関東インカレ2019 エントリー考察(帝京、東国、青学)

関東インカレのエントリーについて引き続き考察していきます。今日は、2部に属する帝京大学、東京国際大学、青山学院大学の3校を取り上げます。ハーフに強さを発揮し、エースも台頭してきた帝京、留学生だけでなく伊藤が絶対的エースとなった東国大、主力が抜けても1500m~ハーフまで満遍なくポイントが狙えそうな青学といったところかなあ。

 

帝京大学

1500m(寺嶌②)

3分53秒のベストを持つ寺嶌が唯一のエントリーとなっていますね。2部とはいえ、前回も出場していませんし、この資格タイムとなると決勝進出はなかなか難しそうかなあ。

 

5000m(遠藤②、岩佐④、島貫④)

エースが揃っているのがこの種目ですね。自己ベストだけ見ると、13分59秒の遠藤、14分の岩佐、14分6秒の島貫とそれほどずば抜けてはいないのですが…遠藤は1万mで28分34秒のベストに箱根では3区3位の素晴らしい走りを見せており、持ちタイムを上回る力がありますし、岩佐は今年度に5千でベストを出し、3大駅伝全てで一桁順位で走っています。

 

島貫も1万mは28分30秒とチームトップを誇り、箱根6区5位と好走を見せていますからね。こちらも持ちタイム以上の力がありますし、楽しみな選手が揃っています。特に遠藤は入賞候補の1人に名前が挙がってきそうですよね。上位入賞を果たしてもおかしくないほどです。

 

1万m(平田④、小野寺③、吉野④)

29分9秒を今年度マークしている平田はハーフの方が得意なのかなあと思っていましたが、トラックもタイムは伸ばしていますからね。小野寺は29分14秒、吉野は29分17秒と29分前半の選手を3人揃えてきました。小野寺は箱根5区にも出場していますが、吉野は3大駅伝未経験、全体的にダブルエントリーを避け気味なのかなあ?28分30秒台を持つ遠藤、島貫は5千一本ですからね。ちょっと5千に比べると力不足は否めないか。

 

ハーフ(星③、小森④、中村②)

豪華なメンバーが揃いました。ハーフで62分20秒を持つ星、62分34秒を持つ小森、63分19秒の風馬と持ちタイム上位の3人。星は箱根10区で区間賞を獲得していますし、小森は箱根9区3位と23km区間で好走した2人となると、入賞どころか表彰台も期待したい二人です。風馬は3大駅伝の実績は無くとも、自己ベスト連発で最も勢いのある選手ですし、最もポイントが期待出来る種目となるかも。。。

 

3000m障害(田村丈④、境③、橋本②)

2年時に3000m障害で2位に入っている田村丈がやはり抜けているかなあ。前回は9位とポイント獲得とはなりませんでしたが、今回はまた2年前のように入賞を果たしたいところ。境も前回は決勝に進出しており、9分17秒で11位という結果でした。ダブル決勝で0ptというのは寂しいですし、次はダブル入賞といきたいところ。橋本は9分7秒のベストも、5千は14分22秒まで伸ばし、スピードも磨きをかけているのが楽しみかな。

 

東京国際大学

1500m(前川③、大上①、小林②)

何と言っても前川ですよね。3分48秒という資格タイムも良いですが、それ以上に前回は3分51秒で3位と表彰台に上がっている選手ですからね。2年連続の表彰台も期待したいところ。大上は中学時代から活躍しており、インターハイでも1500mでは12位に入っている選手。3分51秒というベストとともにこちらも決勝進出を期待したいですね。小林は3分54秒の資格タイムとなっており、2人と比べるとやや厳しそう。

 

5000m(ビンセント①、山谷①、大澤③)

13分30秒を今年度マークしているルーキーのビンセントが優勝候補となりそうですね。1万mも28分24秒を出していますし、もう留学生の中でも力が抜けつつありそう…悪くとも表彰台は上るのでは?と思うほど強さを発揮しています。

 

さらに、14分6秒を持つルーキーの山谷も早速のエントリー。まだ大学では目立った走りは見せていませんが、14分1桁を持つ力を見せてくれれば。大澤は14分10秒台を複数マークし、ベストも14分11秒まで伸ばしていますからね。ビンセント以外の2人がどれだけ戦えるかも楽しみです。

 

1万m(伊藤④、ムセンビ①、栗原③)

1万mで28分28秒を持つエースの伊藤が順当にエントリー。まだ関東インカレでの活躍はありませんが、箱根駅伝以降の活躍は周知のとおり。入賞してきてもおかしくないだけの結果を残しています。留学生はムセンビが起用されましたね。既に28分39秒という高校ベストを持っていますが、大学ではまだらしい走りとはいかないだけに、状況が気になります。

 

3人目は29分48秒を持つ栗原だったのはちょっと意外だったかなあ。焼津ハーフで好走して一気に台頭してきた選手なだけに、出場するならハーフかと思っていましたが。。。1万mでも戦えるという判断ならば、これは楽しみ。

 

ハーフ(相沢④、菅原④、山瀬④)

63分13秒のベストを持つ相沢がやはり力が抜けているかなあ。箱根予選では20位に入っていますし、主力の1人になってきましたからね。菅原はハーフで64分10秒、山瀬は64分27秒と64分30秒切りを3人揃えてきました。菅原は学生ハーフで好走していますし、山瀬は箱根8区6位と好走を見せていますからね。このメンバーならば、ポイント獲得も期待しちゃいます。

 

3000m障害(原田③、宗像①)

前回4位に入った鈴木天はエントリーから外れてしまいましたが、9分4秒で7位に入った原田は今回も入ってきています。今年は5千、1万でベストを更新していますし、前回以上の結果も期待できる選手。ルーキーの宗像は9分7秒のベストもインターハイでは予選落ちとなっており、いきなりの決勝進出となると、もう一歩かなあ。

 

青山学院大学

1500m(生方④、中倉①、谷野④)

生方は前回の優勝者、前々回も4位入賞を果たしていますし、この種目で強さを見せています。5000mで13分台のスピードもありますし、やはり優勝候補に名を連ねてきそう。連覇の期待がかかります。ルーキーの中倉はインターハイで3分49秒をマークしており、決勝でも8位入賞を果たしていますからね。こちらもいきなり入賞なんて期待が高まります。谷野は3年時にタイムをグッと伸ばしており、3分53秒のベストと言えど5千は14分5秒ですし、生方以外も楽しみですよね。

 

5000m(鈴木④、中村④、岸本①)

エースの鈴木が5千、1万mともにダブルエントリー。1年時には3位、2年時には6位に入っている種目ですし、3年時は1万mで4位、4年連続の関東インカレ入賞がかかっています。鈴木ならば十分に狙えそうですし、ダブル入賞も期待したいほど、エースとしての地位を確立してきました。

 

中村友は13分56秒のベストを持つもこれまで3年間苦しんできた中で5千にエントリーとは…最終学年で花開いてくれればそれは嬉しいですね。もう1人は14分7秒を持つルーキーの岸本でしたね。高校時代の実績はそれほどではないですが、大学で早速ベストを更新しているのが評価されたかなあ?いきなり5千に抜擢されるほどですし、期待したいところです。

 

1万m(鈴木④、岩見③、飯田②)

28分31秒のベストを持つエースの鈴木が順当にエントリー、前回は4位入賞を果たしている実力者ですし、エースとして留学生にも挑んでいってほしいですし、前回と同等かそれ以上の結果も期待されます。28分49秒のベストを持つ岩見は箱根で悔しい走りとなりましたが、その後はハーフで好走を見せ続けていますし、トラックでも期待したいですよね。

 

飯田は29分42秒というベストは実力にタイムが追い付いていないだけですし、箱根でも快走を見せていますし、鈴木の表彰台争いに他の二人がどれだけ入賞争いに加わってくるといったところかなあ。

 

ハーフ(吉田祐④、竹石④、高橋②)

前回5位に入っている竹石には連続入賞、そして前回以上の走りも期待したいですよね。箱根以降は復活の走りも見せてくれていますし…一方の吉田祐は学生ハーフで63分19秒をマークしていますし、全日本では区間賞を獲得している選手。こちらも入賞候補の1人ですねえ。3人目が高橋だったのはちょっとびっくり。ベストも65分22秒なのですが…青学のハーフを任されるほどに力をつけてきたのでしょうか?

 

3000m障害(横田①、西久保①)

前回は誰も出場していないこの種目ですが、9分3秒を持つ横田、9分7秒を持つ西久保とルーキー2人がエントリーされました。横田は勝負レースの実績は素晴らしいですし、インターハイでも7位入賞を果たしています。西久保も同じくインターハイで8位入賞とダブル入賞コンビなんですよね。となると、持ちタイムはそれほどでもないですが、いきなりダブル入賞なんて期待もしちゃいますね。

This content cannot be displayed in widgets.