上尾ハーフ(2019/11/17) 大学別雑感その1 ~箱根予選会校編~

本日、上尾ハーフが行われました。コンディションもよく62分台が大量に出るなど、好タイム連発でしたね。まだ公式結果は出ていませんが、Twitterに200位までが載っていたので…ハーフ持ちタイムにも反映しております。まずは箱根予選会校で自己ベストを出した選手を中心に見ていきます。

東京国際大学

箱根予選、全日本と驚異的な結果を残し続ける東国大、内山が63分39秒でチーム5番手、中島が63分45秒で6番手、さらに荒井が64分15秒で10番手に入ってきています。杉崎も64分21秒で11番手と続いていますし、箱根予選や全日本で好走した選手以外にも好タイムでの自己ベストを出しているのが凄いんですよね。箱根に向けてはいい意味で10人を選ぶのが悩みそうですね。

神奈川大学

西方が63分1秒でチーム2番手のタイムとなりました。トラックに強い印象でしたが、ハーフの距離にも対応してきたということで、箱根に向けても楽しみになってきました。さらに、ルーキーの鈴木も63分54秒で5番手に。今年の1年は島崎以外はなかなか台頭してきていない印象でしたが、一気にハーフで結果を残してきたのは大きい。4年の安藤も64分20秒でチーム10番手と3大駅伝未経験の選手が3人もトップ10に入ってきました。


2年生は他に呑村が65分44秒、淵田が66分ジャストで初ハーフを走っています。箱根に向けては新戦力の台頭が見られた良いレースだったのでは。

日本体育大学

自己ベストラッシュに沸いた日体大、その中でも箱根予選で好走したルーキーの藤本が62分46秒をマークして早くもチームトップに浮上しました。恐るべきルーキーですね。。。さらに、亀田が63分33秒でチーム3番手、そろそろ3大駅伝デビューが待たれます。野上が63分41秒で5番手、嶋野が64分3秒で6番手と3年生がズラッと自己ベストをマークして上位に入ってきていますね。


すると、冨田が64分5秒で7番手、白永が64分10秒で9番手、廻谷が64分18秒とこちらは4年生が自己ベストラッシュ、トップ10のうち6人が自己ベスト更新となりました。さらに、トップ10圏外を見ても…ルーキーの盛本が64分21秒、大内一が64分29秒、ルーキーの名村が64分53秒と64分台で自己ベストを出しています。


65分台では、松尾が65分6秒、小縣が65分11秒、岡嶋が65分34秒で自己ベストと多くの選手が自己ベストに湧く収穫の多い上尾ハーフとなりましたね。箱根でのシード返り咲きに向けて一気に選手層が厚くなってきた印象です。

明治大学

ルーキーの加藤が63分29秒と素晴らしい走りでチーム4番手に浮上。全日本予選で好走後は故障もあって姿を見せていませんでしたが…華麗な復活を遂げてきました。こんな走りを見せられると、箱根でも見てみたくなりますよね。

創価大学

原富が63分38秒の好タイムでチーム3番手に。ダブルエースに次ぐ持ちタイムとなりました。まだ3大駅伝に出場経験の無い3年生ですが、こんな走りを見ると箱根へも期待が高まります。他には右田が65分21秒で自己ベストとなっています。

日本大学

宮崎が63分53秒で一気にチーム2番手に浮上しました。前回の箱根では6区で苦戦しましたが、今回の走りは良かったですね。ルーキーの松岡も64分56秒で8番手、5千でも好走を見せていましたし、自己ベストラッシュとなっていますね。疋田も65分4秒でチーム10番手とトップ10のうち3人が自己ベストとなっています。


さらに、65分台では65分15秒の大倉、65分39秒でルーキーの若山、65分43秒で橋口、65分52秒で遠田とタイム的にはもう一歩かもしれませんが、自己ベストをマークした選手が多かったですね。

国士舘大学

加藤雄が63分59秒でチーム3番手をいきなりマークしました。先日1万でベストを出したと思ったら、ハーフでもこの好タイム…最初で最後の箱根出場もあるでしょうか?福田が64分21秒でセカンドベストを出した他、孝田が64分35秒とこちらも1万に続いての自己ベスト。曽根も65分8秒、杉本恭が65分59秒で自己ベストと上級生の好走が目立ちました。勢いのある1年生に負けていられませんしね。

早稲田大学

三上が64分8秒でセカンドベストと上々の走り、3年の住吉が64分41秒で10番手に入ってきましたね。3年生はながらく宍倉、吉田、渕田の3人が抜け出ている状況でしたが、新たにハーフでトップ10に入ってきた選手がいるのは今後に向けて収穫なのでは。

中央大学

畝が62分59秒でチーム2番手に浮上。前回から最も戦力アップしそうなのが畝の復活ですよね。箱根5区でも他の区間でも大きく期待できそう。岩佐が64分16秒でチーム6番手となる走りを見せています。故障に苦しんだ4年の二井が64分54秒で自己ベストをの走りを見せてくれたのは嬉しいですね。ルーキーの小林が65分42秒で初ハーフを走っています。

上武大学

ルーキーの丸山が64分41秒でチーム6番手、渡辺が64分47秒で7番手に入っています。箱根予選を走っていない丸山が64分台で走ったのは大きな収穫なのでは。また、加藤も65分20秒でチーム10番手とトップ10のうち3人が自己ベスト更新はまずまずと言えるのでは。

城西大学

雲井が64分9秒でセカンドベストをマークした他、2年の宮下が64分25秒でチーム6番手、田部も64分38秒でベストとなっています。箱根予選落ちからの復活を目指すチームにおいては、まずまずかなあ。新戦力がどんどん出てきてほしいですしね。

山梨学院大学

オニエゴが64分2秒でチーム3番手のタイムに。どうしてもムルアに注目が集まってしまいますが、オニエゴもコツコツとタイムを伸ばしてきていますね。齋藤が64分19秒でチーム6番手、田矢が64分55秒で9番手、日影が64分56秒で10番手とトップ10のうち4人が自己ベスト更新というのは上出来なのでは。


他にも、小西が65分53秒、川口が65分57秒の自己ベストで走っていますし、66分台では、66分14秒の吉田、66分16秒の篠原らがベストで走っています。来年度に向けては、収穫のある結果でしたかね。もう少し、65分台、66分台だった選手がタイムを伸ばせればなお良かったでしょうが…

大東文化大学

ルーキーの井田が64分45秒でチーム7番手に入っていますね。箱根予選は苦しみましたが、やはり1年で箱根予選を任されるだけのことはありますよね。4年の浅野が65分11秒で初のハーフを走っています。あまり、上尾ハーフを走った選手はいなかったのかなあ。日体大の5000mに出場している選手が何人もいましたし、まずはトラックでのタイムを伸ばしていくのかなあ。

This content cannot be displayed in widgets.