東洋大学 新年度(2019)戦力分析

続いては、東洋について、新年度の戦力を見ていきます。現在、登録している選手一覧はこのようになっております。現在、データベース登録されている人数は4年:9人、3年:10人、2年:2人、1年:2人となっております。上級生中心なのはもちろんですが、特に3年生が10人と多く、有力選手も揃っていますね。1年生も早速2人が入ってきています。

 

 

4年生・・・日本人大学生No.1の呼び声が高い相澤がエースとして君臨しています。全日本8区区間賞、箱根4区で60分台の区間新、都道府県対抗で7区区間賞&初優勝、学生ハーフでも優勝ともずっと負けていないですからね。ロードだけではなく、トラックも強いですし、最終学年となってどんな走りを見せるのかは、東洋ファンならずとも楽しみなのでは。

 

続くのは今西と渡邉の二人かなあ。今西は箱根6区で3位の快走が記憶に新しく、出雲でも5区区間賞を獲得していますからね。下りはもちろん、ロードでの強さも魅力的でチームの中心選手の1人です。渡邉は5千で13分43秒をマークしたものの、3大駅伝では全て故障で出場出来ていないんですよね。チームにとっても渡邉がいない影響は大きかったですし、今年度は怪我無く元気な姿を見せてほしいものです。

 

3人に続く選手というのがちょっと苦戦気味なのが気になるところですね。。。3大駅伝経験者では出雲、全日本を走っている中村駆がいますが、3年時は3大駅伝全てにエントリーも無く、タイムも伸ばせませんでしたからね…逆にタイムを伸ばしてきたのは定方、ハーフも63分50秒まで縮め、3大駅伝は4度のエントリーを果たしています。最終学年での出場も果たしたいところ。

 

他には箱根に2年連続でエントリーされた土壁や3000m障害では関東インカレ、日本インカレともに表彰台に上がった小室らがいますね。相澤がずば抜けた存在となった一方でちょっと選手層では3年生に比べて劣る状況となっているだけに、中堅どころのさらなる台頭に期待したいところです。

 

3年生・・・出雲、全日本は苦戦した西山が箱根1区で2年連続の区間賞と復活の走りを見せました。日本選手権1万mで4位に入った実力者ですし、本来であれば相澤とともにダブルエースを形成して欲しい選手ですよね。3大駅伝ではエース区間を担うでしょうし、そこで箱根のような走りを見せてほしいです。

 

吉川も西山に負けじと成長を遂げている選手、出雲では6区区間賞を獲得しましたし、箱根も3区4位で走っています。5度の3大駅伝出場で全て区間4位以内という安定感も魅力的で、計算出来る選手ですね。二人に続くのは、箱根5区8位と2年連続で往路優勝のゴールを切った田中、2年連続で全日本に出場している浅井、全日本で1区11位だった田上、箱根10区10位で走った大澤ら3大駅伝経験者です。

 

既に、3大駅伝経験者が6人いるというのが凄いですよね。3大駅伝未経験者にも5千で13分54秒、1万mで29分19秒を持つ大森や5千で14分6秒を持つ飯島らもいますし、こういった選手がメンバー争いに入ってくればさらに選手層は厚くなりそう。チームの中心として欠かせない学年となっています。

 

2年生・・・昨年度の鈴木の走りは衝撃的でした。4月にいきなり29分17秒のベストを出したと思ったら、関東インカレ出場、全日本で6区5位、箱根では8区3位ですからね。あっという間にチームの中心選手へと上り詰めた印象…ハーフも62分56秒をマークしていますし、2年生となった今年度は主要区間への起用も期待されるほどです。

 

鈴木が抜けた状態となっていた2年生ですが、ここに来て蝦夷森がハーフで63分58秒、63分56秒と63分台を連発し、名乗りをあげてきました。元々、高校から実績豊富な選手ですし、2年目となった3大駅伝に出場して欲しいところ。ただ、他の選手は苦戦気味ですね。。。1万mで30分切りやハーフで65分切りをするような選手もまだ出てきませんし…5千で14分26秒、1万mで30分9秒を持つ石川あたりには期待したいところですが…抜け出してくる選手が待たれます。

 

1年生・・・まずは何と言っても児玉ですよね。都道府県対抗1区2位の走りは素晴らしく、ラストの切れ味もありました。国体5000mでも4位に入っていますし、1万mも既に29分56秒を持っています。都大路の出場経験はありませんが、全国の舞台で実績を残しているのが頼もしい限り。有力選手が揃う東洋においても、1年目から活躍してもおかしくない選手です。

 

荒生も持ちタイムでトップ10に入った選手。5千で14分12秒、1万mも29分56秒と児玉と同じく既に1万mで好走しているのが良いですよね。1年時から都大路や都道府県対抗で1区を任せられるなど、活躍を見せている選手です。その一方で3年生となるとちょっと失速気味というか目立たない1年になってしまったのが気がかりですが…大学ではまた高校時代のように1年目から活躍してくれれば。

 

他にも14分16秒を持つ前田、14分17秒を持つ及川など14分20秒切りが4人、14分30秒切りはなんと11人もいるんですよね。エース候補が複数いて、選手層も厚いというのはまさに理想的な新入生と言って良いのでは。3年生のように質も量も揃うような、チームの中心となる学年へと成長を遂げて欲しい期待の選手たちが揃っています。

This content cannot be displayed in widgets.