糸井がそれぞれやや意外なエントリーとなっており、それぞれ5区と6区候補なのではないかと勝手に思っています。5区に比べると、6区はそこそこ自信がありそうですね。


7区は小島、出雲での鮮烈なデビューにハーフの距離も問題ないということで箱根への起用も可能性は高そう、3区あたりも面白いと思うのですが、ルーキーに無理に往路を任せるよりはまずは7区あたりのデビューで良いかなあと。往路は任せられる選手が揃っていますしね。


8区は長山、出雲、全日本と奮わずに箱根は厳しい気もしますが、自己ベストを連発していること、全日本では7区というエース区間を任されていることを考えると、箱根も起用されるのかなあということで、走るならば負担の少ない8区あたりかなあと予想しました。ハーフの持ちタイムも文句ないですし、最後に結果を残して欲しいです。


9区は有馬、前回も好走している有馬が復活してきたのは大きいですね。もちろん、前回好走している4区もありますが、高橋が4区を走るのであれば、復路のエース区間である9区が良いのかなあと。長い距離での強さも十分ですしね。10区は石綿、前回は何とかシードをもぎ取る走りを見せました。ただ、本人は満足がいっておらず、再度の10区を希望しているようですし、全日本でもアンカーで好走を見せていますので、その再現に期待。

うーん、中央学院も何気に予想が難しいですね。主力をどのように配置してくるのか、山をどうするのかなどいろいろな選択肢がありそう。出雲、全日本と中央学院らしいしぶとい走りを見せられなかった中、箱根でどれだけ立て直してくるかも大事になってきますね。


また、山が例年よりも計算出来なそうということで、1~4区までの走りが大事になってきそう。出遅れてしまうと、巻き返すのがかなり大変そうですし。。。とはいえ、持ちタイムの良い選手はズラッと揃っていますし、特に1万mの持ちタイムはトップクラスですからね。タイムを伸ばしてきた選手が箱根でも結果を残すことができれば、箱根シード争いからもう一つ上の争いに加わることも出来そう。


5年連続で箱根シードとすっかりとシード常連校となった中央学院、さらに6連続へと記録を伸ばすことが出来るのか?戦力としては十分に揃っている一方、出雲・全日本はらしい走りが見せられていませんが、箱根ではまた粘り強い走りを見せて欲しいです!!

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。
是非とも予想してみてください♪

※1人1票でお願いします~

This content cannot be displayed in widgets.