第51回全日本大学駅伝(2019)戦力分析&区間配置予想 ~城西大学~

続いては、城西大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。箱根予選では…15位で予選落ちとなってしまいました。前回の箱根はエース荻久保を欠いての大苦戦…だと思っていましたが、想像以上の大惨敗でしたね。。。全日本が3大駅伝最後のレースとなってしまいました。

4年生

荻久保 寛也、西嶋 雄伸、中原 佑仁、宮澤 真太

前回の全日本で2区区間賞、箱根予選でも6位で走っているエースの荻久保、前回の全日本では1区16位、箱根予選では300位という結果に終わった西嶋、前回の全日本では5区12位、箱根予選では318位で走っている中原、3大駅伝はまだ未経験、2度目となった箱根予選では176位だった宮澤の4人。

3年生

菊地 駿弥、菅原 伊織、大里 凌央、野上 亮祐、
雲井 崚太、田部 雄作、志賀 颯太

1万で28分47秒を今年度マーク、箱根予選でも31位で走っている菊地、5千で13分50秒を今年度マーク、箱根予選では84位で走っている菅原、前回の全日本では3区12位、箱根予選では46位で走っている大里、1万で29分46秒のベストを持ち、箱根予選では210位で走っている野上。


ハーフで63分38秒のベストを持ち、箱根予選では280位で走っている雲井、1万で30分6秒のベストを持ち、箱根予選では208位で走っている田部、1万で30分9秒、ハーフで65分23秒のベストを持ち、箱根予選に続いてエントリーされた志賀の7人。

2年生

松尾 鴻雅

前回の箱根では6区21位、箱根予選では34位で走っている松尾が唯一のエントリー。

1年生

熊谷 奨

1万で30分31秒のベストを持ち、箱根予選では337位と苦しんだ熊谷が唯一のエントリー。

区間配置予想

箱根予選に出場した選手12人は全て全日本にエントリーされているんですよね。それだけ、箱根予選にも全日本予選にもベストメンバーで臨もうとしていたのでしょうが…箱根出場が無くなった今、選手のモチベーションも気になるところです。そんな城西大学の区間配置予想は以下のとおりです。


菅原3-荻久保4-野上3-松尾2-田部3-宮澤4-菊地3-大里3


4年生がどれだけ起用されるかも悩ましいところですが、箱根予選で上位8人に入った選手がそのまま走る予想としました。箱根予選の9番手は280位ですし、なかなかそのまま全日本を走るとは予想しづらいので…1区は菅原、5千で13分50秒のスピードを誇る選手ですし、高校時代には1区の好走もありましたからね~3大駅伝は未経験ですが、今年度の活躍を見ていると、距離が短く重要度の高い1区が相応しいかなあと。


2区は荻久保、前回はこの区間で区間賞を獲得している絶対的なエース。もちろん、7区や8区への起用もあるとは思いますが、来年度以降も見据えるとなると、7,8区は選手が揃う3年生に託したい…そんな考えもあって、前回と同じ2区と予想しています。3区は野上、3大駅伝は未経験、箱根予選はチーム8番手という走り、比較的1万のタイムも良いので、短い区間の方が良いかなあということで、3区と予想しています。


4区は松尾、箱根予選の走りを考えればこちらも7,8区を走ってもおかしくない実績なのですが、まだ2年生に2週連続のハーフはさすがに厳しいかなあ?ということで、4区としています。ゆくゆくはエース区間を担う選手になって欲しいですよね。5区は田部、箱根予選はチーム7番手、1万のベストも30分台と他の選手と比べるとタイム・実績ともに劣るだけに、8番手が走ることも多そうな5区の方が良いかなあと。


6区は宮澤、ハーフは64分30秒台を2度走るなど長い距離は問題無いですし最上級生、7,8区をエース格に託すとなると続いて距離が長い6区が妥当かなあと。4年生は荻久保しか走らない可能性もあるかなあと思っていますが、もう1人は走ってほしいという思いも込めて。


7区は菊地、1万で好タイムをマークしている一方で箱根予選でも好走と持ちタイムにふさわしい走りを見せてくれました。来年度のエースとなるのは菊地でしょうし、ならば他大のエースが揃う7区で勝負して欲しいですね。8区は大里、前回の箱根はチーム総崩れの中、唯一と言っていい10区での好走、箱根予選もきっちり走り、ハーフの持ちタイムが良いことも考えると、箱根に続いてアンカーを任せるのが相応しいかなあと。


全日本に出場する大学では唯一、箱根予選落ちとなる大学になってしまいました。それも、全日本ではシードを持っていたわけですから、この結果は辛いですよね。。。ただ、この全日本が今年度は最初で最後の3大駅伝となってしまったわけですし、精神的ダメージも大きいでしょうが、絶望のままただ出場するだけではもったいなさすぎますよね!


3年生が主力になりつつあるチームで来年度の箱根即復帰を目指す中、全日本を経験することで得られるものは少なくないでしょうし、前回の全日本シード校の意地を感じさせるようなレース、見せてほしいです!!


全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!