國學院大學 新年度(2019)戦力分析

続いては、國學院大學について、新年度の戦力を見ていきます。登録している選手一覧はこのようになっております。データベース登録されている人数は4年:9人、3年:7人、2年:3人、1年:1人となっております。今年度は、もう4年生ですよね。エースがずらっと揃う強力な学年となっています。

 

 

4年生・・・浦野、土方、青木の3人がこの学年だけではなく、チームを牽引しています。その中でも浦野の強さは際立っていますね。トラック・ロードで活躍を続けるのはもちろん、箱根5区区間賞は圧巻の走りでしたよね。今年度も早速5千で13分52秒と自己ベストを出していますし、大学トップクラスへと成長を遂げました。本当に頼りになる存在となりましたよね。

 

土方は1万mで28分44秒とチームトップタイムを有し、全日本では7区6位、箱根でも67分台で2区7位と見事な走りを見せました。エース区間を担い続けている土方の存在も浦野に負けず劣らず大きいですし、エース区間を安心して任せられる選手が複数いるのは大きいです。

 

青木は、箱根予選、全日本では苦しい走りとなりながらも、箱根では3区6位としっかりと合わせてきてくれました。1万mも28分50秒まで縮めてきていますし、引き続き主要区間を走ってくれることでしょう。さらに、箱根4区14位ではしっている茂原が3人に次ぐ存在として台頭、1万mも29分27秒まで縮めています。

 

3年生・・・臼井がこの学年唯一の3大駅伝経験者、ハーフも63分47秒まで縮めてきています。その一方で、1年の箱根は6区10位、2年の全日本では1区19位と苦しい走りで、2年の箱根は出場出来ず…上級生となり、3大駅伝でも結果が求められることとなりそう。河東は箱根予選にも出場し、167位で走っています。

 

他に3大駅伝・予選会の経験者はいませんが、ハーフの持ちタイムで64分台の選手は多いんですよね。64分30秒の藤村、64分38秒の高嶌、森に64分41秒の木下と揃っています。ハーフで64分台のベストを持つ選手が多いというのが國學院のイメージにあるような…持ちタイムを伸ばしている選手の中から、どんどん3大駅伝に出場する選手も出てきてほしいところです。

 

2年生・・・何と言っても藤木ですよね。4年生のエースたちに割って入る勢いで成長を遂げています。全日本で4区6位と好走したと思ったら、箱根でも1区10位と見事な走り、さらにハーフは62分17秒まで縮めてきました。今年度も早速5千で14分6秒をマークと走るたびに結果を残していますし、2年生となってさらにどこまで活躍するかますます楽しみです。

 

続くのは殿地、ハーフで64分11秒までタイムを縮めており、箱根でも8区12位と区間中位で走っている選手です。箱根エントリーでびっくり、さらに実際に出場してしっかりと結果を残したのにもビックリでした。1年目から戦力になってくれたのは大きいですね。他には古川が5千で14分21秒をマークしてトップ10入りを果たしています。

 

1年生・・・14分5秒のベストを持つ中西大が早速持ちタイムでトップ10に入ってきています。都道府県対抗でも1区15位と上々の走りを見せています。14分1桁のベストを持つ選手が國學院に入るのは相当珍しいのでは…1年目から活躍して欲しい選手ですね。

 

続くのが14分27秒を持つ藤本が続き、都大路でも1区29位で走っているのが頼もしいですね。藤本と同じ北海道栄出身の川原は都大路では2区20位で走っています。14分30秒切りは中西大と藤本の2人だけですが、國學院の育成力で毎年多くの選手が台頭してきていますし、どんな活躍を見せてくれるのか1年目から楽しみです。

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします