2019年 全日本予選戦力分析 国士舘大学 ~留学生は盤石、日本人選手がどこまで戦えるか~

本日は国士舘大学の全日本予選における考察を行っていきます。選手一覧はこのようになっております。前回は1,2組の4人が35位以下と大きく沈んでしまったことが影響…他は3組2位の住吉、4組7位のギトンガなど好走する選手もいましたが、12位に終わり予選通過とはなりませんでした。

 

エントリー上位8人の平均持ちタイム(1万m)は私が把握している予選会出場校13校中7位となっていますね。ただ、28分7秒を持つヴィンセントに28分13秒を持つギトンガが入っていますので、一人しか出場出来ないことを考えると、9番手は30分6秒の福田、一気に113秒、8人平均だと14秒も下がってしまい、順位も7→12位となってしまいますね。タイム上は通過は非常に厳しいことに。

 

持ちタイムトップ8のうち、外れたのは8番手の杉本のみですから、エントリーは比較的順当ですね。3大駅伝経験者は全員エントリーされていますし、前回の全日本予選経験者は3人しかいませんが、鼡田・曽根・ギトンガの3人しかいませんが、こちらもメンバーに入っていますね。ルーキーでは14分36秒を持つ中嶋が唯一エントリーされています。

 

留学生はヴィンセント、ギトンガのどちらが出場しても問題は無さそう。ヴィンセントは関東インカレ1部5千で2位、1万で4位ですし、ギトンガも5千で3位に入っています。最終組でいずれもトップ争いまで期待出来る選手ですね。これまでの実績ではヴィンセントの方が上回っていますが、果たしてどうなるか…?

 

最終組の1人が留学生で確定的となると、ともに走る日本人選手が大事になってきますが…やはりまず筆頭候補として挙がるのが鼡田ですよね。前回の全日本予選は1組38位とまさかの結果に終わってしまいましたが…29分28秒と日本人トップの持ちタイムを誇り、箱根でも5区に2度出場、いずれも中位で走っていますからね。日本人エースとしてかかる期待は大きいです。

 

他の日本人選手では…29分38秒を先月マークしている長谷川も可能性はありそうかな。箱根では7区20位と苦しい走りに終わりましたが、着実に持ちタイムは伸ばしてきているのは心強いですね。ゆくゆくはエース格になって欲しい期待の2年生です。

 

全日本予選の経験者では、曽根が走っていますが、2組38位とこちらも苦しい走りになってしまいました。今年度は5千で14分28秒と自己べストを更新していますし、前回の借りを返す走りを見せてほしいところ。加藤は1年の時に1組25位で走っています。箱根でも10区を走っており、区間19位。1万mのベストである30分11秒も前年度マークしており、こちらも8人には十分入ってきそうかなあ。

 

他には、石川智が29分50秒のベストを持ち、箱根でも9区17位で走っていますね。まだ全日本予選は出場経験がありませんが、8人に入ってきても全くおかしくない選手です。福田も1年の箱根で6区を経験しており、ハーフ換算でも64分3秒のベストを持っている選手、こういった4年生が最初で最後の全日本予選出場がなるかも注目です。

 

持ちタイムでは、荻原が良いですね。5千で14分33秒、1万で29分53秒と5月に自己ベストを連発している勢いのある選手、一気にタイムを伸ばしたとなると、勝負レースでもその走りに期待は高まります。小早川も1万mで29分台を複数マークするなどトラックで着実にタイムを伸ばしており、長谷川、荻原も含めた2年生が伸び盛りという印象です。

 

こういった選手たちが全日本予選出場の候補になってきますが…正直、今回の全日本予選を突破するのは相当難しそうというのが、素直な印象です。留学生は前回以上に期待出来そうですが、日本人選手で実績のあるのはまだ鼡田くらいですし…その鼡田も全日本予選での好走経験はありませんからねえ。前回は藤江や住吉といった経験豊富な4年生が好走していましたが…

 

ただ、箱根予選を見据えるとなると、今回のような失敗出来ない全日本予選は最高の経験を積む場でもありますよね~個人的には予選で10位以内に入れれば上出来かなあという気もしていますが…今年度タイムを伸ばしてきている選手が何人もいますし、主力以外ではそういった伸び盛りの選手たちの走りにも期待したいところです!!

 

全日本予選順位予想の投票受付、まだ受け付けております。たくさんの投票、お待ちしております!!

※1人1票でお願いします

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします