2019年 トラックシーズン振り返り ~拓殖大学~

続いては拓殖大学についての走りを5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。選手一覧はこのようになっております。

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:17点(1~3、5位)

大学初の5千で14分7秒を出したレメティキが早速チームトップに立っていますね。関東インカレ2部5000mでも8位入賞を果たしています。ただ、まだ他の留学生と比べると力不足は否めずかなあ。それでも、ハーフも早速63分25秒をマークしていますし、エースとして君臨してくれることは間違いないでしょう。


14分11秒を出した赤崎がチーム2番手のタイムとなりました。セカンドベストである14分19秒も今年度マークしたものですし、日本人エースとして期待のかかる赤崎がまずはトラックシーズンで好走してきたのは収穫かなあ。14分24秒を出した石川がチーム3番手となっていますね。こちらもセカンドベストである14分29秒を今年度マークしています。


ただ、13分台がおらず、14分1桁が1人、14分10秒台が1人というのは寂しいというか、拓殖らしいというか・・・それでも、トップ3がそのまま自己ベストをマークというのは良いですよね。14分26秒を出した2年の竹葦も5番手に入っています。既にハーフで結果を残し箱根メンバー入りも果たしている竹葦ですが、短い距離でもタイムを縮めてきました。

10000m:7点(4、6位)

5千に続いて1万でもレメティキが29分20秒で大学初の1万mを走り、チーム4番手に入ってきています。うーん、タイムはもちろん悪くは無いのですが、どうしても留学生となると期待値が高くなりすぎてしまいますよね。徐々に活躍の場を高めていってくれれば。


29分46秒をマークした中井がベストを2秒ですが更新していますね。2年の箱根で9区7位と更新するも昨年度は3大駅伝にエントリーさえ無し・・・今年度の復活はあるのか?と不安もあっただけに、自己ベストを出せたのは大きいです。また、3大駅伝で活躍して欲しい選手ですし、完全復活に期待。


DB登録している選手では、他には自己ベストを更新した選手はいませんね。。。セカンドベストでも、昨年度の箱根で9区を走った清水が29分55秒で走ったくらいかなあ?大量17点を獲得した5戦に比べると、1万は7点にとどまっています。


関東インカレでは、レメティキの13位が最高で赤崎も22位に留まり、この大舞台ではちょっと全体的に奮わなかったかなあ。。。

その他種目

1500mでは、石川が6位入賞を果たしていますね。既にハーフでは63分30秒のベストを持ち、箱根でも主要区間の4区を任されている選手ですが、1500mのスピードもあるんですよね~1万も29分16秒のベストを持ち、1500m~ハーフの距離まで活躍しているのは頼もしい限りです。



関東インカレハーフでは、竹葦が22位で走ってはいますが、楠本は途中棄権、清水は棄権ということで長い距離に定評のある拓殖にとっては特に悔しい結果に終わっています。。。

今年度は箱根の好成績による全日本予選の免除により、3大駅伝はフル出場を既に決めています。トラックシーズンを振り返ると、持ちタイムを見る限りは新戦力の台頭というのはあまり目立たなかったかなあ。。。最も拓殖の場合、持ちタイムが良くは無くてもいきなり3大駅伝にエントリーされ、そして好走してしまうような選手が出てくるのが魅力でもありますよね。

昨年度は出雲で4位と好走したのが衝撃的でした。その主力メンバーは卒業してしまいましたが、赤崎に新留学生のレメティキ、5区を走った吉原らは健在ですし、5千でタイムを伸ばしてきた石川、竹葦など楽しみな選手も出てきましたよね~また、びっくりするような走りを見せてほしいものです。

全日本、箱根はシードが現実的な目標となってくるでしょうか?どうしても今年度の拓殖大は昨年度に比べると戦力的に物足りないかなあというのは否めないんですよね。前評判もそれほど高くはない印象です。ただ、3大駅伝フル出場を果たし、拓殖史上初の2年連続箱根シード獲得などいい流れでチームも来ているだけに、引き続き結果を残していって欲しいものです!!

This content cannot be displayed in widgets.