関東インカレ2019 1部5000m ~法政の佐藤が1万に続き日本人トップの快走~

関東インカレ、最後に取り上げる種目は5000mとなります。1部5000mについて、入賞した選手を中心に振り返ります。公式結果はこのようになっております。法政の佐藤が1万mに続いての日本人トップという素晴らしい走り、日本選手権に出場した東洋の相澤、明治の阿部が入賞など各エースがそれぞれ見どころのある走りを見せてくれました。

 

順位 氏名 所属 記録
1位 ジェームズ ブヌカ(2) 駿河台大 13:45.03
2位 ライモイ ヴィンセント(2) 国士大 13:47.05
3位 ポール ギトンガ(3) 国士大 13:55.38
4位 佐藤 敏也(4) 法大 13:59.51
5位 相澤  晃(4) 東洋大 14:05.84
6位 荻久保寛也(4) 城西大 14:06.01
7位 阿部 弘輝(4) 明大 14:07.29
8位 三浦 拓朗(2) 中大 14:09.55

 

優勝したのは駿河台のブヌカ、13分45秒で国士舘の留学生コンビを上回り、栄冠を手にしました。これで、1万mに続いての2冠達成ですね。前回の5千は2部で8位だった選手ですが、この1年間での成長、留学生でもトップクラスの選手となりましたね。2,3位には国士舘のヴィンセント、ギトンガの留学生コンビが入りました。

 

ヴィンセントは13分47秒で2秒及ばず…今回は優勝候補の筆頭かなあと思っていましたが、後一歩でしたねえ。それでも、力のあるところはしっかりと見せてくれました。ギトンガは13分55秒とヴィンセントともちょっと離されることに。1年時の苦しさを考えると、3年になってよくぞここまで伸びてきたという感じですよね。ダブル表彰台で合計13点を獲得しています。

 

日本人トップの4位に佐藤、1万mで3位に入ったのにもびっくりしましたが、ここでも13分59秒とこの種目で唯一の自己ベストをマークしての4位となりました。1部の5千、1万で両方日本人トップというのは、まさにトラックでの日本人最強の証明かと思われますが…ロードで強いのは重々承知ですが、トラックでもここまでの強さを発揮するとは…この成長ぶりは凄まじいですね。トラックもロードも楽しみすぎます。

 

5位に東洋の相澤、日本選手権1万mでも好走を見せていましたが、今回の5千にもしっかりと合わせてきました。日本人トップでは無かったのは残念ではありますが…日本選手権に合わせていたことを考えると、しょうがないかなあと。むしろ、これだけ続けて結果を残し続けるのが凄いですよね。さすがは日本人最強と言われる選手です。

 

6位に城西の荻久保が14分7秒で入っています。1万mでは日本人2位の5位に入っていまので、これでダブル入賞とありました。城西のエース、完全復活どころかさらに強さを増しているような…トラックにロードに驚異的な結果を残し続けています。

 

7位に明治の阿部、なかなかコンディションが整わない状況という話でしたが、それでも入賞を果たしてきたのはエースの意地か。阿部には昨年度のような圧倒的な走りを見せてほしいですし、しっかりと状態を上げてきてくれれば。

 

8位には0.01秒差を制して中央の三浦が入ってきました。ルーキーだった前年度から結果を残している選手ではありましたが、関東インカレの5千で入賞するほど力をつけているとは…箱根は体調不良で走れませんでしたが、2年となってエース級の活躍を見せてほしいものです。

 

9位に入った明治の鈴木はちょっともったいなかったかなあ…ラストのラストで逆転されてしまったようで…せっかくのダブル入賞のチャンスだったのですが。。。それでも、鈴木も主力の1人として十分計算出来る選手になってくれましたね。10位に城西の菅原が入ったのはちょっとびっくり。確かにタイムを伸ばしてはいましたが、まだ勝負レースでの実績は乏しかったですからねえ。それだけ、強くなってきているということでしょうか?

 

東海勢は、鬼塚が11位、關が12位、西川が13位と仲良く3人が並んでいますが、これで5千、1万ともに誰も入賞出来ていないんですよね~2年前はこのメンバーでトリプル入賞を果たしていることを考えても、ちょっと物足りない結果に…3大駅伝にはしっかりと合わせてきてくれるとは思いますが。。。

 

他に有力選手では…東洋の西山は16位と1万mと同様に奮わず…ちょっと苦しんでいますね。1年前は圧倒的な強さを見せていたのですが。。。早稲田のエースの1人である中谷も20位止まり、期待のルーキー井川も22位と初の勝負レースはほろ苦い走りとなってしまいました。この井川が1年生の中ではトップの順位ということで、今回は先輩方の強さを見せつけられる結果となってしまいました。

This content cannot be displayed in widgets.