神奈川大学 新年度(2019)戦力分析

続いては、神奈川大学について、新年度の戦力を見ていきます。登録している選手一覧はこのようになっております。データベース登録されている人数は4年:7人、3年:6人、2年:4人、1年:0人となっております。4年生中心のチームではありますが、2,3年生も着実に伸びてきている選手がいるのが、頼もしいですね。

 

 

4年生・・・主力の揃う4年生の中でもエースとして期待されるのが越川、全日本では8区6位、箱根では2区15位とエース区間を担い続けていますし、最も計算出来る選手の1人ですよね。ただ、箱根は3年連続出場し、いずれも二桁順位なのが物足りず…最後は箱根でも活躍を期待。

 

続くのは荻野と安田共の二人でしょうか。荻野は箱根5区の悪夢を乗り越えて、3年時は6区7位、3000m障害では関東インカレ2部3連覇と無類の強さを誇っています。箱根予選では44位、全日本でもエース区間の2区を9位で走っています。今年度も5千で早速13分55秒と13分台のベストをマーク、3大駅伝で未だ二桁順位で走っていない安定感も魅力です。

 

他にも、3年の全日本では6区7位と上々の走りを見せている森、5千で14分3秒のベストを持ち、2年の出雲に出場している宗らも、力のある選手ですね。安藤、藤村といった5千で14分10秒台のベストを持つ選手もいますし、神大の躍進に欠かせない選手が揃っています。

 

3年生・・・1年時は目立った選手はいなかったのですが、2年になって一気に伸びてきたのが井手と北崎ですね。井手は箱根予選で43位に続き、全日本のエース区間7区9位、箱根でも主要区間の3区9位と結果を残し続ける頼もしい存在。長い距離やロードに強い頼もしい存在となりました。

 

北崎はトラックでは自己ベストを連発したものの、箱根予選で98位、全日本も4区16位と井手に後れを取っていたのですが…箱根では9区4位と素晴らしい走りを披露、井手とともにチームを引っ張る存在となってくれれば、頼もしい限りです。

 

小笠原は箱根5区に抜擢されましたが、区間最下位に沈んでしまう苦しい走り…その後ハーフも64分27秒まで縮めていますし、箱根の借りを返してほしいところです。1万mでは菊池が29分49秒をマークしてトップ10入りを果たし、原塚は箱根16人に入るなど昨年度は一気に有力選手が揃う学年となってきました。

 

2年生・・・安田響がこの学年で唯一の3大駅伝経験者、箱根8区15位で走っています。一方で川口は箱根予選に唯一出場し、102位とまずまずの走り、まずはともにハーフで64分台のベストを持つ二人が長い距離で結果を残してきています。

 

その一方でトラックのタイムでは、5千で14分6秒、1万mで29分25秒をマークした落合が抜け出していますね。まだ3大駅伝のエントリーはありませんが、今年度は戦力となってくれることが期待されます。3000m障害では関東インカレ2部で3位表彰台に上がった西方がいますし、それぞれの選手が得意な分野で1年目から活躍してくれました。2年目となり、ますますの活躍を見せてほしいものです。

 

1年生・・・持ちタイムでトップ10に入る選手は残念ながらいませんでしたが…14分30秒切りは14分25秒の島崎、14分28秒の有村と二人います。島崎は都大路4区25位で走っている選手、有村は都大路3区25位と奇しくも長距離区間で同じ順位ですね。ここからさらに伸びていってくれれば。他にも、鈴木は都大路で4区37位で走っています。

 

そしてなんと言っても山崎ですよね。5千のベストは14分33秒ながら、都大路では3区8位と長距離区間を一桁で走っている選手です。即戦力として最も期待出来るかも。谷本も都大路では4区15位と上々の結果を残していますし、都大路経験者が多いのはもちろん、いずれも長距離区間を担っているのが心強い限り。持ちタイム以上の力がありそうな選手たちなだけに、1年目から活躍する選手が複数出てきてもおかしくないですね!!

This content cannot be displayed in widgets.