第96回(2020年)箱根駅伝 東海大学 区間配置予想 ~2連覇&2冠へ向け驚異の選手層~

今日は東海大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根は、全区間で一桁順位、6区間で2位以内という驚異的な走りで悲願の初優勝をはたしました。今年度は出雲こそ、4位に終わりましたが、全日本では再び選手層の厚さを見せつけて優勝を果たしています。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

4年:鬼塚 翔太、西川 雄一朗、小松 陽平、松尾 淳之介
   郡司 陽大、館澤 亨次、阪口 竜平、羽田 智哉


3年:塩澤 稀夕、西田 壮志、米田 智哉、鈴木 雄太、名取 燎太

2年:市村 朋樹

1年:松崎 咲人、竹村 拓真

出雲、全日本を走った選手は全員エントリーされていますね。そして、注目された選手では主将の館澤が戻ってきました。出場すれば安定感抜群の走りを見せる選手なだけに、頼もしい存在です。16人中三大駅伝経験者が11人、残る5人はいずれも上尾ハーフで好走を見せた4年の羽田、3年の鈴木、米田、1年の松崎咲、竹村となっており、実績のある選手とハーフで結果を残す選手の組み合わせに。


その一方で箱根2区経験者の關や前回箱根6区2位の中島が外れてしまいました。4年生はここ最近は苦しんでいる羽生、高田らも外れていますが、それでも8人いますからね。さすがは実業団にも12人行く最強世代です。そんな東海大学の区間配置予想は以下の通りです。
 

鬼塚④ー名取③ー塩澤③ー阪口④ー西田③
松崎①ー
市村ー小松④ー郡司④ー館澤④

~往路~

いやあっ、もう難しすぎますね。起用したい選手が多すぎます。館澤は起用するという話でしたし、悩ましい。。。1区は鬼塚、出雲はもう一歩でしたが、2度1区を走っている経験もありますし、八王子LDを見る限りはかなり戻してきましたし、最後も起用されるのではないかなあと。


2区は名取、全日本の走りは衝撃的でしたし、あれを見せられては、箱根でも2区を走ってほしいなあと。東海はやや2区を苦しんでおり、前回は湯澤の好走が光りました。その走りを上回る結果も期待出来そうです。3区は塩澤、スピード抜群であり、主要区間も任せられる選手であることを考えると、下り基調で比較的走りやすく、スピードも活かしやすい3区が相応しいかなあ。


4区は阪口、出雲がもう一歩だったのは気になりますが、今年度はエースの1人として計算したい選手ですし、10人には入ってくるのでは無いかなあと。ならば、前回好走した7区も良いですが、裏区間かつ準エース区間である4区でどうかなあと。アップダウンもある区間ですし、3000m障害に強い選手というのも良いかなあと。


5区はもちろん西田、ここは10区間中唯一の鉄板区間かなあ。前回区間2位で走り、さらに力をつけている西田を外す選択は無いでしょう。中島を欠いた東海にとって最も計算出来るかつ稼げる区間となりそう。

~復路~

6区は松崎咲、6区候補として名前も挙がっていた選手ですし、上尾ハーフでの快走を見る限りは箱根での起用も十分に有り得そう。ただ、平地区間を任せるのはまだ上級生に比べると実績は乏しいということで、走るとすれば特殊区間の6区かなあと。


7区は市村、スピード抜群の選手で出雲でも好走していますが、ハーフも62分台をマークして長い距離に強いことも証明しました。となると、箱根でも起用される可能性は高いかなあということで、復路だったら7区あたりかなあと。


8区は小松、前回区間新で走っている選手、全日本でも好走していますし、ここは2年連続で任せるのが良いんじゃないかなあと。多くの大学が実力者を起用しづらい8区において、区間記録保持者がいるのは大きいです。9区は郡司、前回は10区で優勝のゴールテープを切っていますが、全日本でも好走を見せていましたし、安定感抜群の選手、長い距離にも強いですし、復路のエース区間である9区を任せるに相応しい選手です。


10区は館澤としました。故障明けで起用されるのであれば、前半から突っ込む必要のある区間はちょっと任せづらい気が…ならば、スピードよりも安定した走りが求められる10区あたりが良いかなあと。

ある意味、最も区間配置予想がしづらい大学かもしれませんね。選手が揃いすぎていて…今回も西川や松尾を外して予想しましたが、走っても全くおかしくない…というかむしろ走る可能性の方が高そうですし。。。3大駅伝で実績のある選手と上尾ハーフで好走している選手しかいないわけですから、恐ろしいですよね。主力どころを欠いているとは思えないほどです。


大エースはおらず、6区の実力者が外れたとはいえ、5区に切り札を有しているのは大きく、復路の選手層はNo.1と言って良いでしょう。箱根で重要になるのはエース力よりも総合力や選手層ということも多いですからね。やはり、今年度も東海大学が優勝候補筆頭となるのでは無いでしょうか?


ただ、前評判通りに勝つのは難しいのが箱根でもありますし、優勝候補と言われた出雲では4位に留まっています。今回も優勝候補筆頭と目される中、最強世代が最終学年となった今年度、何が何でも今回の箱根は勝ちたいでしょうし、譲れない箱根となりますね。全日本との2冠、そして箱根連覇という偉業を達成出来るのか?東海の区間配置・そして走りが楽しみです!!

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。
是非とも予想してみてください♪

※1人1票でお願いします~

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします