第51回全日本大学駅伝(2019)戦力分析&区間配置予想 ~明治大学~

続いては、明治大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。前回の全日本は最後の最後に逆転を許して9位、わずかにシードには届きませんでした。それでも、全日本予選は盤石の走りで2位通過を果たしています。

4年生

三輪 軌道 、河村 一輝

1万で28分53秒のベストを持ち、全日本で3区6位、箱根で4区7位と好走を続けている三輪、ハーフで64分4秒のベスト、2年前の全日本で3区14位で走っている河村の2人。

3年生

小袖 英人、村上 純大、前田 舜平、長倉 奨美、樋口 大介

関東インカレ1部の1万mで8位入賞、全日本では4区9位、全日本予選では4組8位と好走しているエース格の小袖、1万で28分58秒のベストを持ち、全日本5区7位、箱根9区10位と上々の走り、全日本予選で3組9位と結果を残し続けている村上、前回の箱根では6区8位と好走、全日本予選では3組でトップの走りを見せている前田。


5千で14分25秒、1万で29分49秒のベストを持ち、3大駅伝で初エントリーを果たした長倉、1万で29分55秒のベストを先月マーク、1年の箱根予選以来の3大駅伝・予選会エントリーを果たした樋口の5人。

2年生

鈴木 聖人、手嶋 杏丞、金橋 佳佑

1万で28分55秒のベストを今年度マーク、全日本では1区15位、全日本予選では4組9位と快走を見せているエース格の鈴木、1万で29分45秒を今年度マークしている一方、5千で14分7秒、ハーフで63分51秒と好タイムを有している手嶋、1万で29分56秒のベストを先月マーク、5千で14分24秒のベストを持ち、全日本予選に続いてのエントリーを果たしている金橋の3人。

1年生

小澤 大輝、櫛田 佳希、富田 峻平

5千で14分11秒、1万で29分50秒のベストをすでに高校時代にマークしている小澤、5千で14分6秒のベスト、1万で30分6秒を先月マーク、全日本予選でも1組7位と好走している櫛田、5千で14分27秒、1万で30分29秒のベストを大学に入ってからマークしている富田の3人。

区間配置予想

絶対的エースの阿部が外れてしまいました。箱根出場が狙えるような大学では最も外れて痛い選手なのではないでしょうか?日本人トップを争うことのできる選手なだけに…故障だということですが、前もって走れないことは知らされていたということが、まだ救いでしょうか…


阿部だけではなく、前回箱根2区を走った中島、28分台を持つ佐々木、箱根5区を走っている酒井、全日本予選で2組2位で走っているルーキーの加藤らが揃って外れています。エントリーとしては、かなり苦しい状況のように思えます。そんな明治大学の区間配置予想は以下のとおりです。


櫛田1-鈴木2-河村4-前田3-小澤1-手嶋2-小袖3-村上3


1区は櫛田、前回も1区にルーキーの鈴木を任せていましたし、これまでも坂口、阿部といった期待のルーキーに任せている明治ですし、距離も短くなっている1区ならば、すでに大学で実績を残しているルーキーに再び託すのも良いかなあと。2区は鈴木、前回の結果からエース区間となっていたこの区間、明治も阿部を起用しているほどですし、その阿部がいないのであれば、エースの1人である鈴木かなあと。


3区は河村、スピードのある選手ですし、全日本も経験のある選手、そのスピードを考えると、比較的距離の短い前半区間を任せたいですし、3区が適任かなあと。4区は前田、主力の1人ですし、7,8区もありえるかなあと思いつつ、後ろを任せられる選手はいるだけに、4区あたりが良いかなあと。前回も主力の1人である小袖にまかせていまし、繋ぎ区間では比較的重要度の高い4区としています。


5区は小澤、箱根予選は基本的には考慮しないですが、箱根予選にエントリーされていないルーキーに全日本を任せようというパターンは有り得そうですし、となると比較的負担の少ない区間である5区でどうかなあと。6区は手嶋、チームとしても好調な選手として名前が挙がっていますし、持ちタイムも良いですからねえ。鈴木以外の2年生にも出てきてほしいなあという思いも込めて、手嶋としています。


新エース区間の7区は小袖としました。阿部がいないとなると、今のエース格は小袖と鈴木だと思っているんですよね~前半のエース区間を鈴木に任せるのであれば、後半のエース区間は小袖に走ってほしいかなあと。ただ、ハーフの距離を2週連続は相当しんどいはずですが…8区は村上、ハーフの持ちタイムはそれほどではないですが、前回の箱根でも23km区間の9区をしっかりと走っていますし、箱根9区の単独走できっちりと走れる選手は全日本の8区にも向いているかなあと。



阿部を始めとして主力が何人もいないこと、そして箱根予選の翌週に全日本があるというのは明治にとっては相当苦しい状況、日程となっていますね。どちらも万全の状態であれば、全日本でシードを狙える戦力だとは思うのですが、箱根予選通過最優先であることを考えると、シード争いに加わっていくのは厳しそうかなあと。


今回は出場すると予想しませんでしたが、監督からもチームからも伸びている選手、3年の長倉、樋口に2年の金橋あたりが出場する可能性も十分にありそうですね。経験を積ませる全日本とするのか、主力が連戦でシードを狙っていくのか?チームとしての戦略も問われる全日本となりそうです。


全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします