第96回(2020年)箱根駅伝 創価大学 区間配置予想 ~初シードに向けて整ってきた戦力~

今日は創価大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根は。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。前年度は箱根予選で15位に沈んでしまい、予選落ち、今年度は全日本予選こそ12位に留まりましたが、箱根予選では安定した走りを披露して5位通過、3年ぶり3度目の箱根通過を決めました。

4年:M・ムイル、米満 怜、築館 陽介

3年:原富 慶季、右田 綺羅、福田 悠一、鈴木 大海
   石津 佳晃、鈴木 渓太


2年:嶋津 雄大、永井 大育、三上 雄太

1年:P・ムルワ、葛西 潤、横山 魁哉、新家 裕太郎

箱根予選を走った12人からは、チーム10番手だった大澤、11番手だった上田、12番手の鈴木ニムラと3人が外れていますが、いずれもチーム下位だったことを考えると、しょうがない面もあるかなあ。持ちタイム上位の上田が外れてしまったのは、痛い気もしますが…14人のうち、この1ヶ月でベストを出した選手が9人かなあ?エース級を含め、好調の選手がきっちりとエントリーされている印象です。そんな創価大学の区間配置予想は以下の通りです。


葛西①ームイル④ー米満④ー福田③ー築館④
鈴木渓③ー原富③ー嶋津②ー石津③ー永井②

~往路~

1区は葛西、米満か葛西の2択だとは思うのですが、箱根予選で圧倒的な走りを見せた米満を1区はもったいない気がするんですよね。葛西ならば1区でもしっかりとまとめてくれそうですし、多少遅れてしまったとしても2区で巻き返すことが計算出来るというのも大きいですよね。ルーキーながら安定感もある葛西に期待です。


2区はムイル、ここはまず間違いないかなあと。もちろん、ルーキーのムルワの可能性もありますが、箱根予選は苦しんだとはいえ、ムイルの実力は折り紙付きですし、1年時も2区4位で走っている選手を2区から外すのはさすがに…3区は米満、箱根予選で7位で走っている選手、今年度の走りを見る限り、有力選手が揃うであろう3区でも十分勝負できそうです。


4区は福田、1~3区に主力級を起用してくるとなると、準エース区間である4区はより大事になってきます。5千で13分台のスピードを持ち、全日本予選も最終組を任され、箱根予選も3番手で走っている福田は往路の主要区間を走ってもおかしくないですよね。5区は築館、本人も5区を希望しているという話ですし、1年時も5区候補の1人ということで、満を持して最初で最後の箱根で5区を任せるというのが面白いのでは。箱根予選も81位でまとめていますし、走力もありますからね。

~復路~

6区はいつもどおり分かりませんが、本人が6区を希望している鈴木渓としました。今年度、活躍を続ける選手が基本的にエントリーされている中、持ちタイムは目立たず、3大駅伝・予選会で初エントリーというのも、6区の秘密兵器なんじゃないかなあという思いも込めて。


7区は原富、今年度は箱根予選に出場はしていないのですが、1万で28分台、ハーフで63分台を叩き出している原富はさすがに箱根10人には入ってくるかなあということで、復路ではスピードも求められることの多い7区としました。8区は嶋津、持ちタイムもぐんぐん伸ばし、箱根予選でもチーム8番手で走っていますからね。上級生中心とあるであろうチームにおいて、2年生にも期待したいですよね。


9区は石津、箱根予選でチーム2番手で走ったのは衝撃的でした。ただ、箱根予選以外ではそこまで目立った走りは見せていないだけに、いきなりの往路というのは考えづらく、ならば復路のエース区間である9区あたりでどうかなあと。箱根予選のような走りを見せてくれれば。


10区は永井としました。箱根予選でチーム6番手の選手を外すことは無いかなと。前年度の箱根予選から200位以上も順位を上げてくるなど、力をつけていますし、箱根デビューもありそうです。ただ、走るなら復路でしょうし、10区としました。

いい意味で10人を選ぶのが難しいですよね。今回は10人に入れませんでしたが、前年度は関東連合で走っている鈴木大や1万で28分台を叩き出している右田らもいるわけですからねえ。箱根予選で結果を残した選手に自己ベストを一気に伸ばしてきた選手が加わり、一気に選手層が厚くなってきたように思えます。


2年連続で箱根予選落ちをしていたとは思えないほど、チーム力はついてきていますよね。榎木監督となってから、チームは良い方向に進んでいますし、なんといっても監督は中央大学時代、箱根で4年連続で区間賞を獲得している驚異的な選手でした。箱根での采配も楽しみになりますよね~


箱根では過去最高順位は12位とまだシードを獲得するには至っていませんが、今年度の戦力を考えると、シード争いに絡んできてもおかしくないのでは?と思えるほどです。同じような時期に箱根デビューを果たした東国大は既に全日本4位など素晴らしい成績を残していますし、創価大も負けじと箱根でも結果を残して欲しいです!!

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。
是非とも予想してみてください♪

※1人1票でお願いします~

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします