中央大学 新年度(2019)戦力分析

続いては、中央大学について、新年度の戦力を見ていきます。登録している選手一覧はこのようになっております。データベース登録されている人数は4年:5人、3年:9人、2年:3人、1年:2人となっております。注目すべきは、3年生の人数の多さですよね。スカウトが良くなってきたついに4年目となりますが、3年生の充実ぶりが目立ちます。

 

 

4年生・・・全体的に3年時は苦しんだ学年ですが…舟津がこの学年を引っ張ります。1500mで活躍の一方、3年時は他の勝負レースで苦戦が続きましたが…ハーフで62分49秒をマークし、復調傾向かなあ?今年度エースとして活躍して欲しい選手ですし、してもらわないと困りますよね。1万mで28分台を持つ二井はなかなか故障から完全復活といかず…最後の1年に賭けることとなるでしょう。

 

安永は3年時は全日本予選、箱根予選に出場するも箱根出場には至らず…冨原は2年の箱根に、岩佐は2年の箱根予選に出場していますが、3年時は3大駅伝・予選会のいずれもエントリー止まりなんですよね。ちょっと下の学年に押され気味ではありますが、最上級生として、チームを引っ張る走りを見せていって欲しいところ。

 

3年生・・・最も勢いのあるのは池田ですね。箱根予選での好走、箱根でも4区9位で走っていますし、安定感抜群です。今年度はエースと呼ばれることになるかも。箱根で好走した選手は他にもいますね。川崎は10区6位、矢野は8区8位で走っており、箱根1桁で走った選手が3人いるのは心強い。さらに、川崎は1万mで29分34秒、矢野は29分55秒というベストを先月末にマークしていますし、新年度に入ってからも好調です。いずれもチームを支える存在となってほしい選手たちです。

 

復活を期すのは畝、箱根5区を走れなかったことは、チームにとってあまりにも痛すぎました。万全であれば畝はチームトップクラスの力を有していますし、今年度は怪我無く活躍して欲しいところ。他にも、箱根3区を任された三須、5区を走った岩原と3大駅伝経験者は6人を数えます。さらに、ハーフで64分44秒を出した大森もいますし、まさにチームの中心として欠かせない学年となりました。

 

2年生・・・三浦が箱根を急遽欠場してしまったのは残念ですが、箱根予選で53位で走っていますし、持ちタイムもチーム上位です。2年生以下ではやはり力が抜けている選手ですし、来年度は3大駅伝デビューを果たしてくれることでしょう。心配はいらないかなあと。続く選手が苦戦気味だったのが中央の悩みどころだったのですが…

 

森凪也が1万mで29分28秒の好タイムを先日マークし、一気に名乗りをあげてきましたね。持ちタイムでもトップ10に入ってきました。5千のベストでは高校時代に持ちタイムの良い選手が揃っていますが、1万mやハーフとなるとまだまだだっただけに、出てきたのは頼もしい。5千で14分8秒の井上、14分15秒の森智哉を始め、5千で14分30秒切りは7人、2年生となり、そろそろ存在感を高めていきたいところ。

 

1年生・・・5千で14分6秒を持つ梶山、14分16秒を持つ小林の二人が早くも持ちタイムでトップ10入り。梶山は都大路で1区6位と好走していますし、ロードでの実績を考えても、即戦力で活躍してくれそうですよね。都大路、都道府県対抗のいずれも3度出場している経験も心強いです。さらに14分16秒の若林、18秒の助川、19秒の小木曽と14分20秒切りが5人いるというのが素晴らしい。

 

若林は都大路でも4区3位で走ってチームの優勝に貢献していますし、ロードでの実績は素晴らしいですよね。助川も2年時に都大路で4区9位、3年時に3区20位で走っています。小木曽も都大路では3区19位で走っており、都大路の長距離区間で実績を残している選手がずらっと揃いました。高校時代の実績はぴか一の学年、1年目から活躍が楽しみです。

This content cannot be displayed in widgets.