2018年度 大学別振り返り ~國學院大學~

続いては、國學院大學について、この1年間の走りを、時系列で簡単に振り返っていきます。選手一覧3大駅伝結果はこのようになっております。今年度の國學院大學の走りは素晴らしかったですね~全日本では過去最高順位の6位でシード獲得、箱根では7位とこちらも過去最高順位という國學院史上最高の1年間となりました。

 

~トラックシーズン~

4月、5千では青木が13分58秒、長谷が14分23秒で早速自己ベストを更新。1万mでは、土方が28分44秒と好タイムを叩き出し、小中が29分38秒、河東が29分43秒、長谷が29分46秒と早速自己ベストをマークしています。

 

5月、5千では青木が13分54秒と4月にマークした自己ベストをさらに更新する好走、土方も14分8秒、藤木も14分24秒でベストをマークするなど、主力となる選手は5月から好走を見せていることに…藤木は1万mにも出場し、30分24秒で走っています。

 

関東インカレ2部、1500mでは河上が10位、添田が11位といずれも入賞にはあと一歩届かずも、決勝に二人が進出しています。5000mでは浦野が14分4秒とセカンドベストをマークしての3位と表彰台に上がる走り。さすがはエースですよね。1万mでは土方が6位入賞とこちらもその力を見せつけています。ハーフでは21位の茂原が最高と苦戦気味でしたが、5千、1万で入賞者を出したのは上出来ですよね~

 

全日本予選も強かったです。1組は臼井が2位、長谷が10位、2組は小中が4位、茂原が10位と前半を走った4人がいずれも10位以内ですからね。それでいて、最終組も浦野が5位、土方が10位と全くもって穴の無い走りを見せ、2位での通過と全日本に向けても期待が高まる走りに。

 

7月、土方が14分7秒、藤木が14分20秒といずれも自己ベストを更新、1万mでは臼井が29分51秒のセカンドベストで走っていますね。トラックシーズンは本当に充実していましたね。特に主力と目される選手たちが揃って好走を続けていましたし、駅伝シーズンに向けても大いに期待を抱かせる走りでした。

 

~駅伝シーズン~

9月、藤木が29分37秒、殿地が30分21秒とルーキーがともに1万mで自己ベストを更新、10月には1万mで29分47秒で木下、30分ジャストで田中が自己ベストをマークしています。

 

箱根予選では、エースの浦野が7位とここでも素晴らしい走りを披露と國學院のエースなだけではなく、他大のエースとも互角以上に渡り合える存在に。土方も27位で続いたのを始め、100位以内に7人が走ってきました。主力の青木が132位止まりだったのは残念でしたが、他はそこまで目立った失速も無く、総合では4位通過ですから、良い走りだったと言えるのでは。

 

全日本では、1区の臼井が19位と大きく出遅れる苦しい走り…それを立て直したのがまたしての浦野、2区3位の好走で総合7位とあっという間にシード圏内にまで戻してきました。その後は1度もシード圏外に落ちることが無い安定した走り、特に4区を走ったルーキーの藤木が区間6位、エース区間の7区を区間6位で走った土方の走りが大きかったですね。アンカーの長谷は区間15位と苦戦しましたが、それでも総合6位は守り、全日本で初のシード権を獲得しました。

 

上尾ハーフでは、芹澤が64分1秒、小中が64分13秒、木下が64分41秒と64分台での自己ベスト、殿地が65分11秒、田中が65分38秒でいずれも自己ベストとなっていますね。5千ではルーキーの古川が14分21秒、1万mでは青木が28分50秒の自己ベストをマークしています。箱根予選からここで立て直してきたのも大きかったです。

 

12月には、茂原が29分27秒をマークしたのを始め、小杉が44秒、田中が45秒、藤村が47秒とここでもベストを更新する選手が続出。高嶌は29分42秒のセカンドベスト、藤村は29分59秒のセカンドベストも12月にマークしています。

 

そして迎えた箱根駅伝、1区藤木が10位と好スタート。今回の國學院の大躍進はもちろん2区土方や5区浦野の走りが非常に大きかったですが、個人的には藤木がこれだけ走れるからこそ、往路が最高の結果となったかなあと。3年生トリオ以外で1区を任せられる選手がいたからこそ、2区土方、3区青木、5区浦野という理想的な布陣が組めましたからね。

 

土方が2区7位、青木が3区6位と好走し、5区の浦野は区間賞の快走、大学生トップクラスの走力に加えて、山適性まであるとなると、まさに最高の人選ですよね。3つ順位を上げて往路3位フィニッシュとまさに最高の走りとなりました。しかも、往路を走った5人はいずれも3年生以下で同じ布陣を来年度組むことも可能なのがまた楽しみ。

 

復路は6区江島が区間13位だったのはもうちょっといけたかなあという気もしますが、全5区間全てで区間12~13位というある意味素晴らしい安定感を披露、ルーキーの殿地が8区12位で走ったのも大きな収穫かなあ。総合では7位とシード獲得、そして過去最高順位の10位を更新、さらに寺田が道を間違えなければ達成していたであろう幻の最高順位である8位をも超える素晴らしい結果となりました。

 

さらに、箱根後には藤木が62分17秒、森が64分38秒でハーフの自己ベストをマーク。藤木はもう箱根の走りからどれだけタイムを出してもおかしく無いとは思っていましたが、ここまで出してしまうとはびっくり(笑)来年度は浦野、土方、青木に次いで4本柱が形成されることとなりそうです。

 

この1年は何度も過去最高順位を更新とまさに充実の1年となった國學院ですが、来年度がますます楽しみなんですよね~エースが揃う3年生が最終学年となって、まずは勝負の年となります。誰も箱根を走らなかった2年生も臼井を始めエース級はいなくとも、着実にタイムを縮め選手層は厚くなってきました。現4年生が担ったような役割を期待したいところ。

 

1年生はエース候補の藤木に殿地が台頭。新1年生も14分5秒を持つ中西が即戦力として期待されますからね。全日本、箱根ともにさらに過去最高順位を更新してもおかしくは無いですよね~出雲もエースが揃うチームにとっては好順位を狙いやすい大会ですし、来年度の國學院からは本当に目が離せません!!

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします