関東インカレ2019展望 ~5000m~

続いては関東インカレにおける5000mについて、1部、2部それぞれの展望を述べていきます。今年度も最終日の終盤、ラストを占める400m×4リレーの直前に行われます。長距離種目のラストを飾るのにふさわしい種目ですね。前年度は1部結果2部結果インターハイ結果のようになっています。

~5000m(1部)~

3連覇を果たしていたワンブィが卒業したことで、優勝争いは混沌としてきそうですが…留学生が強いことは今回も変わらないかなあ。国士舘のヴィンセント、日大のドゥング、山梨学院のムルアあたりが出場してきそう。ヴィンセントは前回は9位と入賞に届かずも、その後は大活躍でハーフは日本記録をも上回り、あっという間に違いを見せつける選手となりました。

 

ドゥングは既に実業団で活躍していた選手ですし、その経験は大きなアドバンテージになるでしょう。5千ベストも13分25秒とトップですしね。ムルアは既にその実力の片鱗を見せ始めており、勝負レースでも十分期待出来そうな選手です。

 

そんな留学生に挑むことが期待されるのは、前回3位に入って大逆転での1部残留を果たした明治の阿部、先日に13分34秒を叩き出し、圧倒的な強さを見せる東洋の相澤の学法石川OBコンビかなあ。前回の阿部の走りは驚異的でしたし、トラックとなるとまたその強さも際立ちますからね。前回のような走りを見せてほしいところ。相澤は前回も5位入賞を果たしていますし、その後の成長ぶりは周知のとおり。留学生相手にも負けない走りを見たいですね~

 

箱根王者の東海は、前回4位に入った鬼塚がやはり力があるかなあ。ただ、以前ほどの圧倒的な強さを見せられていないのはちょっと気がかり…13分台がずらっと揃う東海なだけに、出場する選手も予想し辛いですが、前回出場した阪口は3000m障害に出場しそうですし、關もあまり姿を見せていない…前々回活躍した西川あたりが出場するのかなあ?誰が出場したとしても、他大学の驚異になるだけの選手は揃っています。

 

他に入賞候補としては…前回8位に入った東洋の西山がトラックシーズンで大活躍。その後苦戦したものの、箱根で復活の走りを見せました。前年度のようにまたトラックで圧倒的な存在感を見せてほしいところ。前回6位だった城西の西嶋はトラックではやはり強い選手ですし、7位だった早稲田の太田智も13分台を今年度マークして復活と前回入賞者はやはり力のある選手が揃っています。

 

ルーキーで楽しみなのはやはり早稲田の井川かなあ。トラックの勝負レースでは日本人選手に負けない走りを続けてきましたし、関東インカレ5千への抜擢も十分ありそう。その1つ先輩である中谷も出場する可能性は高く、後輩に負けない走りを見たいですね。

 

~5000m(2部)~

留学生が強さを見せる2部、前回優勝した桜美林のキサイサは力が抜けていますし、武蔵野学院のワンブァ、8位だった駿河台のブヌカと前回3人が入賞しているのに加え、2年前に優勝した創価のムイルも力があります。ここに絡んでくるのが新留学生でしょう。東国大のムセンビやビンセントらはやはり強力で、特に13分30秒を先日出しているビンセントは抜けた存在か。拓殖の新留学生であるレメティキも出場する可能性は高く、実績のある留学生だけではなく、新留学生の走りにも注目です。

 

そんな留学生に挑む中でも楽しみなのが國學院の浦野、前回は3位表彰台に入っているだけでも頼もしいのに、箱根5区区間賞、今年度も早速5千で自己ベストとますます強くなっていますからね。2年連続の表彰台も十分狙えそうです。専修の長谷川も前回は5位入賞を果たしているんですよね。チームは苦しい状況が続くだけに、長谷川の強さが結果的に際立つことに…2年連続の入賞に期待。

 

青学は誰が出場するのか難しいところですが…ダブルエースとして期待がされる鈴木、吉田圭のうち、吉田は留学中のはず…鈴木には4年連続の関東インカレ入賞を期待したいところですよね~前回は橋詰や小野田らが出場して上位に入ってきましたが…他に13分台を持つ生方に持ちタイム上位の湯原、吉田祐あたりが候補になるのかな?今年度のチーム力がまずは問われるレースとなりそう。

 

駒澤は関東インカレのトラックではなかなか結果を残せておらず…持ちタイムトップの小島やエースの山下あたりが出場してくるのかなあ?個人的にはインターハイで7位入賞を果たしている田澤に注目ですが、今年度はまだ1度も走っていないのが気がかり…まだ万全の状態では無さそうです。

 

帝京は遠藤、島貫と前回走った二人がエース格に成長、特に遠藤の成長ぶりは著しく、ロードでの活躍は圧巻でした。となると、次はトラックでも活躍を見たいですよね~入賞候補の1人だと思っています。先ほどは東国大の留学生の名前を挙げましたが、日本人エースである伊藤も勢いが止まらないですね。5千も13分53秒まで伸ばしてきており、十分入賞も狙える選手です。神奈川もエースである越川や13分55秒をマークした安田共らが上位に入ってきてくれると楽しみなのですが…

 

新入生では、駒澤の田澤以外では、國學院の中西大に注目かなあ。既に5千で14分5秒を大学でマークしている他、インターハイ5000mでも決勝に進んでいますからね。大学で結果を残しているのが頼もしいです。また、駅伝シーズンで大活躍だった創価の葛西も出場するとなれば楽しみな選手。いきなり先輩たちに割って上位に入ってくる新入生がいるかにも注目です。

This content cannot be displayed in widgets.