2019年 トラックシーズン振り返り ~中央学院大学~

続いては中央学院大学についての走りを5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。選手一覧はこのようになっております。

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:10点(2、5、8位)

川村が14分3秒で自己ベストを9秒更新し、チーム2番手となりました。1万では既に28分39秒を有している実力者、全日本予選でも最終組を任されていることを考えれば、全然驚くタイムでは無いですよね~エースの1人ですし、勝負レース江のさらなる活躍に期待です。


青柳は14分13秒でベストを12秒更新し、チーム5番手に入ってきましたね。青柳は1万でもベストを更新しています。全日本予選にも出場して1組3位と好走、同じ2年生では栗原や吉田、小野と力のある選手がいますが、青柳も負けじと存在感を見せてくれれば。


長山も14分16秒とベストを13秒更新し、8番手につけています。更新前の5千ベストは高2の12月以来ですから、4年8カ月ぶりの自己ベストですね~長山の場合、5千に限らず自己ベスト連発ですが…トップ10のうち、自己ベストを更新したのは3人だけですが、トップ10圏外は更新者が多いですね。


14分19秒の城田を始め、14分22秒の藤田、14分24秒の吉田、14分28秒の大濱、14分30秒の須永、畝に14分31秒の石原と多くの選手が自己ベストを更新しています。

10000m:5点(7、8、10位)

29分11秒をマークした栗原がチーム7番手に。自己ベストを一気に40秒も更新してきました。昨年度は3大駅伝フル出場、今年度は全日本予選でも最終組を任されていますし、持ちタイム、実績ともに着実に積み上げていますね。



同じく2年の青柳も29分20秒をマークしてチーム8番手、5千、1万ともにトップ10に入ってきました。このトラックシーズンで活躍した選手の1人ですね。さらに、長山も29分25秒をマークして10番手、こちらも5千に続いてのトップ10入りです。両部門で持ちタイムを更新し、さらに全日本予選で好走となると、駅伝シーズンに向けても期待は高まるばかりです。


トップ10圏外では、29分26秒をマークした須永がチーム11番手かなあ。こちらも5千に続いてのベストです。29分37秒の小野、29分39秒のベストを全日本予選でマークした吉田、29分57秒をマークした畝など、既に30分切りは20人以上ですからね。着実に選手層が厚くなってきています。

その他種目

関東インカレでは出場した選手がそもそも少なかったですが…3000m障害では、吉田が見事に優勝を果たしています。1年時に2位、そして今回は優勝と強さを発揮しています。ただ、他の種目は全体的に奮わなかったですかねえ。全日本予選で最終組を走った2人、栗原は5千で25位、川村は1万で24位止まりですし…中央学院が得意なハーフでも、有馬が19位ですからね。。。

全日本予選では最終組を含め、やや苦戦したものの…何とか5位とギリギリでの通過を果たし、5年連続の3大駅伝フル出場となりました。ここ最近の中央学院は、どうしてもベストメンバーが組めずに苦戦することが多いんですよね。。。出雲は比較的お試しの要素が強く、3大駅伝初出場の選手が起用されることも多いですが…

前年度の全日本は前回14位、箱根も10位というのは、中央学院の戦力からすれば物足りない結果ですよね。。。エース級が欠場しても、それを補う選手が台頭してくるのが、中央学院の魅力ではありますが…ベストと思われるメンバー、そして区間配置で挑む中央学院を見てみたい…全日本予選出場校の中では唯一の箱根シード校ということで、最も予選から全日本シードを狙う大学だと思いますし、戦力も充実していますからね~強い中央学院の走り、期待したいです!!

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします