第31回出雲駅伝(2019年)戦力分析&区間配置予想 ~東洋大学~

続いては、東洋大学の出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。前回の出雲はわずか12秒届かずに2位、最終区では5秒ほどの差にまで迫り、青学を追い詰めたのですが…

4年生

相澤 晃渡邉 奏太今西 駿介定方 駿

前回1区2位、箱根4区で驚異的な区間新、ユニバハーフ優勝など日本人No.1ランナーの呼び声高い相澤、5千で13分43秒のタイムをマークするも、その後は故障に悩まされ続け、前年度は3大駅伝不出場、そこから復活を遂げた渡邉、前回は5区区間賞、箱根でも6区3位の快走など3大駅伝で結果を残し続けているものの、今年度はあまり姿を見せていない今西、関東インカレハーフで6位、1万でも29分27秒まで伸ばしてきた定方の4人。

3年生

西山 和弥大澤 駿

前回は2区6位も箱根では1区で2年連続の区間賞、相澤に次ぐエースとして期待のかかる西山、前回の箱根では10区10位、1万では29分16秒のタイムを持つ大澤の2人。

2年生

鈴木 宗孝宮下 隼人蝦夷森 章太

前回の全日本では6区5位、箱根では8区3位の快走を見せ、1万mでも29分17秒を持つ鈴木、関東インカレハーフでは2位と表彰台に上がる素晴らしい走り、1万mでも先月29分28秒をマークしている宮下、関東インカレハーフでは4位入賞、ハーフの距離で結果を残し続けている蝦夷森の3人。

1年生

児玉 悠輔

5千で高校ベストの14分3秒を持ち、国体5000mで4位、都道府県対抗で1区2位などトラック、ロードで高校時代の実績が豊富な児玉が唯一のエントリー。

区間配置予想

前回6区区間賞を獲得している吉川を欠いたのは痛いですね。エース区間で戦える貴重な選手なのですが…その一方で、久しぶりのエントリーとなった渡邉に今年度はあまり姿を見せていない今西、鈴木らが駅伝にはきっちりとエントリーされてきたのは収穫、その一方でエース格の相澤、西山に関東インカレトリプル入賞を果たした宮下、蝦夷森、定方の3人も入ってくるなど、実績のある選手、今年度勢いのある選手が入ってきています。そんな東洋大学の区間配置予想は以下のとおりです。


児玉(1)-渡邉(4)-西山(3)-宮下(4)-今西(4)-相澤(4)


いやあっ、予想をするのが難しいですね。。。そもそも、日体大記録会の結果を見てみないと何とも言えないところなのですが…まず、東洋がとにかく重視しているのが3区です。過去8大会、この3区を任されているのは悠太、服部兄弟、山本修の4人だけです。となると、大エースの相澤を3区が順当なのでしょうが、、、相澤1人の力が現状はずば抜けている現状を考えると、最長区間で最も差がつく6区が良いのかなあということで、6区は相澤と予想しました。多少の差ならば一気に追い抜くだけの力がありますしね。


となると、3区を任せられるのは相澤に次ぐエース格の西山しかいないかなあと。今年度はちょっと振るわないのが気になりますが…それでもこれまでの実績は豊富ですし、エース区間を走ってもらわないと困る選手ですからね。西山、相澤を3,6区とすると、今度は困るのが1区…ここにルーキーの児玉が抜擢されると予想しました。児玉は都道府県対抗でも1区で好走しており、ラストも強い選手、ルーキーの1区抜擢は啓太や西山らの例がありますが…児玉も見てみたいなあという思いもあります。今年度のルーキーへの期待も大きいみたいですし。


2区は渡邉としました。重要かつ最短区間の2区はスピードのある選手を起用したいところ、ただエントリー中13分台は3人しかおらず、西山、相澤のほかは渡邉だけなんですよね。コンディションが気になるところですが、出雲にエントリーされるくらいなら大丈夫かなあという思いと走るなら短い距離が良いかなあという思いも込めての2区という予想です。



4区は宮下、関東インカレハーフの走りは衝撃的でしたし、1万mも29分20秒を直近でマークしているとなると、出雲からの起用もあるのではないかなあと。となると、いきなりの主要区間よりは比較的6番手の選手が走ることも多い4区あたりが無難かなあと。5区は今西、今西もコンディションが分からないのが不安ですが…過去に2度5区を走っていて前回は区間賞ですからね。好走経験があるのは大きいですし、エントリーされるのであれば大丈夫だろうという思いも込めて、5区としています。


実績のある選手を優先するのか、今年度好調な選手を優先するのかが難しいですよね。関東インカレハーフで入賞した3人はいずれも走ってもおかしくないですし、その一方で今西、渡邉、鈴木と3大駅伝で好走経験のある選手も捨てがたい…ある意味、最も区間配置が予想しづらい&楽しみな大学かもしれません。


前回3区で好走した山本修が抜け、6区で区間賞の吉川がいないという布陣はやはり不安が残ります。前回は素晴らしかったですが、東洋は過去4大会で3位以内は1度だけですし…エース力では前回に劣るかもしれませんが、勢いのある選手も増えてきましたし、主力が戻ってきたのも収穫。まずは出雲から東洋の強さを前回同様に見せてほしいですね!!


出雲駅伝の区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします