第51回全日本大学駅伝(2019)戦力分析&区間配置予想 ~順天堂大学~

続いては、順天堂大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。前回の全日本では総合13位と苦しい走り、ここ最近は全日本で苦戦することが多いですね。シード争いにも絡めていないですし…出雲は8位となっています。

4年生

藤曲 寛人、橋本 龍一、野田 一輝、
小畠 隆太郎、難波 皓平、鈴木 雄人

前回の全日本は2区11位、出雲では2区8位で走っている藤曲、前回の全日本では3区15位、出雲では3区9位、今月28分49秒で走っている橋本、2年前の全日本では5区15位、1万で28分52秒を持つものの、故障に悩まされている野田。


5千で14分20秒を先月、1万で28分54秒を今月マークし3大駅伝初出場を目指す小畠、前々回の全日本では8区8位、前回は8区17位で走っている難波、5千で14分29秒を先月、1万で29分40秒を今月マークしており、3年連続の全日本エントリーとなる鈴木の6人。

3年生

野口 雄大、清水 颯大、澤藤 響、矢野 直幹

前回の全日本は1区14位、出雲では1区11位で走っており、今月28分58秒をマークしている野口、今月は1万で29分7秒のセカンドベストをマーク、出雲に続いてエントリーを果たした清水、前回の全日本は5区9位、出雲では6区9位で走っている澤藤、5千で14分14秒を先月マークし出雲に続いてエントリーを果たした矢野の4人。

2年生

小島 優作

前回の全日本では6区19位、出雲では4区11位で走っており、1万で29分16秒を今月マークしている小島が唯一のエントリー。

1年生

西澤 侑真、野村 優作

1万で29分11秒を今月マークし、出雲に続いてエントリーを果たした西澤、1万で29分22秒を今月マーク、出雲では5区13位で走っている野村の2人。

区間配置予想

13人中10人と上級生が多い布陣ですが、比較的順当なエントリーと言えそうですね。これまでに実績のある選手、直近の順大記録家位でタイムを伸ばしてきた選手が入ってきています。しかし、先月の5千でベスト連発の順大記録会に続いて、今月は1万で自己ベストラッシュ。28分台のベストが3人、29分前半のベストが3人ですねえ。ルーキーも1万で結果を残していますし、頼もしい限り。そんな順天堂大学の区間配置予想は以下のとおりです。


野口3- 橋本4-西澤1-藤曲4-小島2-小畠4-澤藤3-難波4


1区は野口、前回の全日本、先月の出雲のいずれも1区を任されていますし、やはり野口は1区固定でいくのではないかなあと。5千で13分台、1万で28分台のスピードもありますし、後は3大駅伝で結果を残してくれれば、、、スピードもあるだけに1区は適しているはずなので…


2区は橋本、前回はエースの塩尻を4区に回しましたが、他大の戦略を見てもエースを4区まで残す余裕は無さそう。となると出雲3区を任され、28分台のベストも先日マークしている橋本に任せるのが良さそうかなあと。3区は西澤、今回はルーキーは1人だけ起用と予想しています。となると、野村よりも1万で好タイムをマークし、出雲を走っていない西澤を見てみたいなあと。距離が短い3区あたりが良さそう。前回はルーキーを距離の長い6区に起用して苦しみましたし…


4区は藤曲、前回も2区を走っている選手ですし、2年連続の2区も有り得そうですが、橋本が2区ならば、主要区間よりは比較的重要度の高い4区あたりでどうかなあと。5区は小島、前回は6区19位でしたが、どんどん自己ベストを更新しているところを見ると、再び全日本でも見てみたい選手、ただ前回苦戦した6区は回避したいなあということで、5区でどうかなあと。


6区は小畠、1万で28分54秒のベストはびっくりしました。4年にしてまだ3大駅伝の経験はありませんが、こんな走りを見せられると、3大駅伝でも見てみたいですよね。ただ、これまでの実績はあまり無いため、距離は長いものの、比較的重要度は低めの6区あたりで気楽に走ってくれれば。


7区は澤藤、長い距離に強い選手に任せたい区間ですし、出雲でも最長区間の6区を走っていますからねえ。前回も5区9位と一桁で走っており、箱根では重用区間である1区を任されていることを考えると、再び主要区間を任されるにふさわしい選手では。8区は難波、すでに2年連続で8区を任されている選手ですからねえ。前回は苦しみましたが、前々回は一桁で走っていますし、関東インカレハーフで入賞するなど長い距離に定評のある選手、最長区間を走ってほしいですね。


5千、1万と自己ベストラッシュに沸いているものの、出雲ではそれほど目立った走りを見せられていないのが、やや気になりますねえ。この流れを3大駅伝にも活かしていきたいところなのですが。ただ、5千でベストを更新しているのが13人中、9人、1万で更新しているのが7人というのはやはり凄いです。総合力という点では、前年度も上回ってきている印象です。


どの学年からも自己ベストを出していますが、特に1年生が元気ですね~野村、西澤は5千、1万のいずれもベストを更新し、今回はエントリーされなかった伊豫田も1万でタイムを伸ばしていますし。ただ、現在のチーム状況ではやはり上級生が中心となって言ってほしいところですし、主力として期待される野口、橋本、澤藤あたりが主要区間で戦えるようになれば、シード争いにも十分絡んでいけそうです。自己ベストラッシュを3大駅伝の結果にも繋げてほしいです!!


全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします