2019年 トラックシーズン振り返り ~創価大学~

続いては創価大学についての走りを5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。選手一覧はこのようになっております。 5千での好タイムが特に目立ちましたかね~。また、ルーキーの葛西も早速の活躍を見せています。

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:14点(2~4、9位)

ルーキーのムルワが13分50秒でチーム2番手、セカンドベストである13分53秒のいずれも7月にマークしていますね。今年度はムイルが中心になるでしょうが、ムルワも早速自己ベスト連発と力を見せているのは来年度以降に向けても収穫かな。


日本人エースの米満も13分55秒をマークして自己ベストを4秒更新、既に13分台のベストを持っていましたが、さらにタイムを伸ばしてきました。全日本予選ではらしくない走りになってしまいましたが、やはりチームを牽引するのは米満かなあと。持ちタイムでもそれを示してくれたのでは。


順当と思える2,3位に対して意外だったのが4位、嶋津が14分3秒の好タイムで自己ベストを23秒も更新してきました。高校時代から1万mで好タイムを持っている選手でしたが、5千でここまでタイムを伸ばしてくるとは…まだ3大駅伝は未経験の2年生ですが、これは一気に割って入ってくるかも。。。


福田も14分18秒でベストを7秒更新し、チーム9番手に浮上。全日本予選でも最終組を任せられるほどですし、主力どころがきっちりとタイムを残してきました印象ですね。関東インカレ5千では、ルーキー2人が出場しましたが、葛西は18位、濱野は31位と苦しい走りになりました。。。

10000m:7点(2、8位 )

ムルワが大学初の1万で29分3秒の好タイムをマークし、早速チーム2番手に入ってきました。近いうちに28分台もマークしてきそうですし、1年のうちにどこまでムイルに近づけているか。


期待のルーキー葛西が29分46秒をマークしてチーム8番手にランクイン、ベストを39秒も更新してきました。しかもこのタイムは全日本予選で3組15位と勝負レースでマークしたタイムですからね。やはり、ただものではないルーキーですよね。


トップ10圏外では、初の1万を経験したルーキーたち、濱野が30分18秒、横山が30分48秒、甲斐が31分15秒で走っていますね~横山、甲斐は全日本予選でのタイムということを考えれば、まずは良い経験だったのでは。


関東インカレでは、ムイルが3位と表彰台に上がり、米満も入賞にあと一歩届かずも9位と好走、エースと日本人エースが1万mではその強さを見せる結果となりました。他大の主力とも十分渡り合えますよね。

その他種目

関東インカレでは大澤が3000m障害で5位に入ったのが素晴らしかったですね。関東インカレでムイル以外が入賞するのはなかなかに厳しいと思っていただけに…5千も14分10秒台のベストをもっていますし、3大駅伝にもそろそろ出場して欲しい選手の1人です。


ハーフでは築館の15位は上々の走りかなあ。さすがは経験豊富な最上級生なだけのことはあります。一方で小野寺は34位、嶋津は途中棄権と2年生コンビは苦しい結果となってしまいました。特に嶋津はハーフで64分18秒を4月にマークしていただけに、期待していたのですが・・・

全日本予選では葛西やムイルの好走もありましたが、エースの米満が1組に回った時点で戦力的に厳しく、鈴木大も主力の走りを見せられなかったですからね…ちょっと日本人の主力が奮わない結果となってしまい、総合12位に留まっています。1年生が3人走ったことを考えればまずまずかなあ。

続く大一番は、もちろん3年ぶりの本戦出場を目指すは箱根予選ということになりますね。前回はエースのムイルを欠いたこともあり、さらに終盤に大きく失速してしまい、まさかの総合15位に沈んでしまいました。さすがに増枠で予選通過を逃すだけでなく15位まで苦しむとは思いませんでした。

ムイルが完全復活を果たしてくれるのは当然として、前回2桁順位で走っている鈴木大、米満、上田らの主力級には大きく貯金を稼ぐ走りを期待したいですし、ルーキーの葛西も長い距離は未知数とはいえ、やはり1年目から楽しみな選手ですよね~留学生以外にも稼ぐ選手が何人も出てこないことには、箱根出場は近づいてこないですからね。

ここに、築館、石津、嶋津、福田といったハーフでタイムを持っている選手もメンバーに入ってくるでしょうし、原富、松本、永井と前回の箱根予選に出場した選手たちもさらに順位を上げてきたいところですよね~各選手が力を発揮出来れば、十分箱根予選突破は狙えると思うのですが、この2年はベストメンバーを組めなかったり、らしくない走りを見せてしまった選手が多いのもまた事実、このままズルズルと予選落ちを続けるわけにもいきませんし、今年度こそ、箱根返り咲きを果たしてほしいものです!!

This content cannot be displayed in widgets.