世田谷記録会(2019/4/6)観戦記 ~國學院の浦野が13分52秒のベストでトップ~

トラックシーズンも始まり、今年度最初の観戦となる世田谷記録会に行ってきました。今週は寒かったのですが、今日になって一気に春どころか初夏の陽気のような暑さでしたね。思わず、日陰を探してしまうほどでした。世田谷記録会結果が既に公式HPに載っています。今回は観戦してきた駒澤の選手を画像中心で振り返ります。

 

~3000m 3組~

非常に暑いコンディションだった今回の記録会、駒澤の東山や自衛隊体育学校の鈴木らが先頭を引っ張っていましたが、帝京の吉田が8分27秒で2位に7秒差をつける走りでトップとなっています。駒澤勢が東山が8分39秒の5位とまずまずかなあ。積極的な走りも良かったですね。

 

藤本が8分43秒の9位で続いています。5千の高校ベストは15分9秒ですし、まずまずですかね。

 

チーム3番手だった北が8分50秒の11位となっています。15分2秒の高校ベスト、決して良くは無かったコンディションの中、3人ともしっかりと走れたのは良かったのでは?15人いる新入生の中で持ちタイムは下位の3人ですが、急激に伸びてくる選手が出てきてほしいですね。

 

~3000m 4組~

創価の鈴木大が8分16秒の好タイムで組トップ、組2位で8分17秒だった拓殖の赤崎を抑えての走りというのがまた良いですね。二人とも実績のある選手ですし、まずは順当なスタートかなあ。特に鈴木大は箱根復活を狙うチームにおいて欠かせない選手となっていますからね。3~5位はいずれも駒澤勢、8分19秒の小野、8分21秒で山野、中島と続いています。

 

小野は5千で14分28秒のベストを持っていますが、上々の走りと言って良いのでは。トップとの差も3秒ほどに抑えていますし。そして、早くも女性ファンが注目という話もありますが…確かにカッコいい選手です(笑)

 

山野はずっと先頭を走る積極的な走りが印象的でしたね。それでいて、終盤の遅れも最小限に留めていますし、今後が楽しみな選手でもあります。

 

中島も5千のベストは14分30秒ということを考えても上々かなあ。大学デビュー戦でこれだけの走りを見せられるとなると、3人とも大学での初5千の走りから期待が高まります。

 

唯一、1年生以外で出場した蓮沼が8分27秒の7位、ちょっと先頭集団から遅れてしまいましたねえ。後輩3人がついていただけに、粘りたいところでしたが…

 

高見が8分31秒の10位、5人出場した駒澤勢では最下位となってしまいましたが、タイムはそこまで悪くも無いですし、この組は全体的に上出来だったと思います。

 

~3000m 5組~

駒澤の小倉が8分17秒で組トップの走り、8分18秒を出したカネボウの平を1秒上回ってトップというのが良いですね。都道府県対抗で好走していましたが、大学に入ってからもまずは好スタートを切りました。

 

酒井が8分22秒の4位とこちらも上々の走り、5千で14分25秒のベスト、勝負レースの経験も豊富ですし、早い段階で戦力となることを期待させる選手の1人です。

 

8分24秒の7位、8位で宮内、前垣内が続いています。二人とも、集団からは離されてしまったので、もっとタイム差があるのかなあと思ったのですが、終盤はむしろ追い上げていたんですね。宮内は都大路、都道府県対抗と好走を続けている選手です。

 

 

前垣内も集団から離されてしまったのはよろしく無かったですが…タイムも順位も悪く無いですし、後半粘れていたのであれば、良かったかなあ。4人が8分25秒以内で走っています。

 

~5000m 5組~

14分6秒をマークした山梨学院の新留学生であるムルアが順当に組トップとなっています。途中から抜け出した後もたんたんと走っている印象でしたが、それでも圧倒的でした。この身長にこの筋肉、足と見るからに速そうですよね。。。

 

駒澤の新矢は途中は先頭を引っ張る場面もあったのですが、一度遅れ始めたら、どんどん下がっていってしまったのが残念…14分49秒で21位に留まっています。去年は自己ベスト連発でタイムを大きく縮めてきましたが、2年目も同じように縮めていって欲しいですね。

 

~5000m 7組~

ここは國學院勢が強かったですが…その中でもやはり箱根5区区間賞を獲得した浦野が強かった。抜け出した後はやや後ろに迫られましたが、ラストは譲らずに13分52秒のベストで組トップの走り、大学生でも神大の安田共が13分55秒、駿河台の吉里が13分57秒と13分台のベストが3人出ました。特に吉里が13分台を出してきたのにはびっくり。

 

帝京の岩佐も14分ジャスト、國學院の藤木も14分6秒で走るなど好タイム連発の組となりました。駒澤勢は伊東が14分5秒で1秒未満ではありますが、自己ベストを更新しています。一時は大成に後れを取っていたはずなのですが、いつの間にかラストでは逆転して9位に入っています。安定感は抜群ですね。

 

大成も14分7秒の11位で続き、自己ベストを叩き出しました。高校ベストを3年半近く更新出来ていませんでしたが、大学4年の4月についに更新、まだまだタイムは伸ばせそうですけどね。箱根の5,6区コンビがまずは自己ベストでの新年度スタートとなりました。

This content cannot be displayed in widgets.