インターハイ2019 ~3000m障害予選~

2019年8月11日

インターハイの4日目、3000m障害の予選が行われましたので、各組ごとに見ていきます。レース結果はこのようになっております。4組×3位+タイムで4人の合計16人が決勝に進出可能です。

3000m障害 ~1組~

樹徳の北村が9分8秒でトップ通過を果たしていますね。自己ベストは8分台を持っているトップクラスの選手ですし、順当なトップ通過かなあ。市立船橋の大吉が9分9秒が2位で続いています。こちらも自己ベストは9分3秒と上位のタイムを持つ選手ですし、これまた実力者が決勝進出を果たしています。


9分10秒を出した仙台二華の小原が3位通過、小原は8分51秒と三浦に次ぐタイムを持つ実力者ですからね。まさに実力者たちが順当に順位通過を果たしております。駒澤の内田は9分12秒でタイムでの通過を果たしています。自己ベストは9分10秒?ということを考えれば、上出来の決勝進出と言えるのでは。

3000m障害 ~2組~

札幌山の手のイブラヒムが9分2秒の好タイムをマークしてトップ通過を果たしています。これまで3000m障害で目立った走りは見せていなかったと思いますが…やはり留学生は恐ろしいですね。最近は3000m障害に出場する留学生も増えてきており、ますます長距離種目で日本人選手が優勝するのは難しくなっていますね。


鳥栖工業の中島が同じく9分2秒の2位で続いています。自己ベストは9分6秒のはずなので…この大舞台で4秒もベストを更新してきたのかな?こういう選手はどんどん強くなりそうな気が…楽しみです。この組はハイペースだったこともあり、タイムでの通過も2人入ってきています。


9分3秒をマークした敦賀気比の山下が4位、9分4秒をマークした洛南の諸冨が5位に入っていますね。諸冨は既に8分台のベストを持つ実力者ですから順当だとは思いますが、山下は5千で14分50秒台、3000m障害も9分20秒台が自己ベストなはずなのですが…これはびっくりです。

3000m障害 ~3組~

洛南の三浦が8分57秒でトップ通過を果たしています。2位に18秒差もの大差をつけていますね。8分39秒を持つ日本人高校記録保持者ですし、別格中の別格ですよね。正直、日本人選手に負ける姿は想像出来ないですね。。。決勝ではどんなタイムを叩き出してくるかが楽しみです。


2位には9分15秒で和歌山北の小久保が入っています。自己ベストは9分7秒かなあ?持ちタイムを見ても決勝進出を果たしてもおかしくない選手ですし、順当かなあ。3位に西京の菖蒲が9分17秒で入っていますね。8分59秒という自己ベストや勝負レースでの実績を考えれば、タイムも順位ももう一歩かなあ…

3000m障害 ~4組~

倉敷のキプラガットが9分14秒でトップ通過を果たしていますね。順位はもちろん順当なのですが、タイムが9分14秒というのはちょっとびっくりなほど遅いかなあ。8分21秒という日本記録に迫るようなタイムを有していますからね。本来の力からすれば、ダントツの優勝候補だとは思うのですが。


9分15秒で九州学院の中山が2位で続いています。自己ベストも9分15秒かなあ?正直2位通過というのはちょっとびっくりだったかなあ。同じく9分15秒で3位通過を果たしたのが創成館の竹下、自己ベストは9分13秒のはずなので、ベストに近いタイムで走っていますね。9分10秒台がベストの選手が揃って順位での通過を果たすというのも凄いですよね。勝負強さを感じる走りとなりました。



今日は大学駅伝夏号の発売日ですね。私も早速ゲットしてきました。中身はもちろん、データも欲しい私にとっては貴重な情報源ですからね~


大学駅伝 2019 夏号 (陸上競技マガジン8月号増刊)