関東インカレ2019 エントリー考察(城西、日大、東洋)

関東インカレのエントリーが昨日、ようやく出ましたね~公式エントリーに載っています。ブログを書くのが久しぶりになってしまいました。さすがにもうネタが無く、無理に書くのもどうかなあと思い…今日からは、各大学ごとに関東インカレのエントリーについて考察していきます。まずは1部に属する城西大学、日本大学、東洋大学の3校を取り上げます。

 

城西大学

1500m(福島②、佐藤友④)

前回も出場した二人が今回も順当にエントリーですね。佐藤が3分55秒で予選10位、福島は3分56秒で9位といずれも予選落ちという結果に。佐藤は資格タイムも3分49秒となっていますし、今回はどちらかでも決勝進出を果たしてほしいところ。

 

5000m(菅原③、荻久保④、菊地③)

5千で自己ベストを今年度更新している3人が順当にエントリーされてきましたね。中でも復活した荻久保はエースとして入賞も期待される選手ですし、菅原は13分50秒を叩き出していますからね。その走りを関東インカレでも魅せられれば楽しみ。菊地も自己ベスト連発となっており、まさにこの3人というメンバーが選ばれているだけに、ここでポイントを取りたいですね。

 

1万m(荻久保④、大里③、西嶋④)

荻久保が5千に続いて順当にエントリー、やはりエースは荻久保ですよね。ロードの実績はもちろん素晴らしいですが、トラックでもどこまで戦えるか。西嶋はトラックでの実績は荻久保にも負けていませんし、関東インカレでも入賞を果たしている実力者。最も期待出来る選手かなあと。大里はチームが大苦戦した箱根で数少ない好走した選手、勝負レースでの強さをここでも見せてくれれば。

 

ハーフ(中原④、宮澤④、梶川③)

中原は箱根で9区を2度任されている選手ですし、今回も期待したい選手ですね~宮澤は今年度1万mでもタイムを伸ばし、ハーフも64分32秒とまずまず。梶川がエントリーされたのはちょっと意外だったのですが、それだけ長い距離に期待ということでしょうし、楽しみです。

 

3000m障害(山本②、土子①、宮下②)

山本は前回も出場して9分13秒の7位、宮下は9分25秒の10位とともに決勝進出とはならず…山本は8分54秒という資格タイムですし、決勝進出してもおかしくないと思うのですが…土子は期待のルーキーでインターハイでは10位で走っている選手、下級生3人で臨むこととなりますが、誰か1人はポイントを獲得して欲しいかなあ。

 

日本大学

1500m(齋藤①、樋口①、岩城①)

なんと、3人ともルーキーを起用してきましたね。3分48秒の資格タイムを持つ斎藤、樋口に3分50秒の岩城といずれもタイムは良いですし、特に樋口がインターハイで好結果を残していますからね。関東インカレでも非常に楽しみです。

 

5000m(八木①、樋口①、若山①)

1500mでルーキーが3人エントリーされても、そこまで驚かないですが、エースが揃う5000mでもルーキーが3人というのはさすがにびっくりですね。確かに、八木、樋口という高校時代の実績が豊富で14分1桁のベストを持ち、若山も早速ベストを出している選手ではありますが…これは2年生以上がちょっと残念とも思ってしまいますね。。。苦戦が予想される種目ですが、ここで結果を残せれば凄いです。

 

1万m(ドゥング①、横山③、武田③)

新留学生のドゥングが早速1万mにエントリー。27分台の自己ベストに豊富な実績を考えても優勝候補に名を連ねてくることになりそう。即優勝してもおかしくない実力者です。日本人選手も横山、武田という日本人選手トップクラスの実力者2人。3大駅伝でも好走していますし、ドゥング以外の2人がどれだけ走れるかが今後を見据えても大事になってきそうですね。

 

ハーフ(ドゥング①、阿部④、松木④)

ルーキーのドゥングがハーフにもエントリーとはちょっとびっくりしました。最も立川ハーフでは62分12秒で昨年度走っている選手ですし、実業団経由ということを考えれば順当でもあるのですが…他に留学生はエントリーされていないことを考えても、ここは負けられないところですね。阿部も日本人エースの1人で長い距離に定評がありますし、松木も結果を残してきていますからね。阿部も入賞争いに絡んで欲しいかなあ。

 

3000m障害(齋藤①、川上③)

齋藤が1500mに続き、3000m障害もダブルエントリーですね。1年生でダブルエントリーというのも珍しい…9分2秒という資格タイム、いきなりの2種目は大変でしょうが、それだけ期待も大きいということで。川上は前回の予選で9分27秒の11位と苦しい走りに終わっているんですよね。今回も資格タイムが9分9秒となっており、厳しいかなあ…

 

東洋大学

1500m(大沼①、板倉①、中村駆④)

中村駆は3分47秒の資格タイムですが、前回は3分52秒の5位で予選落ちと決勝には届かず…最後の関東インカレでは是非決勝で見たいですね~他の2人はルーキーの大沼、板倉がエントリーされていますが、板倉が3分51秒、大沼が3分54秒という資格タイムということを考えても、いきなりの決勝は難しそうかなあ…

 

5000m(相澤④、西山③、及川①)

ダブルエースの相澤、西山は順当すぎるほど。ともに日本人トップも狙える2人ですし、ダブル入賞が最低条件と思ってしまうほどです。もう1人が誰かと思っていましたが、ルーキーの及川が入ってきましたね。14分18秒というタイムからしても相当厳しい戦いが予想されますが、東洋の5000mに起用されるほどですから、ここで早速自己ベストと期待したいところです。

 

1万m(西山③、大澤③、前田①)

相澤は1万mは回避してきましたね。日本選手権に標準を合わせることになりそう。西山は5千とダブルエントリーですね。前回も4位と好走している種目ですし、こちらも入賞は最低限かなあ。後は大澤が29分16秒、ルーキーの前田が29分38秒というタイムを見てもちょっと厳しそうかなあ。しかし、またしてもルーキーが即1万m出場ということで、相当期待されていますね。

 

ハーフ(蝦夷森②、定方④、宮下②)

蝦夷森がハーフで63分台を連発し、結果を残してきているのが楽しみですね。鈴木についで期待される2年生ですし、ここから結果を残してほしいなあ。定方もハーフでは63分台に突入、年々持ちタイムを伸ばしているだけに、こちらも楽しみです。資格タイムが64分59秒の宮下が入ってきたのはちょっと意外でしたが…2年生が2人入ってきたのは今後に向けても良いですね。

 

3000m障害(小田③、小室④)

小室が8分43秒というタイム、そして前回2位に入っている実力者、優勝候補の1人ですし、初優勝を期待したいところですね~大きくポイントを稼いでくれることでしょう。小田は前回9分12秒で8位と決勝進出はならず、今回も決勝が現実的な目標かなあ?

This content cannot be displayed in widgets.