2019年 トラックシーズン振り返り ~國學院大學~

続いては國學院大學についての走りを5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。選手一覧はこのようになっております。 トラックシーズン、最も存在感を示した大学の1校がこの國學院だったのでは?エースたちの活躍、新戦力の台頭と見どころ満載でした。

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:19点(1、3~6位)

13分45秒を叩き出した浦野が自己ベストを7秒更新してチームトップタイムに。セカンドベストである13分52秒を今年度マーク、関東インカレ5000mでも日本人トップの6位と無類の強さを発揮しています。ロードでの強さが圧倒的でしたが、トラックでもその強さを存分に発揮し、もはや大学トップクラスランナーにまで上り詰めましたね。。。


ルーキーの中西大が14分5秒でベストを0.41秒ですが更新して3番手に入っていますね。1万mでも早速好タイムをマークしていますし、期待の高まるトラックシーズンとなりました。さらに藤木が14分6秒でチーム4番手、エースの土方が14分7秒でベストを0.53秒ですが更新し5番手に入っています。主力たちが順当にタイムを伸ばしてきています。


河東が14分19秒でベストを7秒更新し6番手に入っています。タイム上は5番手と6番手で12秒も差が空いているんですよね。1万に比べると、5千では目立ったタイムを持っている選手は少ないですからね。まだまだ、タイムは伸ばせそうですよね~


トップ10圏外では、田中が14分25秒でベストを10秒更新、森が14分31秒でベストを1秒ですが更新していますね。主力どころの活躍が目立つ5千mとなりました。

10000m:15点(1、3、4、8位 )

浦野が1万mでも28分25秒でベストを26秒も更新し、チームトップの持ちタイムとなりました。5千も素晴らしいですが、1万もさすがの走り…関東インカレでも日本人トップの4位に入っていますからね。絶対的エースとして3大駅伝での走りが楽しみすぎます。。。


さらに、ともに28分46秒をマークした藤木、島崎がチーム3,4番手に入っています。藤木は自己ベストを51秒、島崎は40秒とともに大幅に自己ベストを更新し、チーム3,4番手に入っています。1年目から活躍していた藤木に今年度になって一気にタイムを伸ばしてきた島崎、11番手ですが29分43秒で38秒も更新した殿地、この2年生トリオの活躍に期待せずにはいられませんよね。


さらに、ルーキーの中西大は1万でも29分34秒をマークし、8番手に入っていますね。これだけ続けて結果を残すとなると、1年目から3大駅伝の出番も十分ありそう。全体的にも、3大駅伝経験者や今年度出場が期待される選手がタイムを伸ばしてきた印象です。

その他種目

関東インカレハーフで、土方が見事に優勝を果たしたのが印象てきでしたね。ラスト、トラックまでもつれた優勝争いを見事に制しました。箱根2区での快走、学生ハーフ4位の走り、そして関東インカレとハーフの距離で好タイムを連発しています。


浦野の走りが凄すぎますが、土方も十分すぎる結果を残しています。さらに、茂原が10位、殿地が13位と他の2人も上々の走りを見せており、箱根に向けて俄然楽しみが増す結果となりました。

浦野、土方というエースに藤木、島崎が28分台での好走でついに28分台は5人に。ここにルーキーの中西大が好走を見せるなど、収穫が非常に多いトラックシーズンとなりました。チームとしては3大駅伝全てで過去最高順位を目指し、箱根は往路優勝&総合3位という高い目標を立てている國學院ですが、少なくとも3大駅伝で過去最高順位というのは現実的な目標ですよね~

出雲は確か10位が最高順位のはずなので、今のチーム力を考えれば更新出来ない方がおかしいですし、全日本は前回の6位が最高順位となりますが、これも更新してきてもおかしくは無いですが…前回のトップ5、青学、東海、東洋、駒澤、帝京といずれも今年度も力のある選手が揃うだけに、ここに割って入るのは容易では無さそうかなあ。

箱根は前回の7位がこちらも最高順位、往路は前回3位に入ったメンバーが全員残っていますからね~そこから各選手が力をますますつけていることを考えると、前回以上の走りも期待してしまう。。。本当に今年度の國學院は3大駅伝全てで楽しみな存在なんですよね!!これまでに無く高い前評判で臨むことになるでしょうが、そんな大きな期待に応えるような走り、見せてほしいです!!!

This content cannot be displayed in widgets.