関東インカレ2019 2部5000m ~浦野が1万に続いて日本人トップの好走~

関東インカレの振り返りも最後になります。2部5000mについて、入賞した選手を中心に振り返ります。公式結果はこのようになっております。入賞した8人は以下の通りです。

 

順位 氏名 所属 記録
1位 レダマ キサイサ(4) 桜美林大 13:44.57
2位 イェゴン ヴィンセント(1) 東国大 13:45.20
3位 ワンブア タイタス(3) 武蔵野学大 13:47.60
4位 ダニエル カヨウキ(1) 桜美林大 13:53.28
5位 ノア キプリモ(1) 日薬大 14:02.35
6位 浦野 雄平(4) 國學院大 14:06.98
7位 田澤  廉(1) 駒大 14:10.83
8位 ラジニ レメティキ(1) 拓大 14:12.15

 

留学生が6人も出場した2部5000m、そして、1~5位の上位独占を含む6人が全員入賞を果たすという結果に…やはりどの留学生も強いですね~2部で日本人選手が入賞を果たすのは至難の業です。そんな中、優勝したのはやはり桜美林のキサイサ、1万mも当然のように優勝を果たしていますが、5千でも13分44秒で2冠となりました。ラストの切れ味もずば抜けており、他の留学生であってもトラックで勝つのは困難です。

 

2位に東国大のビンセントが13分45秒で入り、こちらも順当ですね。既に13分30秒を今年度マークしていることを考えても、キサイサに次ぐ存在という印象だったので…3位に武蔵野学院のタイタスが13分47秒の自己ベストで入っていますね。この種目で唯一の自己ベストとなりました。1万mでも2位に入っていますし、強い留学生が順当に表彰台を占める結果となりました。

 

4位に桜美林のカヨウキが13分53秒で入り、1500mでの優勝に続いての入賞、そしてキサイサとともにダブル入賞ですね。桜美林の留学生、長距離種目で大量得点を獲得しています。5位に日薬大のキプリモが14分2秒で入りました。2位のビンセント、4位のカヨウキ、5位のキプリモと5人のうち3人が1年生という結果に…留学生は1年目から強いですね。

 

6位、日本人トップに14分6秒をマークした國學院の浦野が入ってきました。1万mでも日本人トップの4位に入っていますが、本当に恐ろしいほどの強さを誇りますね。2部も青学や駒澤、帝京ら箱根で国学院を上回る大学がズラッと揃っているのですが…大学トップクラスの実力に疑いの余地無いですね。箱根5区の走りも別格ですが、トラックでも平地のロードでもずば抜けた走りを見せてくれそう。

 

7位に入ったのが14分10秒をマークした駒澤のルーキー田澤、高校時代から実績豊富な田澤ではありますが、故障明けという状況を考えてもさすがに厳しいと思っていたのですが…この走りはびっくりしました。即戦力として一気に期待が高まりましたね。1年目から3大駅伝でも活躍してくれそう。

 

8位に拓殖のレメティキが入り、ここまでが入賞となりました。レメティキも1万は苦戦しましたが、5千では粘り強く入賞を果たすことに。これから力をつけていって欲しいです。9位には帝京の島貫が入りましたが、後一歩入賞には届かず。遠藤も12位ということでエースが揃った帝京でしたが、ポイントを獲得出来なかったのはちょっと残念でした。特に遠藤はもっと上に来るかなあとも思っていたので…

 

専修の長谷川は10位と今回は入賞ならずでしたが、エースとして毎年好走を見せてくれていますね~長谷川に続く選手が専修も出てきてほしいのですが。。。青学は、岸本が13位、鈴木が14位、中村が16位ということで1万mに続いて5千でも入賞を果たせず…ちょっと今回は1500m以外は存在感を示せなかったですね。1部の東海、2部の青学と箱根最上位校が5千、1万mで0点とは思わなかったです…

This content cannot be displayed in widgets.